【子なし夫婦のリアル】40代夫婦の生活の楽しみ方や生きがいってなに?

現代は、多様性の時代。夫婦の在り方も同様で、結婚してもあえて、子供を持たない、子なし40代夫婦がいます。今回、子なし40代夫婦に焦点を当て、彼らがどんな思いで結婚生活を送っているのかを、紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

子なし夫婦は年々増えている?

https://www.pakutaso.com/

「結婚したら子供は持つもの」「子はかすがい」。40代の方ならば、耳にしたことがあるはずです。日本に古くからある、結婚や子供に対する考えで、一昔前ならば、それに異を唱えることは少なかったでしょう。

また、広報誌やテレビCMなどでは、40代夫婦と子供2人の家族を、よく目にするでしょう。現在、日本で一番多い世帯は、夫婦と子供2人と思う方が多いかもしれません。

しかし今、そのモデルが壊れつつあるのです。

2017年に行われた国勢調査では、日本で一番多い世帯は、単身世帯で、34.6%なのです。意外でしたか。その次に夫婦と子供ありの世帯(26.9%)、子なし夫婦の世帯(20.1%)と続きます。それを、平成12年度の調査と比べると、夫婦と子供ありの世帯は、31.9%、子供なし夫婦の世帯は、18.9%でしたので、子なし夫婦が増加していることが明らかです。

平成27年度 国勢調査

https://www.stat.go.jp/data/kokusei/2015/kekka/kihon3/pdf/gaiyou.pdf#search=%27%E5%AD%90%E4%BE%9B%E3%81%AE%E3%81%84%E3%81%AA%E3%81%84%E5%A4%AB%E5%A9%A6+%E5%9B%BD%E5%8B%A2%E8%AA%BF%E6%9F%BB+%EF%BC%A827%27

DINKsを選ぶ夫婦も急増中!

https://www.pakutaso.com/

子なし夫婦を意味するDINKs(ディンクス)。Double Income No Kids(共働きで子なし)を表す略語です。子供を産み育てる経済力はあるけれども、あえて子供のいない人生を積極的に選択した夫婦、と言うことができます。1980年代にアメリカで始まり、日本には、1990年代に伝わってきた、と言われています。

昭和の時代に結婚した世代からみると、考えられないかもしれません。結婚したら、2人、3人と子供を持って当然。子供を育てることが女性の生きがいだ、と考えられていた時代でした。子なしの夫婦は、肩身の狭い生活を強いられたことでしょう。

しかし、時代は変わり、さまざまな価値観を共有しよう、という時代になりました。夫婦と子供ありの世帯の減少したように、結婚したら子供を産まなくてはいけない、という呪縛から、女性は解放されつつあるのかもしれません。

40代の女性のなかには、出産、子育てよりも、仕事を選びたい。子育てだけが生きがいじゃない。子育てよりもやりたいことがあると考えている方もいます。子供は苦手という女性だっています。

誰もが好きな生き方をしてもいいのです。DINKsという、子なし40代夫婦の生き方だって、ありです!

子なし40代夫婦のリアルな生活

DINKsと聞くと、お金に余裕があって、セレブのような生活をしている夫婦をイメージするかもしれません。子なし40代夫婦のリアルな生活をご紹介します。

結婚歴10年のAさん

https://www.pakutaso.com/

Aさんは結婚前に、ご主人に子供を持たないことをはっきりと伝え、それを受け入れてくれたので、結婚をされたそうです。

Aさんは学生のころから、旅行が好きで、今も気ままに出かけたりして、そこに生きがいを感じています。

お仕事も旅行ライターさんをされているので、趣味と仕事がリンクしている感じですね。

「子供がいたら、もちろん楽しいこともたくさんあるけれど、子供がいれば、諦めなくてはいけなくなることも多かったと思う。40代になって、仕事の経験値も増してきて、ますますやりがい、生きがいを感じているところ。仕事や自分の好きなことを、あきらめなくてよかったし、今の生活に、生きがいを感じています。」

Aさんはこのように感じているそうです。

結婚歴6年のBさん

関連記事