【おしゃれ&快適に】旅行での服装選びのポイント&よくある失敗パターン

旅行の楽しさを大きく左右すると言っても過言ではないのが「服装」です。旅行先の地形や気温に合っていない服装をすると、動いたり移動したりするのが一気に苦痛になってしまうことも。そうなると、せっかくの楽しい旅行が台無しになってしまいます。これから旅行に行く予定のある方は、一度服装についてよく考えておきましょう。

公開日:    最終更新日:

旅行を心から楽しむためには「服装」が重要


https://unsplash.com/photos/3yzE1SUfbwY

服装は旅行の楽しさを左右する重要なファクター!

貴重なお休みを取って、待ちに待った楽しい旅行。それが国内であっても海外であっても、めいいっぱい楽しみたい気持ちは同じですよね。

そんな旅行の楽しさを左右するのは、旅行プランや宿泊先、そして旅先での服装でしょう。

旅行はいかに荷物が減らせるかが勝負!身軽にサクサク動きたいという人もいれば、旅先といえどもおしゃれに気は抜きたくない!特に最近はインスタなどのSNSに、旅先での様子を逐一アップするのが流行りだから、化粧品一式やヘアアイロンを持っていくのは当たり前!という人もいるでしょう。

しかし、あまりにも持っていくワードローブが少なすぎたり、逆におしゃれにこだわりすぎると、旅先で思わぬトラブルを招くこともあるかもしれません。

旅先での服装は、旅行を楽しめるかどうかを左右する重要な要素の一つなんです。

旅行でよくある服装の失敗はこれ!


https://www.pexels.com/photo/woman-sitting-by-lake-185939/

旅先での服装の失敗にはどんなものがあるでしょうか。国内旅行とは違って、天候が変わりやすかったり、文化が異なる海外では、思わぬトラブルが待ち受けているかもしれません。

特に、海外では国やエリアにもよりますが、日本のようにおしゃれで手頃な価格の服がすぐに手に入るとは限りません。失敗したかも…と気づいても、すぐには対処できないことの方が多いでしょう。

そんなことになってしまったら、楽しいはずの旅行も台無しですよね。

無用なトラブルを避けるためにも、旅行先での服装による失敗のパターンを想定してみましょう。

服もコスメも多すぎ!重くて移動が一苦労…

美意識の高い女性にありがちですが、とにかく何でもかんでも持って行きすぎ!ということが挙げられます。服装以前の問題になってしまいますが、完璧を求めすぎるあまり、荷物がとんでもない量になってしまうという人はいませんか?

必要以上のワードローブはもちろん、化粧品やヘアケア用品はいつも使っているものをそのまま詰め込み、フェイスパックやパジャマ、予備の下着に替えの靴まで… だって撮った写真は毎回すぐにインスタにアップするし、いつでもパーフェクトな自分でいたい!その気持ちは大いに分かります…

けれど、たった2泊3日の国内旅行なのに、大きなスーツケースで登場したり、とにかく荷物が多くなりがちなのがこのタイプ。


https://www.pexels.com/photo/brown-fedora-hat-beside-white-sneakers-and-blue-textile-8434/

交通路線の発達した国内や、ソウルなどの都市であれば問題ないのですが、東南アジアやヨーロッパなど、交通機関がそこまで便利ではなかったりすると大変です。

地下鉄やバスの乗り換えにも大きな荷物で一苦労。特に海外旅行では、駅にエレベーターはついていないところも多いですから、そのたびに大きなスーツケースを抱えて上り下りしなければなりません。一見便利そうなヨーロッパなどでも、坂道が多かったり、道路の舗装がガタガタだったりで、移動するだけで疲れてしまいますよね。

せっかく完璧な服装とメイクでキメても、同行のお友達に迷惑をかけてしまったり、疲れて観光を楽しめなかったりしたら本末転倒です。

完璧すぎるファッションは時に危険を伴うことも…


https://unsplash.com/photos/VFrcRtEQKL8

また、日本人のおしゃれな服装は、特に海外では悪目立ちしがちです。パリやニューヨークなどの最先端のファッションを誇る都市であっても、全身バッチリ決めている人というのは、実はひと握り。また、そういう人は基本的に車移動がメインなので、あまりにも完璧なファッションで地下鉄などを利用すると、悪い人に目を付けられてしまう危険性があります。

