一人暮らしでも犬を飼いたい!一人暮らしでも飼育しやすい犬の特徴と注意点まとめ

一人暮らしでも犬が飼いたい!そう思っている方も多いのでは?そこで一人暮らしで犬を飼っている筆者がおすすめの犬種や飼育の注意点をご紹介していきます♪

公開日:    最終更新日:

犬が癒しを与えてくれる

https://www.photo-ac.com/

ひとり暮らしで犬を飼う最大のメリットは「犬が癒しを与えてくれる」ということです。

筆者も一人暮らしで犬を飼っていますが、犬を飼い始めてから家に帰るのが楽しみになりました。

一人暮らしだと家に帰っても出迎えてくれる人もいなく、寂しかったり虚しい気持ちになりますよね。しかし家に犬がいるだけで出迎えてくれる家族がいるような温かい気持ちになります。

疲れた体も心もわんちゃんと過ごしていると癒されちゃいます♪

一人暮らしでも飼いやすい犬の特徴

それではさっそく一人暮らしでも飼いやすい犬の特徴をご紹介していきます。自分に合ったわんちゃんを見つけてくださいね♪

性格が穏やか

https://pixabay.com/

まず最初の特徴は「性格が穏やか」ということです。

一人暮らしの場合仕事などで家を留守にする機会が多いですよね。気性が荒いわんちゃんだと留守中に吠え続け近隣への迷惑をかけたり、家の中の物を壊してしまう可能性があります。

また帰宅後に暴れる犬の相手をするのも疲れてしまうかもしれません。

大人しく留守番ができたり、吠え続けたりしない性格の穏やかな犬を選ぶことをがおすすめですよ。

抜け毛が少ない

https://pixabay.com/

続いての特徴は「抜け毛が少ない」ということです。一人暮らしだと犬のお世話を全て一人でやらなくてはいけませんよね。

抜け毛の多い犬は想像以上に毛の処理が大変なので、抜け毛が少ない方がお世話の負担が減ります。

特に一人暮らしで1日家を留守にする場合は、こまめな掃除ができないので抜け毛は少ない方が良いですよね。

運動量が少ない

https://pixabay.com/

3つ目の特徴は「運動量が少ない」ということです。

運動量の多い犬種は狭い自宅だけでは運動不足になるため、公園などで思いっきり遊ばせる必要があります。また毎日の散歩も長時間必要になるので、一人暮らしの人にとっては負担が大きいです。

仕事から帰宅した深夜に公園に行ったり、女性の場合夜道を出歩くのは危険ですよね。

そのため必要運動量が少なく、自宅での軽い運動や短時間の散歩で健康を維持できる犬種がおすすめです。

関連記事