貯金がない!40代独身女性が今すぐやるべき5つのこと

スポンサーリンク

40代独身女性の「貯金なし」は意外と多い?

40代独身女性はどれくらい貯金しているのか気になりますよね?他人の金銭状況を気にしても仕方ないとわかっていても、自分と比べて周りの40代独身女性はどうなのか、どうしても気になる事ってあると思います。

40代独身女性の貯金額は、平均約500万円と言われています。40代独身女性の平均年収は約400万円とされていて、年収の約1.25倍が貯金額ということになります。あくまでも平均上での結果になりますが、少なくとも半分以上の40代独身女性が、毎月きちんと貯金をしていることがわりますよね。

しかし一方で、約30%の40代独身女性は貯金がゼロということもわかっています。つまり、10人に1人が「貯金無し」ということです。しかも貯金ゼロの割合が高いのも、実は40代なのです。

正社員か非正規社員かなど働き方によって給与額も大きく違いが出るので、貯金ができる人とできない人にも大きく差が出るのかもしれませんね。また、日ごろのお金の使い道も重要で、個人の性格や生活習慣なども関係しています。まだ40代でない独身女性も、既に40代の独身女性も、今一度自分の生活を振り返ってみましょう。貯金ゼロの状態からの脱出方法も併せて、原因や対策方法などをお話していきます。

40代独身女性の「貯金なし」で待ち受ける現実とは?

貯金がない40代独身女性は意外と多いことに驚きですが、貯金がないと将来どんな現実が待ち受けているのでしょうか?

一言で貯金額といっても、一人暮らしなのか実家暮らしなのかによって、貯蓄額は大幅に異なってきます。ずっと実家暮らしなのであれば、一人暮らしの場合と比べて貯金は多めになるはずです。そのため現在、一人暮らしの40代女性で貯金が少なくて困っている場合、実家暮らしに変更するという手段も視野に入れておくと良いでしょう。ただし、実家暮らしだからといって全く節約しなくても良いわけではありませんので、多少は堅実さを身に着けておくべきです。

貯金どころか節約すらもできていない独身女性もいらっしゃるかと思いますが、現実から目を背けずに、将来的なお話にも耳を傾けてみましょう。

今は何も不安が無くて平気だとしても、50代・60代に突入したときを想像してみてください。どのような未来が待ち構えているのか、経済面に関わる具体的な将来を、真剣にイメージしながら考えてみましょう。この記事を読み終わったあと、将来への不安の解消方法が浮かぶはずです。

「貯金なし」の40代独身女性が待ち受ける現実①結婚ができない

https://www.pakutaso.com/

最近は晩婚化が進み、40代で独身という女性は意外と多く珍しくありません。芸能人でも、40代で初婚・出産する方も多数見られます。さらには、貯金をするのは結婚してから…と考えている人までいる始末です。

しかし40代で結婚相手に対して求めることは、男女問わず「貯金があること」でどれだけ年収があったとしても、貯金がない相手とは結婚できないと思っている男性もいます。お相手の男性の貯蓄に期待するのは筋違いですし、男性の貯金額が多いとも限りません。必ずしも個人の貯蓄額が全ての判断材料というわけではありませんが、残念ながら経済面に関しては切実な問題として考えられています。

貯金がないと浪費家なのではないか、結婚しても貯金ができない女性なのではないかと思われ、結婚相手から外されてしまいます。男性から見ても、お金にだらしない女性は魅力的には思われないということです。さらには将来的に子供が欲しい男性にとっては、なおさら対象外にされてしまいます。

そのため、「貯金なし」の独身女性は将来結婚ができない可能性が高くなります。このまま生涯独身でも構わないと考えている女性もいらっしゃいますが、少しでも結婚願望をお持ちの方は要注意です。

独身でいる間は自分のためにお金を使いたい。そういう考え方もあながち間違いとは言いませんが、給料をほぼ全部使いきって、全く貯金をしないというのは賛同しかねますよね。

固定費を引いて残ったお金は、半分を趣味に使って、残りの半分は貯蓄にまわすのが賢い選択と言えます。

タイトルとURLをコピーしました