スポンサーリンク

「付き合って3か月目」に来る、初めての倦怠期の原因と乗り越え方
スポンサーリンク

付き合って3ヶ月程で相手が嫌になった経験はありませんか?

付き合いたての頃はラブラブだったのに、時間が経つにつれて相手の嫌な面が気になってきたという女性もいるのではないでしょうか?ときめきを感じて付き合うようになったにもかかわらず、3ヶ月を過ぎた頃になると気持ちに変化が現れるというカップルもいるようです。恋愛が始まった頃は「会いたい」「好きだよ」「可愛いね」といった言葉をたくさんかけてくれていた彼が、3ヶ月ぐらいからそういった言葉をかけてくれなくなったという話もよく聞かれます。


https://www.pakutaso.com/20170821224post-12859.html

https://www.pakutaso.com/20141104331post-4872.html

付き合って3ヶ月経った頃に別れたというカップルや、3ヶ月目を乗り越えることがカップルが長続きするひとつの目安という話を聞いたことがある女性もいるかもしれません。恋人がいる女性の多くは何らかの理由で倦怠期を感じているようです。多くのカップルが恋愛における変化を迎える時期ともいわれる「魔の3ヶ月」には、どのようなことに気をつけたら良いのでしょうか?恋愛におけるマンネリ化を防いで、彼とより良い関係を築くために倦怠期が起こる理由や乗り越える方法についてみていきましょう。

3ヶ月目に倦怠期が来やすいのにはワケがある!

どうして3ヶ月を超えたあたりから倦怠期を感じるカップルが増えるのでしょうか?交際して3ヶ月でカップルが倦怠期を迎えることには、いくつかの理由が挙げられます。

男性が冷たくなったように感じる

男性には本来、獲物を狩る狩猟本能が備わっていると言われています。男性の多くは恋愛において、思いを寄せる女性と交際に至るまでが狩りのピークと考えているようです。そのような男心とは裏腹に、女性は交際が始まってから二人の関係が盛り上がっていくと考える場合が多いので、時間が経つとともにカップルの間では価値観のズレが生じてくる原因となります。恋愛が始まった頃は、惜しみなく褒め言葉や愛情表現をしてくれていたのにいざ付き合ってみると、相手が急に冷めたような態度をとるようになったという経験がある女性もいるのではないでしょうか?


https://www.pakutaso.com/20160903250post-8935.html

男性は恋愛を経て交際が始まると、相手の女性が自分のものになったと安心して連絡がおろそかになってしまう場合もあります。それに対して女性は、交際してから3ヶ月が近づくにつれて自分に対してもっと愛情表現をしてほしいと入った要求が高まってきます。初めは小さかった感覚のズレが、徐々にお互いのストレスになりケンカへと発展し別れに繋がる場合もあります。

相手の嫌な部分が目につくようになる

付き合う前には、お互いに欠点を隠して自分の良い部分をアピールするというのも恋愛においてよく聞かれる話です。よく思われるように、相手の理想像に合わせた自分を演出することは恋愛テクニックの一つでもあります。ところが実際に交際が始まると、徐々に本当の自分というものがあらわになってきます。3ヶ月を過ぎた頃に、相手の欠点が目につくようになってくるのもこのためかもしれません。


https://www.pakutaso.com/20141104331post-4872.html

恋愛が始まった当初はときめきで気分が盛り上がっているので、意外と相手のことを冷静に見られていないという場合が多いようです。相手が完璧に見えていた完璧に見えていた相手のことが急に嫌になるという時は、付き合った当初のときめきが落ち着いて冷静になり相手の嫌な部分気づくことも増えてきたという理由が考えられます。洋服を脱ぎぱなしにしていたり、ゴミの捨て方が気になったりなど生活の面で、相手にイライラしてしまう場面も出てくるかもしれません。彼の方は安心しきって気をゆるしているだけのつもりでも、だらしない面などが気になり始めると小さなイライラが積み重なって爆発してしまうということもあるでしょう。

信頼が高まっているという見方も

3ヶ月を過ぎてくるとお互いへの信頼感が高まることによって、出逢った頃のような刺激がなくなってくることも、倦怠期を感じるひとつの理由と言えるようです。倦怠期やマンネリ化と聞くとネガティブなイメージを持つ女性も多いかもしれませんが、見方を変えてみると恋愛してた当初の高揚してきた気分が落ち着いて、相手を一人の人として見られるようになる時期とも言えるのではないでしょうか?カップルにとって3ヶ月という恋愛の節目は、付き合う前には気づくことができなかった相手の性格や相性について冷静に考えることができる時期とも言えます。

3ヶ月目を乗り越えるための方法

初心を思い出す

安心しきって気が緩んでしまうのは男性に限ったことではありません。初めてのデートでは彼の好きなファッションや身だしなみ、仕草などを意識していても時間が経つにつれてリラックスしてつい楽な格好ばかりを選んでしまう女性もいるのではないでしょうか?付き合った当初や、彼の好みの女性になろうとファッションの研究を楽しんでいた頃のことを思い出すなど初心に立ち返ってみると、恋愛における新鮮な気持ちを取り戻すことができるでしょう。彼以外の男性からも魅力的に見えるようなファッションやメイクをすることによって、男性の狩猟本能を刺激してマンネリ化を防ぐ効果も期待できます。


https://www.pakutaso.com/20160840238post-8822.html

自分自身を磨くことによって気持ちにも余裕ができるので、相手に対してイライラすることも少なくなるかもしれませんね。他の男性から見ても魅力的に見える女性は、思わず彼も手放したくないと思うことでしょう。キレイになることを楽しんでいたり、自分自身の好きなことをやっていたりする女性は、それだけで輝いて見えるものです。たとえ3ヶ月をすぎて破局することになったとしても、自分自身を磨くことができる女性は次の恋愛にも恵まれるのではないでしょうか? 他にも男性に自分を好きか確認するのではなく、女性の方から素直な気持ちを伝えてみるという方法も良いですね。

