覚えておきたいインテリアレイアウトの基本!インテリアの配色と色選び講座

自分の部屋のレイアウトを考えるとワクワクしますよね。でもセンスの良いお部屋のレイアウトを考えるのはとっても難しいもの。実はインテリアレイアウトでは、配色がとっても重要なんです。今回はインテリアをレイアウトする際に知っておきたい、インテリアの配色と色選びの知識をご紹介します。

公開日:    最終更新日:

配色を考えて素敵なインテリアレイアウトを!

http://girlydrop.com/interior/2128

素敵なお部屋を作るためには、配色をしっかり考えることが大切です。センスの良いインテリアを完成させるために、きちんと配色に気を配ってあげるようにしましょう。

理想のレイアウトを作るためのステップ

部屋のイメージを決める

http://girlydrop.com/interior/7793

まずは配色等を決める前に、「どんな雰囲気のお部屋にしたいのか?」というインテリアのテーマを決めていきます。インテリアと一口に言っても、その雰囲気は様々なもの。

ナチュラルテイストなのか、プリンセス風なのか、アンティーク調なのか、北欧風なのか……によって、選ぶべき家具やリネン類のデザインやお部屋のイメージカラーや配色などは異なってきます。

統一感のあるおしゃれなお部屋を作るために、まずはお部屋のテーマをしっかり定めておきましょう。

インテリア本を数冊読んでみたり、SNSなどを参考にしてみるのも良いですよ。配色の勉強にもなります。

ベースカラー、アソートカラー、アクセントカラーを決める

https://www.pakutaso.com/2016122135755.html

どのようなテイストのインテリアにしたいのかがはっきりしたら、次に配色を考えていきましょう。まずは「ベースカラー」「アソートカラー」「アクセントカラー」を決めます。

ベースカラーはお部屋の大きな部分を占める、壁や床などのカラーのこと。白やクリーム色、ブラウンなどが主流ではありますが、個性的なお部屋を作りたい場合にはベースカラーに鮮やかな色を持ってきても良いでしょう。

ちなみに賃貸であってもカーペットや簡単に剥がせる壁紙などを使えば、元々の床や壁の色にとらわれずベースカラーを決定することができます。

アソートカラーは家具やベッドリネンなどの色。ここにはお部屋のテーマにぴったりのカラーを持ってきましょう。例えばプリンセステイストのインテリアにするには「ホワイト&パステルピンク」など。家具の質感やカラーはできるだけ統一してあげると、より一層おしゃれなお部屋になります。

最後にアクセントカラーを決めましょう。アクセントカラーは名前の通り、差し色になるカラーのことです。インテリア雑貨やクッション、ウォールステッカーなどの小物類で取り入れます。

色が人間に与える効果

色でどんなイメージを感じる?

人間は、色によってどのような心理的な効果を得るのでしょうか?ここでは、一般的な色のイメージを見ていくことにしましょう!

・レッド:

強いエネルギー、「活力・情熱・興奮」といった言葉をイメージさせる色。自己主張が激しく、使われている部分が小さくても目立つ色です。 古来より”生命に直結する”色として扱われてきました。食欲など動物的なバイタリティを高める色だと言われています。

インテリアとして大事なのは、その温度感。赤は、あたたかみを感じる色。赤に囲まれた部屋では体感温度が2~3℃上がるという実験結果も報告されているとか。

ですが、その激しいエネルギー感から、大きな面として使うと疲れも出てしまいます。アソートカラーやアクセントカラーとして使用しましょう。

寒気を感じる時や、慢性的な冷え性対策に赤の効果を取り入れてみるのがオススメ!

・イエロー:

黄色は太陽の光にもっとも近い色。太陽のように人々に希望と喜びを与え、楽しい感情を生み出す色です。心理学的には、強い希望を抱いているときに鮮やかな黄色が気になる傾向があるとか。

黄色は左脳を刺激し知性を高める色です。理解力、記憶力、判断力が高まり、心の不安を解消します。この作用から、勉強部屋や書斎にイエローを取り入れることも有効ですね。

・グリーン:

最も刺激が少なく、赤と正反対の色です。人が見える色の真ん中あたりに位置し、心身のバランスを整えリラックスさせる効果も。自然や平和をイメージさせ、癒しの効果をもたらします。

また、植物のイメージから、健康と成長をイメージさせる色です。刺激の少ないグリーンは、見る人に安心感を与え落着きと安らぎをもたらす効果があります。

リラックスを求める寝室や、リビングのインテリアにはぴったりですね。

・ブルー:

青は心身の興奮を鎮め、感情を抑える色です。青の効果を取り入れれば、感情にとらわれず冷静に物事を判断できるように。これは青の光が「副交感神経」を刺激し、脈拍や体温が下がり、呼吸もゆっくりと深くなるためと考えられます。

インテリアとしては、書斎やオフィスにオススメ。青は心身を落ち着かせ、長時間の集中力を助けるので、単純作業や頭脳労働の場所で使うと効果的です。集中力を乱さず、冷静な判断力で、飽きずに的確な仕事をすすめることができます!

水や青空のようなクリアな透明感や誠実さを感じさせる色。

・ピンク:

ピンクは、愛・しあわせ・思いやりなどのやさしいイメージをもつ色です。幸せを欲している時などにピンクに惹かれる傾向があるとか。

ピンクは心と体を若返らせる効果があり、心を満たし人を思いやるあたたかさを与えてくれる色です。女性らしさをイメージさせ、女性に最も好まれる色の一つですよね。女性らしいインテリアを作りたい場合は、ピンクと白の組み合わせを有効に活用しましょう!

レイアウトの配色・色合わせを行う

https://www.pakutaso.com/20121105312post-2107.html

ベースカラー・アソートカラー・アクセントカラーが決まったら、レイアウトの配色と色合わせを行っていきます。

頭で考えているだけだと、実際に家具などを配置した際に「イメージと違った!」などということが起こったりするので、簡単にイラストを描いてみたり、家具やカーテンなどの画像を組み合わせてコラージュしてみたりして、配色イメージを可視化させてみるのがおすすめです。

インテリアの配色を考えてセンス溢れるお部屋に

http://girlydrop.com/interior/1612

インテリアは配色がとても重要な要素になるので、しっかり検討してセンスの良いお部屋作りをしていきましょう。最後にインテリアのテイストに合わせた、色選び&配色の例をご紹介しておくので、参考にしてみてくださいね。

インテリアのテイスト別配色例

関連記事