狭いリビングでも快適に!部屋を広く見せるインテリアのレイアウト・選び方

日本の住宅は海外に比べても狭い作りになっています。一般的な寝室が6畳なので、リビングでも10畳〜12畳くらいの広さでしょう。狭いリビングを広くはできませんが、インテリアやアイディア次第で広く見せることができますよ!

公開日:    最終更新日:

狭いリビングを広く見せるためのポイント

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ゆうしん(@yushin331)がシェアした投稿

狭い部屋を広く見せるポイントはたくさんあります。効果的ですぐに実践できる簡単な方法を紹介するので、狭い部屋で悩んでいる人はぜひ試してみましょう。

色の選び方

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

𝙷𝙸𝙽𝙰𝙽𝙾 𝙼𝙰𝙼𝙰 𖦊ັ(@ayakapyoooon)がシェアした投稿

リビングを広く見せるためにもっとも効果がある色は白やベージュなどの薄い色です。白いインテリアは圧迫感がなく狭いリビングも広く見せてくれます。白は光を効果的に取り入れてくれるので、リビングも明るくなり、初心者の人も1番参考にしやすいインテリアでしょう。

こちらの画像のようにガラスのテーブルをインテリアに選ぶとリビングに抜け感があり、広く見せてくれてます。テーブルなどを置く際は、ガラスのテーブルや、小さいテーブルを選ぶとよいでしょう。

家具の選び方

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

シンプルホーム公式アカウント(@simplehome_official)がシェアした投稿

大きな家具は圧迫感があるため部屋が狭く見えてしまいます。狭いリビングだと大きな家具を置いてしまったら床の見える面積が減ってしまいます。リビングの床が見えないと結果的に狭くなってしまうので家具は最小限におさえるのがおすすめです。

空間は無駄に埋めなくていいのです。スペースが余ると色々なインテリアを飾りたくなりますが、狭いリビングだとまとまりが無くなりゴチャゴチャになってしまいます。できるだけいらないものは省きましょう。

余計な家具は置かない

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

asuka(@asuka_649189)がシェアした投稿

リビングには最低限必要な家具だけにしましょう。ものを少なくすれば結果的に部屋は広くなります。外に出しているものもできるだけ片付けましょう。

リビングが狭い場合、インテリアとして置くソファは3人がけを2人用にしたり、ダイニングチェアなどは必要最低数しか置かないなど決めて置くとよいでしょう。

家具を置く場所に気をつける

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Chika𓃟(@chika.0408)がシェアした投稿

家具はなるべく壁側に設置しましょう。動線も考えなくていいのでインテリアの設置がやりやすくなります。また中央の床を見せることでリビングが広く見えます。インテリアとしてカーペットやアクセントラグを敷きたくなりますが、狭いリビングを広く見せるためには何も敷かない方が効果的です。

こちらの画像も全てのインテリアを壁につけて置いていますね。真ん中に空間を作るようにインテリアを設置するのがポイントです。

狭いリビングを広く見せるインテリアの選び方

狭いリビングに効果的なインテリアを置くことで空間を広く見せることができます。わかりやすく画像で紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

鏡の効果を活用しよう

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

海外ホワイトインテリア/北欧インテリア(@white___interior)がシェアした投稿

鏡を壁に飾ることでリビングが広く見えます。目の錯覚を利用して奥行きを利用する方法です。壁にかけるのも効果がありますし、高さのある鏡をそのまま壁に立てかけるのも効果的です。鏡が光を反射して、リビングがさらに明るくなる効果もあります。


こちらの画像では壁に鏡をかけていますね。鏡に緑が映り込み、空間が奥にも広がって見えています。この奥行きの活用方法はぜひ参考にしてみたいですね。

寒色系がおすすめ

関連記事