わからずやの夫を殺したい!殺伐とした夫婦関係から自分をレスキューする方法

無神経で身勝手な夫にキレそう!。夫を思わず「殺したい」、夫に「死んでほしい!」と思ったことがあるのは、あなただけではありません。しかし、夫にイライラする毎日は、あなたを深く傷つけているのかも。殺伐とした夫婦関係から一度抜け出して、癒しを与えて自分を生き返らせましょう。今日は「夫を殺したい」と思ってしまうとき、自分の人生を前向きに考えるヒントをご紹介します。

公開日:    最終更新日:

夫を殺したい!?日常生活で夫に殺意が沸く瞬間

https://www.photo-ac.com/

恋愛時代は毎日一緒にいたいと思っていても、結婚して一つ屋根の下に暮らし始めるとお互い気に入らないところだって出てきます。夫が悪気なくやること、言うことにも、妻にとっては「いちいち気にさわる」ことだってあるでしょう。

感情的になって、思わず心の中で「殺したい!」と思ったことは、誰でも一度や二度は経験があるのでは。

あなたが夫を殺したくなる瞬間は?

「夫が誕生日にショートケーキを買って来てくれた。うれしくて、後でゆっくり食べようとお風呂に入って出てきたら、全部夫に食べられてた。「お前が食べなかったから」とかシラッと言われて呆然。結局、夫が食べたくて買ってきただけだとわかり、本気で殺したくなった。無神経すぎる」(38歳・主婦)

「夫婦共働きでお互い様という気持ちはゼロの夫。私が仕事からくたくたになって帰って来ても、テレビを見てビールを飲みながら「やっと帰って来た、さっさとメシ作れよ」って何様?!「お前の稼ぎなんか知れてる、家事できないなら仕事やめろ」って言われて殺したくなった。いや、もうこれ以上一緒にいたら、この男を本当に殺してしまうかもしれない」(26歳・編集者)

「結婚して4年になるけど、最近夫のモラハラがひどい。「クッソつかえねーな!」「どけ!」と怒鳴るのは日常。自分が気に入らないと、大きなため息や舌打ち。こんなモラハラ男と結婚したことを後悔し始めてる。殺して埋めてやりたい、全部消えてしまえと思う」(29歳・メーカー)

「子育ての大変さを少しも理解してくれない、女は食事の用意をして当たり前、家事をして当たり前。まるで家政婦のように扱われていると感じるときの腹立たしさは、殺したいとしか言いようがありません。我慢限界だと思うことがある」(27歳・会社員)

夫を「殺したい」という言葉はブーメラン

https://www.photo-ac.com/

あなたの思いが軽くても、あるいは重いものであっても、無神経だったり横暴な夫に対して「殺したい」と思うのは、どんなに長く連れ添った夫婦間にも一度や二度はあることでしょう。

しかし、最近はテレビでお笑い芸人が「死ね」「殺すぞ」などと軽々に言うのをきっかけに、これらの言葉が軽く使われるようになっていることが気になります。ひょっとすると、あなたもそういった「軽い気持ち」で「夫を殺したい」と思っているのかもしれません。しかし、そうじゃない人もいるでしょう。

「殺したい」「死ね」という言葉は、本来「呪い」と同じ類の言霊を持っている重い言葉です。それはひどくネガティブで、真っ黒なオーラに包まれた言葉とも言るもの。中には他人に対して平気で「死ね」と言ったり、「こいつ殺したい」と言うのが口癖になっている人もいます。

しかし、そういった言葉を使っている人は、決して幸せになれません。言霊はブーメランのように言った本人に返ってくるのです。言葉に出さなくとも、心の中で「夫を殺したい」と思い続けているなら、あなたは、つらくてイライラしているのではないですか。心が癒されず、泣いているのではないでしょうか。

夫を殺したいと思うとき、あなた自身がいちばん傷ついてる

夫に対して不満や不平があるとき。言われたことにムカついたり、嫌い!と思うことが度を越すと、「殺したい」「死んでほしい」と思うようになるものです。あなたは、きっとすごく怒っているはず。

しかし、その怒りを誰にも共感してもらえないことに傷ついているのではないでしょうか。あるいは、自分の思い通りにならない憤りや、いっそ自由になりたい、一人になりたいという葛藤が心に渦巻いているのかもしれません。

