小顔か確かめる方法は?小顔効果のあるマッサージ方法も紹介!

モデルのような小顔になりたいと誰もが思うほど、小さな顔は憧れますよね。でも一体小顔ってどのくらい顔が小さい人のことを指すのでしょうか?そこで小顔の基準や、自分が小顔か確かめる方法、また小顔に効果的なマッサージ方法をご紹介します。

公開日:    最終更新日:

小顔ってどんな基準で判断するの?

https://pixabay.com/ja/

小顔に定義や基準は特にありませんので、いわゆる日本人の平均的な顔の大きさよりも小さい人は小顔と言えます。

日本人の18歳から35歳の顔の長さの平均は、男性は顔の長さが23.19cm、横の長さが16.08cmです。女性は、縦の長さが21.80cm、横の長さが15.33cmだそう。

今と昔とでは、平均身長も変化しているので、それと同じように顔のサイズも変化していますが、この平均の長さに対して自分の顔のサイズが小さければ、小顔であると言えます。

また、身長と顔の大きさのバランスも重要なポイントで、全身を見たときに「小顔だな」と感じる人の特徴に、身長が顔何個分あるかを表す「頭身」のバランスが大きく関わってきます。よく「8頭身美人」と言いますよね。身長が顔8個分に値するという意味で、頭身の数が大きいほど体に対して小顔であることをあわらしています。

一般的には7頭身以上あれば小顔に見えると言われていますが、モデルのような人達は9頭身の人もたくさん存在します。

顔の大きさが平均よりも小さくても身長が低い人の場合には、あまり小顔に見えない可能性があります。これも頭身バランスと同じで身長に対しての顔のサイズが関係しているためです。逆に顔のサイズが平均よりも大きくても、身長が高い人の場合には小顔に見えることがあります。顔の平均サイズとの違いに加えて自分の身長とのバランスも小顔の印象を左右します。

自分が小顔か確かめる方法

実際の自分の顔のサイズが小顔かを確かめるには、いろんな方法があります。ここでは小顔か確かめるおすすめの方法いくつかご紹介します。自分のやりやすい方法でサイズを確認してみて下さいね。

小顔か確かめる方法①メジャーで測る

https://pixabay.com/ja/

鏡に向かって顔を鏡に近づけて鏡に映った自分の顔のサイズを測る方法です。頭頂部から顎までをメジャーで測ります。次に左右のこめかみの間を同じようにメジャーで測るシンプルな方法です。メジャーが真っ直ぐ伸びていないと正しく測れないので、気を付けましょう。

小顔か確かめる方法②ボックスティッシュを使う

https://pixabay.com/ja/

机にボックスティッシュを横向きにして上下に置きます。二つのボックスティッシュの間に顔が入るくらいの隙間を作り、そこへ顔を挟んで顎と頭頂部をしっかりとボックスティッシュで挟みます。次に顔をそっと抜いてボックスティッシュの間の長さを定規やメジャーで測ります。

顔の横幅を測る時には、ボックスティッシュの向きを変えて顔の横にぴったりとつくように挟んでその長さを測ります。

小顔か確かめる方法③アプリを使う

関連記事