初心者がトライしやすい瞑想の種類と、心を保つ効果のあるやり方とは

瞑想という言葉を、最近よく聞くようになった人も多いのではないでしょうか。体を鍛える筋トレとセットで行っている人も多い瞑想には、さまざまな方法ややり方があります。ここでは、初心者の人でもトライしやすいものを中心にやり方などを紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

心を平穏にする効果のある瞑想とは

https://pixabay.com/ja/

瞑想とは目を閉じて静かに考えること、と辞書にもあるように自分と向き合うことなのです。自分と向き合うことやノートに気持ちを書き出し整理する方法など、最近では心を整えることが注目されています。

中でも瞑想は自分の体だけあればどこでもできてしまう方法。もちろん初心者の人は、初めは整った環境で行うことをおすすめしますが、慣れてくると電車の中や仕事の休憩中にもできてしまうので、身につけておきたいですよね。

では、瞑想にはどんな効果があるのでしょうか?

瞑想には、ストレスを減らしたり、怒りや悲しみなど感情の起伏を落ち着かせたり、自分の心をフラットに保つ効果があるとされています。毎日いろいろな物事が起こる毎日を、穏やかに過ごすことができるのです。

マインドフルネス瞑想のやり方

https://pixabay.com/ja/

最初はマインドフルネス瞑想です。本が売られていたり、有名な企業が社内でも行われている、マインドフルネス瞑想についてです。マインドフルネス瞑想は、今だけに注目して意識をおくこととされています。

では、やり方を紹介します。やり方はさまざまなのですが、初心者の人が始めやすいものをご紹介しますね。

①椅子に座り、背筋を気持ちよく伸ばします。

②静かに目を閉じ、手足の感覚やおしりが椅子に触れているなど、体の状態に意識を向けます。行っているときは自分の呼吸に集中し、雑念を考えないようにしましょう。

この瞑想を行うと、余計な感情を持たず、ありのままに出来事を受け止めることで、穏やかな心を保ち、人に対して優しい気持ちを持てるなどの効果が得られます。

ヴィパッサナー瞑想のやり方

https://pixabay.com/

耳慣れないヴィパッサナーという言葉、物事をあるがままに見つめるという意味を持っています。インドの歴史ある瞑想方法の一つです。では、簡単なやり方を紹介しますね。

①まず静かな部屋に移動し、あぐらの状態で座ります。

②背筋を伸ばしたら、ゆっくりと目を閉じます。

③息を吸うことでお腹がふくらみ、息を吐くことでお腹がへこむ呼吸法を繰り返します。ゆっくりと体の中にある空気を吐ききり、新鮮な空気を取り込む循環を感じましょう。

④お腹がへこんだり、ふくらんだりするのを観察し、呼吸に集中していきます。

もし何か考え事が浮かんできてしまったら、考えてはいけないなどと思わずに、「今、明日の会議について不安なんだな」と自分の思考をただ観察し、呼吸することに意識を戻しましょう。

効果については、不要に考えることを減らすことで集中力が増して本来の力を発揮できたり、小さなことが気にならなくなったりすることが期待できます。

食べる瞑想のやり方

関連記事