体のほてりや冷え性…それは自律神経の乱れによる危険信号かも!?原因や対策は

そんなに気温が高い場所ではないのに「暑い」と感じたり、逆に暖かい場所で「寒い」と感じたり…そのような症状がある方はいませんか?それはもしかしたら、自律神経の乱れによる症状の1つかもしれません。今は軽度の症状でも、放っておくとどんどん悪化してくる場合も。原因や対処方法を知って、正しい対策をとっていきましょう。

公開日:    最終更新日:

自律神経と体温にはどのような関係がある?

すぐ不調の原因にされる自律神経


https://www.pakutaso.com/

妙に体調が悪く、病院に行ってみたものの原因が思い当たらない場合、大抵「自律神経」のせいにされませんか?

自律神経が乱れる、と良く言いますが、実のところ私たちは自律神経のことをあまりよく知りません。

その仕組みを知ると、いろんな不調の原因と対策がわかりますよ。

神経はネットワーク

人間の神経はまず中枢神経と末梢神経に分類されます。網の目のように身体中に張り巡らされた末梢神経がいろんな情報を収集し、それを中枢神経に届けます。

中枢神経は頭蓋骨と脊柱という丈夫な骨で守られている司令塔で、末梢神経が集めてきた情報をもとに指示を出します。

そして中枢神経と身体全体をつなぐ役割である末梢神経が、身体の隅々までその指令を届けるというネットワークで私たちの身体は保たれているのです。

無意識で動くから「自律」した神経

自律神経は末梢神経のひとつです。末梢神経は大きく体性神経と自律神経のふたつに分けられます。

このふたつの違いは「意識的に動かすか、無意識で動いているか」ということに尽きます。

体性神経は、例えば向こうからやって来たボールを蹴り返すという動作のように自分の意思で動く機能のこと。手を動かしたり、足を曲げたりというような、脳で意識して実行するような動きをつかさどります。

自律神経はそれとは逆に「無意識」が支配している動きです。食べ物を消化する胃腸の働き、心臓の鼓動など、私たちが普段意識せずとも動いてくれている器官は、自律神経によって正常に保たれています。

無意識で動く=自律しているから自律神経と呼ばれているのです。

活動モードと休息モード


https://www.pakutaso.com/

自律神経はまた大きくふたつに分かれます。交感神経と副交感神経です。

交感神経は興奮しているときに、副交感神経はリラックスしているときに優位になります。朝、太陽が昇ると交感神経が活発になり、身体が日中しっかりと活動できるコンディションにしていきます。交感神経は労働・運動・興奮・緊張感・恐怖感・危機感などを感じるときに活発になり、心身共に活動しやすくしてくれます。例えるなら車のアクセルですね。

夜になってくると今度は副交感神経が優位になってきます。晩御飯を食べたりお風呂に入ったりしてリラックスしてくるとだんだんと眠くなってきます。人は寝ている間に、日中働いた細胞の修復や疲労回復などをしていますから、仮に眠らないで徹夜するなどと言った状態だと、翌日いいパフォーマンスが出来なくなるのは当然なのです。

私たちはこの交感神経と副交感神経の絶妙なバランスで毎日生きているのです。

自律神経の乱れにより、体温調節ができなくなってしまう原因

自律神経と血流の関係とは

交感神経と副交感神経の朝夜の動きは絶対的なものではなく、その時のコンディションや状況によってもこのリズムは変動していきます。うまく働いてくれているときはいいのですが、ちょっとしたことでも自律神経は乱れやすいものなので、ストレス社会の現代ではすぐに不調となってあらわれてきます。

自律神経が乱れると血流が悪くなりさまざまな病気を引き起こすと言われますが、それは何故なのでしょうか。

緊張感の継続がドロドロ血液を生む


https://www.pakutaso.com/

ストレスの多い現代では、交感神経優位のバランスが長く続きそれが自律神経の乱れを生むと言われます。

交感神経が過剰に働くということは、戦闘モード、つまり全身の筋肉が無意識に緊張している、全身に力が入りっぱなしということ。この緊張感がクセモノで、筋肉がカチコチに緊張している状態が長く続くと血管・毛細血管の血流が悪くなります。

また交感神経の過剰な働きは、免疫を担う白血球の中の顆粒球の増加→死滅させることにより大量の活性酸素が発生、酸化した血液がドロドロになり血行悪化となるのです。

血流が悪いとこうなる!

昔、学校で血には「白血球」が含まれていると習ったのを憶えているでしょうか。

白血球はいろんな栄養や酸素、免疫物質とともに血流に乗って全身をめぐります。体内をくまなく回り、細菌や異物が入り込んでいないかをチェックする役割を持ち、見つけ次第身体を守ろうと働くのです。

では、その乗り物である血流が悪くなるとどうなるでしょう。スピードの遅い乗り物はチェックできるポイントも少なく、何かがあってもすぐに駆け付けることができません。その間に細菌やウイルスはどんどん勢力を増します。つまり、血流が悪くなると免疫システムがうまく作動しなくなるのです。

身体を守る力が弱くなると、さまざまな「病気」という形になってあらわれてきます。だから「血流」は健康に大事なんですね。

血流と体温の密接な関係


https://www.pakutaso.com/

血液には身体中に栄養や酸素を運び、二酸化炭素や老廃物を回収するという働きとともに、体内で作られた熱を全身に伝え体温を上げる役割があります。

ストレスに反応して必要もないのに高ぶり続けた交感神経は、血流を悪くし、結果、熱を全身に伝える働きが滞り、私たちの身体は低体温になります。

自律神経が乱れる以外にも、血流を悪くする原因としては運動不足や食べすぎ(高脂肪食など)、水分の摂りすぎや塩分の控えすぎ、誤った入浴法、エアコンによるものなどが考えられます。

体温が1度低くなると免疫力は30%落ちると言われています。36.0度以下は低体温とされます。血流を良くして体温をあげる生活を心がけましょう。

体温をきちんと調節できるようにするには?

血流をよくするにはこれ!

関連記事