自律神経の乱れを治すならビタミンを摂取!その驚くべき効果とは

ストレスなどによって引き起こされる自律神経の乱れに悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。自律神経の乱れは改善が難しい症状ですが、自分でできる効果的な改善方法もあります。それはビタミンを摂取することです。では、なぜビタミンが自律神経の乱れに効果的なのでしょうか?また、ビタミンにはさまざまな種類がありますが、どのビタミンを摂取すれば良いのでしょうか。詳しく解説していきます。

公開日:    最終更新日:

自律神経の乱れを治すのに効果的なビタミンの種類は?


https://www.pakutaso.com/20170710193post-12478.html

では、たくさんあるビタミンの中から、自律神経の乱れを治すのに効果的なビタミンを見てみましょう。

ビタミンB郡

ビタミンB郡には神経や筋肉の機能を正常に保つ働きがあります。そのため、自律神経の乱れによる症状を感じたらまず取りたいビタミンです。

栄養素をエネルギーに変える働きもあるので、倦怠感や疲れにも効果的です。

ビタミンA

ビタミンAは、人間の皮膚や粘膜を守り免疫力を高める作用があり、自律神経の働きをコントールします。その結果として、めまいや耳鳴りなどの辛い症状を緩和させる効果があります。

ビタミンAには血行改善効果もあるので、冷えやむくみなど女性が悩む症状の改善にも効果的です。

ビタミンC

ビタミンCは、体にストレスがかかった時に全身の抵抗力を高める「副腎皮質ホルモン」を合成するのにかかせないビタミンです。そのためビタミンCを普段から摂取していると、ストレスによる自律神経の乱れを予防することができます。

高い抗酸化力があるビタミンCは、肌の大敵である紫外線対策としてもおすすめです。

ビタミンE

ビタミンEには体内の毛細血管を拡張させ、血流をよくする作用があります。血流が改善することで、ストレスによる体の冷えや頭痛なども改善し、自律神経を整える効果が期待できます。

血流改善により新陳代謝が活発になるので、美肌を目指せるのもビタミンEの嬉しいポイントです。

自律神経とビタミンの関係性とは

そもそも自律神経とビタミンにはどんな関係があるのでしょうか?

自律神経の働きは、女性ホルモンなどをはじめさまざまなホルモンで調整されています。そのホルモンの原料は食べ物で、タンパク質やビタミンを元として作られています。

そのため食生活の中でビタミンをきちんと摂取すると、自律神経の乱れを治したり整えたりすることができます。

このように自律神経とビタミンには密接な関係があるのです。

ビタミンが含まれる食材にはどんなものがある?


https://www.pakutaso.com/20170236054post-10450.html

ビタミンB郡を多く含む食材

ビタミンB郡を多く含む食材は、納豆、牛乳、バナナ、チーズなどです。特に「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンを含むバナナは、自律神経の乱れに効果的な食材ですので積極的に摂取しましょう。

ビタミンAを多く含む食材

ビタミンAを多く含む食材は、にんじんなどの緑黄色野菜、うなぎ、卵、レバーなどです。ビタミンAは油溶性なので、炒めたりドレッシングをかけたり油と一緒に取ると効果的です。

ビタミンCを多く含む食材


https://www.pakutaso.com/20160257046post-6958.html

ビタミンCを多く含む食材は、いちごやオレンジなどの果物、ブロッコリーやピーマンなどです。ビタミンCは水溶性なので、水にさらしたりゆでたりすると栄養が逃げてしまいます。ビタミンCを効果的に摂取するために、そのまま生で食べるかスープにして汁ごと取るのがおすすめです。

ビタミンEを多く含む食材

関連記事