距離を置いてみる

付き合ってから3ヶ月くらいが経ち、相手の嫌な部分にばかり目がいってしまうようになったら一度距離を置いてみるのも良いでしょう。そばにいることによって、相手に求めることが増えたり、思い通りにいかないことで不安を感じたりすることもあるのではないでしょうか?そんな時にこそ少し距離を置くことによって、彼のことを冷静に見つめることにもつながります。「どうして◯◯してくれないの?」とマイナスの感情にとらわれてしまい、相手に執着してしまうことはお互いにとって良くありません。


https://www.pakutaso.com/20170707188post-12425.html

付き合った当初より連絡が少なくなったというときも、彼が仕事で忙しいだけという場合もあります。彼が忙しい時に、何度も気持ちをぶつけてしまうと別れにも繋がりかねません。3ヶ月で倦怠期を感じているカップルの方は、距離を置いてお互いに自分の時間を持つということで冷静に相手のことを考えるきっかけになるでしょう。彼の仕事が忙しい場合は、落ち着いた頃を見計らって連絡を取ったり、相手が喜ぶようなサプライズを考えたりしてみると付き合った頃の恋愛感情を取り戻すきっかけにもつながります。

見方を変えてみる

恋愛において相手に不満を感じるというのは、決して悪いことばかりではありません。初めはお互いに良い面ばかりを見せていてわからなかった点が明らかになってきたことで、自分が本当に求めるものがわかるというメリットもあります。相手に対して不満を感じた時には、「私はこうしてほしい」「私はこういうことが嫌い」と伝えてみるのも良いでしょう。この時には感情を爆発させてケンカするのではなく、冷静に自分が今後どのような関係で付き合っていきたいかを伝えることが大切です。


https://www.pakutaso.com/20170753191post-12444.html

相手の不満をぶつけるのではなく、相手を想っているからこそ変えてもらいたい点などを家のことで、今後の関係がより良くしていくことにも繋がります。例えば「彼の優しいところが好き」だと思っていたのに、恋愛が進むにつれて「なかなか自分の意見を言ってくれない」と不満を感じるようになるなど、長所だと思っていた部分が短所に見えてくる場合もあるでしょう。付き合って3ヶ月で相手への見方が変わってきたときは、新鮮な目線で相手を見つめ直すことで気づいていなかった魅力を知り、恋愛が始まった頃の気持ちを思い出すきっかけにもなるでしょう。

中には本当に相性が悪い場合もあるので、よく見極めることが大切

3ヶ月で倦怠期に悩むカップルのなかには、そのまま別れを迎えるという場合もあります。ささいなすれ違いやマンネリ化だけであれば、お互いに余裕を持つことで解決することもありますが、冷静に見つめ直すことによってお互いの相性が合わないことに気づく女性もいるでしょう。今まで気づかなかった相手の嫌な部分やだらしない点などが気になってきた場合は、もともと相手が持っていた本質があらわになってきたということでもあります。


https://www.pakutaso.com/20160426099post-7537.html

人には良い点も悪い点も含めてさまざまな面があり、付き合ってすぐには見極めるのが難しいと言われています。心のどこかに好きという気持ちがあるのであれば、倦怠期を乗り越えて関係が続いていく場合もあるでしょうが、相手の嫌な部分がどうしても乗り越えられないという場合の見極めも大切になってきます。3ヶ月で倦怠期を迎えた時は、相手の本質を見極めるチャンスとも言えますね。

冷静に相手の本質と自分の気持ちを見極めて、今後の付き合い方について考えてみるのも良いのではないでしょうか。恋は盲目とも言いますが、倦怠期とはあなたが冷静になって今後の付き合い方を見つめ直すための期間でもあります。この先もし結婚を考えるのであれば、長い期間をパートナーとして過ごすことになるので、3ヶ月を乗り越えられるかどうかは人生を共に過ごす相手を見極める基準になるでしょう。

恋人と良い距離感を保ち3ヶ月を乗り越えましょう!

3ヶ月で倦怠期を感じるカップルが多いといわれることには様々な理由があるようです。男性側は恋愛感情を表現してくれなくなったことで不満を感じたり、お互いに慣れてきたことによってときめきを忘れてしまう3ヶ月目には、女性の側もちょっとした工夫が必要になってきます。付き合ってから3ヶ月目を一つの区切りとした記念日のお祝いには、デートを豪華なものにしてみたり、彼好みのファッションに身を包んだりと新鮮な気持ちを取り戻して見るのも良いでしょう。


https://www.pakutaso.com/20170821224post-12859.html

盛り上がっていた恋愛感情が時間とともに落ち着いてくるということは、どんなカップルにでも訪れることです。3ヶ月で倦怠期を迎えたカップルは、その時期をどのように乗り越えるかによって今後の関係にも影響してきます。恋愛感情が落ち着いてきた3ヶ月目は、相手との関係性や距離感について考えてみましょう。不満や不安にばかり目を向けてしまうのではなく、距離感を保つことで相手の魅力や自分がどのような関係を作っていきたいか見つめ直すことで倦怠期を乗り越えをきっかけになると良いですね。

※最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事が面白かったと思われた方は、スポンサーサイトにも行ってみてくださいね♪
プラスクオリティーはスポンサー料で成り立っています。

スポンサーリンク