美容に効果絶大♡今話題のバターコーヒーの作り方など

スポンサーリンク

美容効果がある人気のバターコーヒーとは

バターコーヒーとは、その名の通りバターの入ったコーヒーのこと。

バターコーヒーは、「シリコンバレー式  自分を変える最強の食事」という書籍でダイエット効果があり減量したことで注目を浴び、世の中に広まったそう。普通のコーヒーとは違い、材料にこだわって作ることで、ダイエットや美容にも効果があると知られていて、女性に嬉しいコーヒーなのです。

バターとコーヒーが合うのか疑問に感じる、脂がすごそうと心配する人も多いですが、実践してみると脂っこさはなく、クリーミーで腹持ちがいいと評判なようです。

その腹持ちの良さや手軽なことから、朝食として飲んでいる人が増えているそう。朝は皆さん時間が惜しいので、頭を使うことなく毎日決まったものを食べるという人も多いですよね。

リンゴマークで有名な経営者の人も、選択する回数を減らすために、洋服は同じものを着るようにしているそうです。また飲み物だけで満腹になれるうえ、さまざまな効果もあるということで、朝食にバターコーヒーを選んでいる人も多いのだとか。

バターコーヒーの美容効果を高める材料①ブラックコーヒー

効果を高めるために必要なものの1つ目は、ブラックコーヒーです。

コーヒー豆を選ぶポイントとしては、カビ毒の含まれていないものとされています。カビ毒とは、めまいや脳の炎症を起こしたりする可能性があり、コーヒー自体の風味が落ちる原因にも。

しかしカビ毒のついた豆を取り除くには、焙煎前に手作業で分けなければなりません。そのため、安価なコーヒー豆だとカビ毒が入っている可能性が高いのです。

バターコーヒーを有名にした方の本によると、自前の焙煎機を使用・単一産地の豆・中米産・スペシャリティコーヒーこの4つのポイントで選ぶのがオススメなのだとか。ネットで買う時は、見分けが難しいですが、近所のコーヒーショップに行けば焙煎機があるか、ハンドピックされているかを確かめることができるので安心です。

また、砂糖やミルクを入れてしまうと、美容効果が下がってしまうので避けましょうね。

バターコーヒーの美容効果を高める材料②グラスフェッドバター

https://unsplash.com/

効果を高めるために必要なものの2つ目は、グラスフェッドバターです。

これは、普通のバターとは違い、牧草だけを食べて育った牛のミルクを使って作られたもの。普通のバターは、穀物などを餌にして育てられた牛のミルクが使われています。牧草だけを餌にして育てるのはとても難しく、貴重なバターなのです。

普通のバターは体に吸収されにくいため、どんどん脂肪として溜まってしまいます。グラスフェッドバターは不飽和脂肪酸が多いので、体内に吸収されると燃焼して分解されやすいのです。

また、通常のバターに比べて3~5倍以上も多く、オメガ3脂肪酸が含まれているそう。オメガ3脂肪酸には血液の流れを良くしたり、中性脂肪を減らしたりすることも期待できます。

さらにグラスフェッドバターには、カロテンやビタミンが含まれているので美容効果も。海外で作られたものが多いのですが、少しなら国産のものもあるようです。

タイトルとURLをコピーしました