あまりにもファッショナブルな服装で、ブランドバッグなどを持っていると、お金持ちだと思われて、犯罪などに巻き込まれたりする可能性がありますので、その地域に関する情報を事前によくチェックして、できるだけ目立たない服装を心がけることも、時には必要かもしれません。

逆に服を持ってこなすぎて、結局現地調達するはめに…

服などを持って行きすぎるタイプとは正反対なのが、荷物が少なすぎるタイプです。出発の朝、待ち合わせ場所で会った友達に、「荷物それだけ?」と驚かれた経験のある方も多いのではないでしょうか。

一見、身軽で旅行慣れしているように思えるのですが、逆に服が少なすぎて、あとから写真を見ると、全部が同じ服装… という人も実は多いのでは?

本人が気にしなければ済む問題ではありますが、それでも時と場合によっては、ちょっとトラブルを招きかねない危険もあるのです。


https://unsplash.com/photos/tJWUHtIDzWs

たとえば突然の天候の変化。雨が降り出したり、急に気温が下がったりということも、旅行する中では起こり得ることでしょう。傘がないくらいなら、日本国内であればコンビニなどで調達できますが、ホテルやバスの冷房が効きすぎている場合などは、ストールくらいは持っていないと痛い目にあいそう。

特に海外では手軽に傘や防寒具などを買えるお店はなかなか見つからないでしょう。それで体調を崩してしまったりしたら、せっかくの旅行も悲しい思い出になってしまいそうです。

また、日本国内でも田舎の方や、海外などでは、そうそう手軽に、そこそこのセンスの服というのは手に入りません。いざとなったら現地で買えばいいか!というイージーゴーイングな人も多いとは思いますが、実際そうなってしまうと、意外と苦労するものです。

慣れない旅先で、お洋服屋さんを探し回ったり、広大なショッピングモールを歩き回ったりというのは、もちろんそれ自体は楽しいものですが、そのためにせっかくの旅行計画が狂ってしまうのは、できれば避けたいことですよね。

荷物が少ないのは良いことではありますが、天候の変化や、現地に合わせた服装ができるように、少し余裕をもったパッキングができるといいでしょう。

TPOをわきまえない人になっていませんか?

服装にこだわりすぎる人、そして服を持って行かなすぎる人共に注意が必要なのが、こちらの「TPOをわきまえた服装ができない」問題です。

こだわり派の人は、おしゃれに決めたいと思うあまり、たとえばお寺や教会などで浮いてしまったり、逆にあまりにカジュアルすぎて悪目立ちしてしまったりしかねません。

特に、戒律に厳しい宗教施設などでは、キャミソールやショートパンツなどの露出の多い服装や、華美すぎてふさわしくないと判断された場合は、立ち入ることさえ許されないことがありますので、事前にしっかりとした準備が必要です。


https://unsplash.com/photos/toa7kV0WPiM

また、これは荷物がシンプルすぎる人にありがちな失敗ですが、特にヨーロッパなどで、ちょっとおしゃれな高級レストランやバーに足を運んだ場合、Tシャツやジーンズなどの、あまりにもカジュアルすぎる服装は避けなければなりません。

周りから白い目で見られて自分が居心地の悪い思いをするだけではなく、その場の雰囲気まで壊してしまうのがこの失敗の怖いところです。サービスする側にも、他のお客さんにも決して好ましい印象を与えませんし、場合によっては入店を断わられてしまうかも。そこまでされなくても、すみっこの目立たない席に通されてしまったり、きちんとしたサービスをしてもらえなかったりなんて、悲しい思いをすることにもなりかねません。

日本とは違い、たとえゲストであっても、それなりに格式のある場所には、それにふさわしい服装とマナーが求められます。

大げさに着飾る必要はもちろんありませんが、場にそぐわないあまりにカジュアルすぎる服装は避けるようにしましょう。

【気温別】旅行先で快適に過ごせる服装特集

暑くても寒くても、旅行にジーンズは絶対NG!!

関連記事