子育て支援センターってどんな場所?どういったイベントを行っているの?

出産後、保育士さんから「子育て支援センターを上手に活用してね」と言われたお母さんさんも多いのではないでしょうか。ですが、第一子の場合は、「子育て支援センターとは?」「どんなイベントを行っている場所なの?」と、ふと疑問に思ってしまいますよね。そんな疑問にお答えすべく、子育て支援センターのいろはをご説明します。

公開日:    最終更新日:

子育て支援センターはどこにあるの?

子育て支援センターを利用してみたいけれど、いったいどこにあるのだろう…と疑問に思っているお母さんも多いと思います。日本全国に何か所あるのかも併せて見ていきましょう。

全国に7431箇所

https://unsplash.com/

厚生労働省が発表している「地域子育て支援拠点事業実施状況」
参考:https://www.mhlw.go.jp/content/000519569.pdf

によると、平成30年現在における子育て支援センターは、全国に7431か所もあることが分かっています。

少子化を打破するため、令和の時代に入っても、子育て支援センターの数は増えているのではないかと推測します。

市区町村によって数は変動

https://unsplash.com/

先ほどのデータによると、子育て支援センターが最も多い都道府県は、東京都の509か所です。一方、最も少ないのは、鳥取県と島根県の43か所です。

ですが、これを子どもひとり当たりのデータに直すと、最も多くの子育て支援センターがある都道府県は静岡県で、子どもひとり当たり3つの子育て支援センターがあるという結果になっています。

反対に、子どもひとり当たりにおける数が最も少ない都道府県は、福岡県で、0.7施設という結果になっています。

このように、市区町村によって、子育て支援センターの設置数は異なります。一般的には、東京をはじめとする首都圏での設置率が高いですが、子どもの数自体が多いので、子どもひとり当たりで換算すると下位に来てしまうという結果です。

子育て支援センターはどういう場所?

よく聞く子育て支援センターですが、いったいどういう場所なのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

親が交流を深める場所

https://pixabay.com/ja/

子育て支援センターは、親同士が交流を深める場所です。子育て支援センターに通うにつれ、顔見知りのママ友ができ、そこで保育園や幼稚園の情報を共有できるメリットがあります。

さらに、いつも対子どもとしか接していないお母さんにとって、大人の人と話すという行為自体に、新鮮さを感じられるでしょう。

親が子育ての悩みを打ち明けられる場所

関連記事