子どもは何人欲しい?理想と現実に差はある?2人、3人育児のメリットも!

誰もが一度は、「将来的に子どもは〇人欲しいな~」とぼんやり考えた経験があるでしょう。大人になり結婚してそれが現実となったとき、若いころに描いていた理想の子どもの人数と同じ人数の子どもを育てている人はどれくらいいるのでしょうか。そもそも、多くの女性は子どもを何人欲しいと思っているのでしょうか。そして、それが現実に叶っているのでしょうか。2人育児、3人育児のメリットも併せてご紹介します。

公開日:    最終更新日:

子どもは何人欲しいですか?

「子どもは何人欲しい?」。そんな話を、パートナーはもちろん、友人間でも話したことがあると思います。あくまでも理想の範囲内で、女性は子どもを何人欲しいと考えているのでしょうか。

多くのママが2人~3人欲しいと回答

https://unsplash.com/

博報堂こそだて家族研究所(https://www.hakuhodo.co.jp/news/info/24207/)とママ向けの情報サイト「ママスタジアム」(http://mamastar.jp/)は、現在子育てをしているママ539人を対象に、最終的に子どもを何人欲しいかというアンケートを実施しました。これによると、1人が5.8%、2人が41.6%、3人が40.3%、4人以上が7.6%という調査結果が得られたということです。

(参照元:https://www.hakuhodo.co.jp/uploads/2019/08/20190821.pdf

この結果だけを見ると、大半のママさんが、子どもは2人~3人欲しいと思っていることが分かります。では、実際には、みなさん何人の子どもを育てているのでしょうか。

実際は何人の子どもを育てているの?

各夫婦が、それぞれ何人の子どもを育てているのかは、厚生労働省が5年ごとに発表している「出生動向基本調査」内の「完結出生児数」によって調べることができます。

2020年のデータはまだ発表されていませんので、2015年の「第 15 回出生動向基本調査(https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000138824.pdf#search=%27%E5%AE%8C%E7%B5%90%E5%87%BA%E7%94%9F%E7%8E%87+%E5%8E%9A%E7%94%9F%E5%8A%B4%E5%83%8D%E7%9C%81%27)」が直近のものになります。

このデータをもとに、各夫婦が実際には何人の子どもを育てているのかを見ていきましょう。

最新の完結出生児数では1.94人

https://unsplash.com/

完結出生率とは、結婚持続期間が15年~19年の夫婦の平均出生数のことです。ほとんどの夫婦が、結婚して15年~19年も経てば、子どもを産み終えている確率が高いですよね。それなので、このデータをもって、夫婦が最終的に何人の子どもを育てているかがわかるようになっているのです。

最新の第15回調査(2015年)でわかった完結出生児数は、1.94人です。ほとんどの夫婦の理想である、2人~3人の子どもが欲しいというものには当てはまっていないことがわかりますね。

ちなみに、第1回調査(1940年)から第13回調査(2005年)までの完結出生児数は、平均で2人以上をキープしていました。2006年以降、じわじわと少子化が進んでいるといっても過言ではないでしょう。

2人兄弟の家庭が多い

https://unsplash.com/

最新の第15回調査(2015年)で、実際に子どもが何人いるかという調査結果を見ると、0人が6.2%、1人が18.6%、2人が54.1%、3人が17.8%、4人以上が3.3%という内訳になっています。この結果を総合した数字が、先ほどの完結出生児数1.94人ということです。

すべてを総合すると、兄弟がいる家庭のほうが多い結果にはなりますが、子どもがいない家庭とひとりっ子家庭を足すと25%弱になるのは、なかなか厳しい現実だといえるでしょう。

先ほどの「ママスタジアム」の調査結果と照らし合わせてみても、理想と現実には大きな差があることがわかりますよね。

欲しい子どもの人数が理想と現実で変わってしまう理由

ここまでご紹介してきた2つの調査結果を見てもらうと、理想とする子どもの人数より、実際に育てている子どもの数のほうが少ない数値になっていることがわかります。

では、なぜ多くの家庭でこのような事態になってしまっているのでしょうか。

出産年齢の問題

関連記事