浮気される側が悪い?!浮気する側・される側!どっちが悪いか徹底検証!

「浮気をされる側にも原因がある」なんてセリフをたまに耳にしませんか?浮気をされた側からしたら、たまったもんじゃないセリフかもしれませんね。しかし、確かにそんなんだと浮気されるのもわかるかも…なんてカップルがいるのも事実ではないでしょうか?今回は浮気をする側・される側、どっちが悪いのか、色んな状況を踏まえて検証してみました!

公開日:    最終更新日:

浮気の原因…どっちが悪いの?

https://pixabay.com/

浮気とは無縁の恋愛しかしていないという方もいれば、浮気をされて痛い傷を負った方、逆に浮気をしたことがある方などなど…大人になると色んな恋愛経験があることでしょう。

もしかしたら、浮気をされていたのに気づいていないだけという恐ろしいケースもあるかもしれません。

そんな中、「浮気される側も悪い」という言葉を聞いたことってありませんか?一般的に言えば、浮気をした方が悪いに決まってる!と言いたくなりますよね。

https://www.photo-ac.com/

確かに、道徳的には浮気は相手への裏切り行為と言っても過言ではありません。

しかし、そもそも浮気にどっちが悪いなんてあるのでしょうか?彼氏彼女、夫や妻がいるのに他の相手となんて!と言いたい気持ちはわかりますが、浮気の原因やきっかけによってはどっちが悪いのか明確なケースがあることも…。

そこで今回はどっちが悪いのか、浮気した人・された人の言い分を照らし合わせて検証していきます。

どっちが悪いの?浮気する人の言い分とは

原則的には責められる側にあるであろう浮気した・浮気する人。浮気するくらいなら、別れてからにしたら良いのに!と思われて当然という意見もあることでしょう。

しかし、どんな言い分があって浮気をしてしまうのでしょうか?浮気されたことがある人は、浮気する人の言い分は参考になるかもしれませんね。

これからご紹介する言い分や特徴を見て、どっちが悪いのか、チェックしてみてくださいね!

どっちが悪いの?浮気する人の言い分①強烈な束縛

https://www.pexels.com/

恋人が連絡魔で、ちょっと返信が遅れただけで疑われたり、どこで何をしているかを伝えたりしないと不機嫌になったり…とにかく自分の自由を許してくれないなど、過度な束縛があるとさすがに羽目を外したくなります。

正直、そこまでされると信じてもらえてないと思って、もう別れを前提に浮気(というか、新しい相手探し)をしたくなってしまった。最初は好きでも、そんな付き合いが続いていくと、無理です…(30代・男性・会社員)

■この手の浮気する人の特徴とは?

https://www.pexels.com/

厳しい束縛やルールなどは、苦痛を与えてしまうものです。あまりに恋人が自分の自由を奪うので、ついつい羽目を外したくなってしまったなんてことも…。

交友関係が広い、または飲み会が好きなタイプの方は、束縛されると❝窮屈❞に感じてしまい疲れてしまいます。抜け出したい欲求が蓄積されてしまうのかもしれませんね。

どっちが悪いというよりも、一人の人間としてある程度自由にしていたいという価値観を持っています。

どっちが悪いの?浮気する人の言い分②タイプの人がいた

https://www.photo-ac.com/

彼とは長い交際期間が経っていて、マンネリ状態。ルーティンのデートに飽きていた頃に、超タイプの異性が現れました!最初は友達としてならいっか♪というところから、2人でも会うようになったのです。

新鮮で刺激があったので、ウキウキした気持ちにもなれましたし、マンネリ化していた彼に対して優しくなれるようになってきました。

彼に足りない部分をタイプの相手に癒されている感じ。(30代・女性・コンサルティング)

■この手の浮気する人の特徴とは?

関連記事