叱る子育てのコツとは?怒ると叱るの違いと子供に与える影響とは

子育て中のイライラはよくあることですが、ママだってできれば毎日怒りたくはありませんよね。実は子育てで必要なのは、怒ることではなく叱ることです。一見同じ意味に捉えられがちな「怒る」と「叱る」ですが、子供に対してどんな影響を与えるのかをまとめました。

公開日:    最終更新日:

怒る子育てと叱る子育ては何が違う?

https://www.photo-ac.com/

子育てをするうえで怒るのではなく叱ることが重要とよく耳にしますが、怒ると叱るの明確な違いを理解しているママは少ないはずです。

叱る子育てを目指すために、まずは怒ると叱るの違いを理解しておきましょう。

まず、怒るとは自分の中にある不満やイライラを感情任せにして相手にぶつけることを指します。それに対して叱るは、相手の間違っている部分を正しく指摘することです。子育てのイライラを例にして、怒ると叱るを比較してみましょう。

子育てのイライラ

子供がスーパーで騒ぎ、走り回っていたとします。

親としては子供が走り回ると危険ですし周囲の目が気になるため、「うるさい!走らないで!静かにしないとお菓子買わないからね!」などと怒鳴ってしまいがちです。

これは自分の感情をただ単に相手にぶつけているため、怒るに当てはまります。

一方、スーパーで騒いでいる子供をまずは落ち着かせ、なぜスーパーで騒いではいけないのかを教えることが叱る行為になります。

「スーパーで走り回ったら他の人にぶつかってケガをさせてしまう危険があるからやめようね」と落ち着いて伝えるべきなのに怒鳴ってしまったら、子供には伝えたいことが伝わらなくなってしまいます。

上記に挙げた例からも分かるように、怒る子育てでは自分の感情を優先しています。叱る子育てでは、自分の感情ではなく子供のことを考えて伝えることが大前提と言えるでしょう。

怒ることで子供にはどんな影響があるの?

https://www.photo-ac.com/

ママがいつもイライラしている、怒った顔をしている、よく怒鳴りつけていると、子供にも悪影響を与えてしまうため注意が必要です。

ママがいつも怒ってばかりいると、子供は常にママの顔色を伺いながら行動するようになり、自分から行動する積極性が失われてしまいます。

また、ママだけでなく周囲からの目を気にするようになり、自分の意見を相手に伝えられなくなります。

これらのことから周囲の人を敬遠するようになり、人との関わりを自ら拒否してしまう恐れもあるでしょう。

このように、ママが怒る行為は子供にとってプラスになることはひとつもありません。

いつも子供に対して怒ってばかりだと自分自身で自覚しているのであれば、これから怒る子育てから叱る子育てに変換できるように心がけていきましょう。

叱る子育てのコツ4選

ここからは、叱る子育てのコツを4つの項目に分けて解説していきます。

怒るという行為は瞬間的な感情ですので、なかなか自分でコントロールするのが難しい部分でもあります。怒鳴りたくないのについ怒鳴ってしまう…。

そんな時はぜひ以下のコツを思い出してみてはいがでしょうか。

関連記事