【夢占い】虹の夢を見たときの暗示・意味とは?

雨上がりに七色に輝く虹を見ると、なんだか良いことが起きそうな予感がしますよね。そんな見るとラッキーな気分になれる虹の夢を見たときには、夢占いではどんな意味があるのでしょうか?今回は虹の夢の意味や暗示についてご紹介します。

公開日:    最終更新日:

夢占いにおける「虹」の基本的な意味

https://www.photo-ac.com/

夢占いにおける虹の夢の基本的な意味は、「幸運の予兆」であり基本的には吉夢ですよ。虹は条件を満たさなければ見ることは出来ませんし、またすぐに消えてしまうので、滅多に見れるものではありません。

それだけに見たときの喜びは大きいですが、夢の中であっても虹を見られるのはラッキーな出来事になりますよ。

ただ虹も大きい、小さいをはじめ、色々な種類がありますので、夢の内容によっては夢からの警告の可能性もありますので、注意が必要です。

あなたが夢の中で見た虹はどんな虹だったでしょうか?夢の意味を知るために、よく思い出してみてくださいね。

虹の夢を見るときの心理傾向

https://www.photo-ac.com/

虹の夢は基本的には吉夢ですので、将来への希望を抱いてワクワクしている様な前向きな心境のときに、虹の夢を見ることが多いです。いまのあなたは何をしても上手くいくような楽観的な心境にあるのではないでしょうか?

または逆に現在悩みを抱えていたり、うまくいかずに不安な心境にあることもあります。なぜなら虹の夢は物事が好転することを暗示している場合が多いのです。そこで虹の夢によってはネガティブな心境である場合もありますよ。

夢によって両極端の心理傾向だと言えますね。

【状況・シチュエーション別】虹の夢占いの意味

虹の夢は内容によって意味は変わりますので、虹の夢を状況やシチュエーション別にご紹介します。

 雨上がりの綺麗で色鮮やかな虹を見る夢の意味とは?

https://www.photo-ac.com/

雨上がりの青空にくっきりとした綺麗な虹がかかっている夢の夢占いの意味は、あなたの人生が最高潮を迎えていることを暗示しています。いまのあなたは何をしても上手くいくほどの幸運期にありますので、はじめてみたかったことにチャレンジしてみると良さそうですよ。

虹が鮮やかであればあるほど、幸運度が高いと言われていますので、雨上がりの鮮やかな虹の夢を見たときは夢を叶えるチャンスの到来です。

また恋愛運が上昇していることも暗示していますので、好きな人に告白してみると成就する確率が高いですよ。お付き合いしている人がいたら、結婚に進展するかもしれません。

雲の切れ間に出ている虹を見る夢の意味とは?

https://www.photo-ac.com/

夢占いにおいて雲の切れ間から出ている虹を見る夢は、今の状況が好転する暗示です。雲は流れていたり、ふわっとしていて掴めないというイメージがありますので、掴めない雲のようにモヤモヤとした感情を持っていて、悩みや不安を抱えているのかもしれません。

でも雲の合間から出てくる虹の夢を見たら、雲の合間から虹のように希望が差してきて、いまの悩みや不安から間もなく解放される暗示ですので、希望を持ってくださいね。

関連記事