冷え性を改善したいなら、体を芯から温める食べ物を取ろう!

「夏でも体が冷えて寒い」と冷え性に悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。冷え性になると風邪を引きやすくなったり、疲労が蓄積されたりといった症状の原因にもなると言われています。また女性の場合は生理痛が酷くなる、痩せにくい体になるといった問題も発生します。そんな体の不調の引き金となりやすい冷え症を改善するため、体を温める食べ物をご紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

冷え性がもたらす症状

https://www.photo-ac.com/

では冷え性がもたらす症状とはどのようなものなのでしょうか。具体的な症状を以下にまとめてみました。

・風邪をひきやすい

・肩こり・胃痛が気になる

・手足の末端が特に冷える

・トイレが近く夜中に何度も起きる

・胃腸が弱く、すぐに下痢をする

・イライラや不眠がある

・体がだるく疲れやすい

・手足がむくみやすい

・貧血である

・平熱が36℃以下と低体温傾向にある

といった症状があれば、冷え症が進行しているかもしれません。

冷え性の改善に効果がある食べ物や飲み物とは

このような辛い症状を引き起こす冷え性は、体が温まる食べ物を中心に摂取することで徐々に改善が見込めます。ここからは冷え性改善に効果のある具体的な食べ物や飲み物を7つまとめています。

どれも馴染みのある食材や飲みものが多いので、ぜひ参考にしてみてください!

①しょうが

https://pixabay.com/ja/

体を温める食べ物として代表的な食材といえば「しょうが」です。しょうがには「ジンゲロール」という成分が含まれています。これには血行を促進し、身体を温める効果があります。しょうがは生で食べても効果はありますが、加熱するとよりその効果が高まると言われています。

冬の時期はスープに入れたり、炊き込みご飯のアクセントとして加えても良いでしょう。その他にも、しょうがは食欲を増進させる働きを持っています。夏の時期に食欲が落ちてしまうという方は、夏バテ防止のためにしょうがを食べるのもおすすめです。

②かぼちゃ

https://pixabay.com/ja/

秋から冬の時期にかけて旬を迎える「かぼちゃ」には体を温める効果があります。なぜかというと、かぼちゃには冷え性に効果がある「ビタミンE」が豊富に含まれており、血行を促進させ体を内側から温めてくれるのです。

そんなかぼちゃは煮物にしたり、薄く切り油で揚げてかぼちゃチップスにするなど様々な形で取り入れることができる食べ物です。またお菓子の材料としてもかぼちゃは用いられていますので、お好みな調理方法で冷え性改善に役立てみてはいかがでしょうか。

関連記事