スポンサーリンク

体のほてりや冷え性…それは自律神経の乱れによる危険信号かも!?原因や対策は

スポンサーリンク

自律神経と体温にはどのような関係がある?

すぐ不調の原因にされる自律神経

妙に体調が悪く、病院に行ってみたものの原因が思い当たらない場合、大抵「自律神経」のせいにされませんか?

自律神経が乱れる、と良く言いますが、実のところ私たちは自律神経のことをあまりよく知りません。

その仕組みを知ると、いろんな不調の原因と対策がわかりますよ。

神経はネットワーク

人間の神経はまず中枢神経と末梢神経に分類されます。網の目のように身体中に張り巡らされた末梢神経がいろんな情報を収集し、それを中枢神経に届けます。

中枢神経は頭蓋骨と脊柱という丈夫な骨で守られている司令塔で、末梢神経が集めてきた情報をもとに指示を出します。

そして中枢神経と身体全体をつなぐ役割である末梢神経が、身体の隅々までその指令を届けるというネットワークで私たちの身体は保たれているのです。

無意識で動くから「自律」した神経

自律神経は末梢神経のひとつです。末梢神経は大きく体性神経と自律神経のふたつに分けられます。

このふたつの違いは「意識的に動かすか、無意識で動いているか」ということに尽きます。

体性神経は、例えば向こうからやって来たボールを蹴り返すという動作のように自分の意思で動く機能のこと。手を動かしたり、足を曲げたりというような、脳で意識して実行するような動きをつかさどります。

自律神経はそれとは逆に「無意識」が支配している動きです。食べ物を消化する胃腸の働き、心臓の鼓動など、私たちが普段意識せずとも動いてくれている器官は、自律神経によって正常に保たれています。

無意識で動く=自律しているから自律神経と呼ばれているのです。

活動モードと休息モード

タイトルとURLをコピーしました