夫を殺したくなるとき、妻は幸せから遠く離れる

https://www.photo-ac.com/

夫を殺したくなるときは、妻である自分も殺したくなっているのと同じです。どんなに好きで結婚しても、人は環境や時間の経過によって性格が変わったり、本性が出たりするものです。お互いに「こんな人ではなかったのに」という誤算もあるでしょう。

夫を「殺したい」と思うようになると、もはや思いやりや愛情といったものからは遠く離れているはずです。いっそ離婚して自由になりたい、一人になりたいと思うのではないでしょうか。

「夫を殺したいと思うことがしょっちゅうあります。夫婦喧嘩ももう疲れて心が死んでいる状態です。いつまでもこんな関係は続けていたくない、離婚したいと思うけど、簡単に離婚なんてできないし、人生詰んだ気持ちになる」(39歳・主婦)

本来の幸せから遠く離れてしまったように感じるとき、いったいどうすればバランスを取り戻せるのでしょうか。

夫を殺したいと思ったら、まずは自分自身をレスキューしよう

夫の無神経な言動やモラハラ。あなたが日々の生活で我慢を重ねていることも、きっと少なくないでしょう。中には、夫といるとストレスがたまりすぎて、何もかも投げ出したくしたくなる、逃げたくなるという人も。こういう状態になると「うつ病」の一歩手前にいるかもしれません。

夫にイライラして「殺したい」と思うようになったら、自分自身に「つらくない? 大丈夫?」と声掛けをしてあげること。自分自身をそのつらい状況からレスキューすることです。

イライラする感情から遠ざかること

https://www.pexels.com/

まず、「殺したい!」と思う瞬間からなるべく遠ざかることです。夫との喧嘩や罵り合い、嫌味合戦をやめて、安全な場所に移動しましょう。ムカムカすること、嫌なことを考えていると雪だるま式にストレスが膨らんでしまいます。

「殺したい!」「あいつ死ね!」などと考えるたびに、自分の中にも毒がたまっていくと考えて、「どうでもいいや!」と一切放棄してください。今の自分に目を向け、自分をこれ以上不幸な気持ちにしないために何ができるか、考えてみて。イライラする感情からできるだけ遠ざかって、自分をレスキューしてください。

いい加減ぐらいでちょうどいいと思うこと

仕事から帰って家事をして、子育てをして、自分のことをする暇もなく夫のことに手がかかる。共働きならば、夫と妻の家事分担はフェアにできていますか? 毎日の家事や育児に追われて疲れ切っていませんか? 生活すべてを完璧に全うしよう、優等生であろうとがんばりすぎていませんか。

世の中のうまくやっている妻たちを見習いましょう。完璧にやろうとしなくていい、真面目な人ほど、いい加減でちょうどいいのです。

「夫とずっといても、自分が病むからもう喧嘩しない。頭に来たら、家事の一切を放棄して無視するのがいちばんいい。食事は食べたきゃ自分で作らせればいい。納得しないまま家事を続けていても負の感情でやられてしまうから」(29歳・公務員)

「夫を殺したいと思うたびに、長い間ムカついていたけど、もうそういうのはやめた。無神経な夫の言動や義家族の「もっと夫に尽くせ」的な言葉でこれ以上傷つきたくない。自分のことをもっと大切にしようと思う」(30歳・パート)

誰かに共感してもらうこと

https://www.photo-ac.com/main/detail/168502?title=両手を広げる女性1

夫に対する不満や不安、苛立たしさ、修復不能に感じる関係性。夫に対する「殺したい」という気持ちを、すべて自分の中に毒のように溜め込んでいませんか。

夫の愚痴や不満は噂になるのを恐れて周囲のママ友には相談できないこともあるでしょう。家族や身内に話しても、「我慢しなさい」「妻として当然の役目」などと諭され、わかってもらえないこともあるでしょう。

そういうときに心強いのは、離婚を経験した友達です。大きな決意で離婚をした人は、たいていの夫婦間の嫌な思いは経験済みのはず。そこから、自分自身が再びリカバリーする方法として、夫との決別を選んだ人が多いでしょう。あなたの悩みも真剣に聞いてくれるはず。

周囲に離婚した友達がいないときには、SNSやインターネットの掲示板に匿名で悩みを書き込んで、共感してもらうのも手です。「あなたの気持ちわかる!」「あるある!」と共感されると、多少心も晴れてくるものです。

夫を殺したいと思ったら、自分の人生を見直す時期

関連記事