40代からはコスメも変えたい!肌を綺麗にカバーするファンデーション特集

スポンサーリンク

40代からはファンデーションも変えていくべき

40代女性といえば更年期が自ずと近づいてくる時期でもあります。女性ホルモンの低下により、肌にハリやツヤが失われがちになって、いつの間にか目の下がくすんで見えてきたり、目尻のシワが目立ってきてしまったり、この原因は、紫外線の影響や老化によってメラニンが蓄積する・加齢や乾燥で肌に凹凸が起こり光が乱反射し肌がくすんで見えるなどがあります。

肌の曲がり角とも言われる40代女性だからこそメイクの仕上がりを変えるファンデーションを見直す必要があります。また、肌本来が持っている保湿成分なども減少していってしまいます。メイクしながらも保湿をしてくれるタイプのものなど40代女性の肌にあったファンデーション選びが大切です。

本来の肌を生かしながらも上手にカバーしながら綺麗に見せるために40代女性のオススメのファンデーションの選び方、ファンデーションの塗り方等をまとめてみましたので是非、参考にしてみてくださいね♪

40代からのファンデーションの選び方は?

https://pixabay.com/ja/

ファンデーションにも、様々な種類と役割があります。

今までは売れているから安心して使っていたというものや、デザイン・好きなブランド等で選んできたという方も、40代になった今、特に気にすることのなかった「成分」にも目を向けてみるといいでしょう。自分の肌質にあったファンデーションを選ぶことでより、メイクも自然な印象にすることができます。

例えば、肌への負担・刺激を減らしたいときには皮膚に触れる面積が少ないパウダータイプのものを選んだり、リキッドファンデーションを使用したいときには比較的優しめの下地を使うことで肌への負担を減らすことができます。

「椿油」や「香料」を使用しているファンデーションは乾燥肌の方は注意

また、「椿油」や「香料」を使用しているファンデーションの場合、乾燥を招きやすいので乾燥肌の方は注意しましょう。

肌トラブルによって潤いが不足しがちな40代女性には、保湿効果のあるファンデーションがおすすめです。乾燥したままでいると肌の角質層が厚くなり表面のしなやかさが損なわれしわになる原因になってしまいます。そのため、メイク中にも保湿力が持続されるようなファンデーション選びが大切になってきます。

「アミノ酸」「セラミド」など保湿成分や油分がちゃんと含まれているものがおすすめです。

40代の年齢肌を隠す上手なファンデーションの塗り方

「均一」に伸ばすはNG!

40代の年齢肌の特徴は、くすみやシミ・しわですよね。気づくと増えているなんてこともあるのではないでしょうか。

そんなシミやしわを隠すための効率よい塗り方は、「全体に均一に塗る」ではなく、「必要な部分は重ね塗り」することです。

肌トラブルが目立つところには少しずつ調節しながら塗っていき、目元・口元など表情筋が動きやすいところには気持ち、薄くなじませるように塗ることによって化粧崩れが目立たなくなります。

また、太陽光があたる部屋で化粧することで重ね塗りした部分が厚く見えてしまうこともなく、おすすめです。

丁寧に「半顔」ずつ塗りましょう

まずは、一番目立つ部分である目の下中心部分のくすみやクマ等をカバーしていきましょう。その後、外側に向かって伸ばしていきます。余ったファンデーションで瞼の上や小鼻、鼻筋・顎に乗せていきます。このとき首と色をなじませるように首すじにも伸ばしてあげましょう。

もう半分も同様に伸ばしていき、もう少しカバーしたいところには軽くたたきこむように塗っていきましょう。

こうすることで、全体の厚塗り感を抑え自然にナチュラルなベースメイクに仕上がります。

40代におすすめなファンデーション特集

タイトルとURLをコピーしました