【50代からのシンプルライフ】不要なものを捨てて心も体もすっきり生きよう

スポンサーリンク

シンプルライフってどんなもの?

「断捨離」や「ミニマリスト」と並んで、最近は「シンプルライフ」という言葉もよく聞かれるようになりました。
このシンプルライフって言葉の響きからしても何となく、取りかかりやすそうだと思いませんか?モノや情報が溢れている現代において、誰もがシンプルに暮らしたいと感じているのかもしれませんね。

実際、今回の新型コロナウイルスの影響で自粛生活に入り、この間にご家族全員で片付けをしたという話も報道されていました。これはとても良いことですよね。普段だと自分以外の家族のモノは勝手に捨てられないし、それで片付けの手が止まってしまうなんてことは「片付けあるある」だと言えます。

では50代からシンプルライフを目指すために心得などがあるのでしょうか。一緒に探ってみましょう!

シンプルライフとは?

https://pixabay.com/ja/

文字通り「シンプルな暮らし」ですよね。私が調べた中では「自分の身の丈にあった自分らしい暮らし方」といった表現は的を射ていると感じました。

断捨離と通じる考え方もあり、モノを捨てる・家の中にモノを持ち込まない・今あるモノで代用出来ないかを考える……。自分や自分の暮らしに合ったものと生活していて、過不足のない快適な暮らしをしているといったところです。

持っているモノを大事に使うという点は断捨離やミニマリストとも共通する点ではないでしょうか。またここで言う「モノ」とは単に「物」を指す意味ではなく、精神的な身軽さや情報の取捨選択なども含んだ快適さを言います。

50代はバブル期も経験しているので、消費意欲は他の年代よりも旺盛かもしれません。それ故に家の中がモノで溢れている方も多いのでは……?また古き良き思い出のモノも捨てられないままでいるなどシンプルライフとは真逆の暮らしぶりをしている可能性もありますよね。

ですが、50代は「シンプルライフ」を目指すのには丁度いい年代ではないかと考えられます。家族や家庭の環境が変わったり、自分自身にも心身の変化が現れてきた50代の私達。それでもまだまだ気力と体力がある今のうちからシンプルライフを目指して始めていきませんか。

ミニマリスト・断捨離との違いは?

https://pixabay.com/ja/

不要なものは処分し、物を大切にする点では、ミニマリストや断捨離との共通点もありますが、シンプルライフはそれだけではありません。

物をできる限り少なくし、物は少なければ少ない程、良いという断捨離やミニマリストの考え方に対して、シンプルライフは、自分の生活を快適に送るために厳選したものだけで暮らすこと。もちろん、自分にとって不要なものは手放すことも必要ですが、大切なことは自分が快適に過ごすことができればいいのです。

シンプルライフでは、ミニマリストや断捨離のように、無理して物を手放す必要がないということが大きな違いなのです。

50代がシンプルライフで得られるメリットって?

https://www.pakutaso.com/

50代ぐらいになると老後に向けて、今までよりもコンパクトな家に移り住むこともありますよね。これってシンプルライフを目指すにはもってこいの状況だと言えます。必然的にモノは処分しますし、新しい家や生活に合ったモノだけを持って行くようにすればいいわけですから。

しかし「そんな予定はないわ。」という方も、ちょっと待って下さい!諦めるのは早すぎますよ。50代から始めるシンプルライフで得られるメリットを考えてみましょう。

50代がシンプルライフで得られるメリット①心はスッキリ!体も軽く?!

https://www.pakutaso.com/

モノが減っていくと不思議と思考もスッキリしていきます。単純にモノの量を把握しているだけでも余計なモノは買わないですし、今は足りているといった思いは満足感や幸福感も得られます。

シンプルライフは心に余裕を持たせて、溜め込むことがなくなってきますので自然と心も体も軽くなってくるのでしょう。

タイトルとURLをコピーしました