子供の兄弟喧嘩で毎日イライラ!親の正しい対応とは?

スポンサーリンク

親の悩みの種の兄弟喧嘩!兄弟喧嘩には正しい対応があった!?

普段仲良しでもどうしても起こる兄弟喧嘩。上のお子さんも未就園児の場合、朝から晩まで対応に息つく暇もない親御さんは多いと思います。そして上の子が幼稚園に入る頃には今度は下の子がパワーアップ。

兄弟は初めて出会う社会だからこそぶつかり合うものだとはいえ、本当に頭が痛いですよね。(※本稿では兄妹・姉妹・姉弟など全てのケースを含めた喧嘩を「兄弟喧嘩」と表記します。)

そもそも兄弟喧嘩はなぜ起こる?

https://www.photo-ac.com/

上でも触れたように、兄弟は子供が初めて出会う社会。兄弟喧嘩が起こること自体は自然なことです。むしろ、普段よく一緒に過ごし、お互いがしっかりと視野に入っているからこそ自然に発生するのが兄弟喧嘩です。基本的には親は出て行かず様子を見ていても、対応としては間違いではありません。

ただし、暴力行為だけは危険ですので止めましょう。普段から、手を出したら終了とか、顔を叩いた方が負け、引っ掻き禁止など、強制ストップ対応のきっかけとするための何らかの兄弟喧嘩ルールを決めておいてもいいでしょう。

子供の兄弟喧嘩…こんな対応していませんか?

上の子に我慢させる

https://www.photo-ac.com/

「お姉ちゃん/お兄ちゃんなんだから!」などの声かけで対応してしまっていませんか?本人は好きで上の子に生まれたわけでもなく、しかも下の子が生まれた時から急に自分に届く親の注意が半分以下になるという憂き目に既に遭っています。

そこで、例えばこんな言いかえはいかがでしょう。

「〜ちゃんはまだ小さいからわからない/できないんだよ」

主体を上の子でなく下の子についての解説にすることで、上の子に自然と年長者意識が芽生えるかもしれません。

頭ごなしにやめさせる

https://www.photo-ac.com/

その場で一喝して二人の動きを止めさせてしまえばその場の兄弟喧嘩は収まり静かになるかもしれません。でも二人の心の怒りや失望がその対応で消えるわけではないのです。決定的な亀裂になってしまうかもしれませんよ。

こういった対応は、子供をとりあえず黙らせてしまう上で即効性があるので、その場はすぐに兄弟喧嘩が収まって家庭に平和が戻ったように感じられるでしょう。

しかし、実は根本的な解決にはならないのです。それどころか、成長過程の心に深刻な禍根を残してしまうこともあり、むしろ細心の注意を払って回避すべき対応方法です。

兄弟喧嘩への対応。一刻も早く鎮火したいのは山々ですが、時にはぐっとこらえて、よりよい大人になっていくための教育の機会と捉えて、一踏ん張りしてみませんか。

兄弟喧嘩が勃発した際の親の正しい対応とは

それでは兄弟喧嘩が起こった時に、子供達をよりよく導くためにはどのように対応すれば良いでしょうか。

親は裁判官にならないように注意

https://www.photo-ac.com/

親がすべきことは基本的には「双方から公平に話を聞く対応」に終始します。ただしこの時に注意したいのは、裁判官にならないこと。

「どうしてこんなことしちゃったのかな」

「◯◯くんは一緒に遊びたかっただけなんだって」

「そっかあ、お姉ちゃんは◯◯くんにおもちゃを取られちゃったと思ったんだね」

など上の子と下の子の言い分の聞き役に徹します(あるいはその上で上の子に通じるように言葉を足して翻訳)。そしてお互い言いたいことが出切ったら

「どうすればよかったかな?」

何も出ないようなら「こうしたらどうだったかな?」と提案してみる。この辺りが親が兄弟喧嘩に介入してもいい限界でしょう。

ここで裁判官=親が勝敗を決めたり断罪するような対応をしてしまうと、どちらかの心にしこりを残してしまうことがあります。

タイトルとURLをコピーしました