紫外線から肌を守るために正しい知識でケアを!対策と日焼け止めの選び方

スポンサーリンク

ケアの前に!紫外線についておさらい

紫外線とは太陽から地上に送られてくる太陽光線の一つ。波長の長さによって、「紫外線A波」と「紫外線B波」、「紫外線C波」に分かれています。

その3つの紫外線ですが、「紫外線C波」は地上には届かないので、地上に降り注いでいる紫外線はA波とB波になります。では、それぞれの特徴を見ていきましょう。

紫外線A波

波長が長い「紫外線A波」は、長時間かけて肌の真皮まで届いてしまい、肌のハリや弾力を保つ「コラーゲン線維」や「エラスチン線維」などを変性させ、シワやたるみの原因となります。

紫外線B波

「紫外線A波」に比べて、波長は短い「紫外線B波」は肌の表面に強く影響を与え、赤みが強くでる炎症や、乾燥などの肌の表面のトラブルを起こしやすくなります。

肌に様々な影響を与えてしまう紫外線は、日差しの強い夏以外でも一年中降り注いでいます。肌を守るためには日々の紫外線対策とスキンケアが重要。正しい紫外線対策とスキンケアの知識で美肌を目指しましょう。

ケアしないとどうなる?紫外線による肌への影響

バリア機能が低下する

肌の表面には、水分の蒸発を防ぎ、外部の刺激や微生物が肌に侵入するのを防いでくれる「バリア機能」が備わっています。

ですが、紫外線を浴びるとことで肌の表面にダメージを受け、「バリア機能」を低下させる原因になってしまいます。

「バリア機能」の低下により敏感になった肌は、さらに紫外線を奥へと侵入させてしまい、様々なトラブルを引き起こしてしまうことに。

このような肌トラブルを防ぐためには日焼け止めでしっかり紫外線対策をし、スキンケアで紫外線ダメージを受けにくい肌作りが重要です。

シミ・そばかすの原因となる

紫外線を浴びると紫外線から肌を守ろうとして、肌の表皮にあるメラノサイトでメラニンを作り出されます。こ

れは、紫外線に対する肌の防御機能で、紫外線のダメージを皮膚の内部まで届かないように、紫外線を遮断する黒褐色の色素であるメラニンをつくります。

健康な肌であれば、ターンオーバー(肌の生まれ変わるサイクル)によって排出されるメラニンですが、紫外線の刺激によりターンオーバーのサイクルが乱れてしまうと、メラニンの生成と排出のバランスが崩れてメラニンが表皮に蓄積され、シミやそばかすの原因に。

紫外線対策はもちろんですが、日焼け後のアフターケアも重要となってきます。

シワ・たるみの原因となる

紫外線の中でも紫外線A波は、肌の真皮層まで達するといわれています。

真皮層には「エラスチン線維」や「コラーゲン線維」という肌のハリや弾力をもたらす大事な役割を果たす繊維芽細胞があります。紫外線を多く浴びてしまうと繊維芽細胞にダメージを与えてしまい、シワやたるみといった肌の老化を促進させてしまいます。

また、紫外線により肌の水分が急激に奪われることも、シワやたるみの原因となるので、日焼けの後のケアも重要とされています。

紫外線から肌を守るためのケアと対策

日焼け止めをしっかりと塗る

日焼け止めは、肌に塗るだけで紫外線対策ができる優れものですが、正しい使い方をしていないと効果が薄れてしまいます。

紫外線対策のために必要な日焼け止めの量は、1平方センチメートルあたり2ミリグラムという基準値があり、およそ顔全体に塗るのに「500円玉1個分」になります。

日焼け止めの塗り方ですが、擦ってしまうと摩擦によりくすみやシミの原因になるので、優しく擦らないように均等に伸ばしましょう。

また、日焼け止めは2~3時間おきの塗り直しが必要です。日焼け止め効果のあるパウダーやメイクの上からできるスプレータイプなどを上手に活用し、紫外線対策をしましょう。

タイトルとURLをコピーしました