スポンサーリンク

【50代からのシンプルライフ】不要なものを捨てて心も体もすっきり生きよう
スポンサーリンク

50代がシンプルライフで得られるメリット⑨物を大切にするようになる

https://pixabay.com/ja/

使わないものを手放して、自分にとって必要なものやお気に入りのものだけを厳選することで、残ったものは愛着のあるものばかりになり、今あるものを大切に使おうという気持ちが強くなることでしょう。

愛着のあるものは、使えなくなるまで大切に使うようになるので、衝動的に物を購入してしまうことも少なくなるはずです。

新しい物を購入するのではなく、今あるものを大切にして活用性を考えることで、無駄がなくシンプルライフを豊かに送ることができるのではないでしょうか。

50代がシンプルライフで得られるメリット⑩引っ越しするのが楽になる

物が多いと引っ越しは荷物をまとめるのが大変で億劫になりますよね。その点、不要なものを持たないシンプルライフを送るようになると、荷物もすぐにまとめることができるのです。荷物が少ない分、引っ越し費用も節約できるのも嬉しいメリットではないでしょうか。

また、50代を過ぎると子供が巣立ち、家もコンパクトに住み替える人も多いようです。シンプルライフでは、物が少ない分、狭い部屋でも快適に過ごすことができて、掃除も楽なので、家をコンパクトに住み替えるのも良いのかもしれませんね。

今シンプルライフを送っていない人は、引っ越しを機会にシンプルライフを送るのもおすすめです。

50代がシンプルライフで得られるメリット⑪自分の好みがわかる

不要なものを手放して、自分にとって必要なものはどんなものなのかを考えていくうちに、自分の好みがわかるようになります。

自分の好みがわかるようになるメリットは、買ったけど使わなかった物や、着なかった服などの無駄遣いを減らすことができます。

また、不要なものを手放すことで、自分の好きなテイストの物だけになるため、部屋の統一感も出てくることでしょう。自分にとって居心地の良い空間に仕上がるのではないでしょうか。

50代がシンプルライフで得られるメリット⑫リラックスできる

人は視覚的な情報が多すぎると気が散ってしまい集中力が欠けたり、ストレスを感じてしまうのです。物が多い部屋にいるだけで、自然と目に見える情報が多くなるので、ストレスを感じ、神経が休まらないことも。

物が少なければ目に入る情報が少なくなるので、リラックスできる空間となることでしょう。

シンプルライフは、ミニマリストや断捨離とは違い、物が少なければいいという考えではないので、一部屋だけ物をあまり置かないようにするなど、自分がリラックスできる場所を作るというシンプルライフもいいかもしれませんね。

50代がシンプルライフで得られるメリット⑬探し物が見つけやすくなる

不要なものを処分して物が減ると、物がどこにあるのか把握できるようになります。探し物が見つからないストレスが減るだけでなく、探す時間が少なくなるので時間を有効に使えるというメリットがあります。
物を決まった場所にしまうなど、分かりやすく収納をするのもポイントです。シンプルライフを快適に過ごせるようになると嬉しいですよね。

50代がシンプルライフをはじめる際の注意点

シンプルライフはモノをどんどん捨てていけばそれで終わりというわけではありません。モノを捨てつつも自分の理想や基準を明確にしていきましょう。

50代でこれから先のことを想像するのは少し難しい面もありますが、楽しく快適な暮らしを目指して色々なモノに向き合ってみるのです。

50代がシンプルライフをはじめる際の注意点①家族のモノは勝手に捨てない

https://www.pakutaso.com/

言うまでもありませんが大原則になります。我が家は昨年末に長男が一人暮らしを始めました。部屋に残していったモノについて「こっちで処分しておくね。」と軽い気持ちで言ったら「えっ。取っといてよ!」と慌てて言われました。

私としては少々不満ですが仕方ありません。でも絶対にそのまま放置されるのが目に見えているので、家に戻った時は少しずついるのか、いらないのかを本人に確認しようと考えています。

50代がシンプルライフをはじめる際の注意点②自分の理想を求めすぎない

自分以外の家族が家にいる場合は、ある程度の妥協も考えておきましょう。同居する人にとって居心地の悪い家では本末転倒です。皆にとって快適な家を目指すのも理想の一つではないでしょうか。

この点ではおひとり様だと気兼ねなく思う存分出来ますので、心ゆくまで理想を追い求めながらやるのもいいですよね!

50代がシンプルライフをはじめる際の注意点③最低限の備蓄の用意は必要

シンプルライフはミニマリストと違って、極端にモノを減らすことにこだわってはいません。今回の新型コロナウイルスで教訓にされた方もいらっしゃるようですが、近年は自然災害も増えてくる傾向にあります。

それらに対応するためにもある程度の備蓄はあったことに越したことはありません。備蓄の置き場所をキチンと確保しておきましょう。これも家が散らからないようにするためには大切なポイントですよ。

50代がシンプルライフをはじめる際の注意点④一度に片付けようとしない

https://pixabay.com/ja/

一度にすべての物を片付けようとしてしまうと、どうしてもまとまった時間が必要となります。長時間の片付けに疲れてしまい途中で挫折してしまうことは避けたいものです。また、疲れてくると思考力も低下してしまい、必要か不要なのかの慎重な判断が難しくなってしまうことも考えられます。

片付ける場所や物を限定してから始めると良いでしょう。例えば、「本だけ」や「食器棚の中だけ」など、無理なく少しずつ始めるのがおすすめです。

50代がシンプルライフをはじめる際の注意点⑤シンプルライフに向いてない人も

物を捨てるのに罪悪感がある人や、部屋の片づけを面倒に思う人はシンプルライフに向いていないのかも知れません。

不要なものを手放すことにストレスを感じてしまっては、あなたにとって素敵なシンプルライフではなかったということでしょう。中には、物がたくさんある方が安心する人や落ち着く人もいます。人それぞれ快適だと思う価値観は違うもの。シンプルライフにこだわらず自分にとって快適に思うライフスタイルを見つけると良いかもしれませんね。

50代がシンプルライフをはじめる際の注意点⑥必要なものまで捨ててしまい後悔することも

家の不要なものを処分して片付けしていると、「不要なものだと思ったら必要だった」「あまり考えずに重要なものまで捨ててしまった」という人も少なくはないようです。やっぱり捨てなければ良かったと後悔してしまうことは避けたいですよね。

判断に迷った時や、重要なもの物を捨てる時は、「保留」という選択肢でしばらく残して置くのも失敗しない一つの方法です。日を置いてから考え直すことで、「やっぱり捨てなければ良かった」という失敗も軽減される事でしょう。

50代がシンプルライフをはじめる際の注意点⑦家族の同意が得られないことも

不要なものを断捨離してシンプルライフと送りたいと思っていても、家族がいる場合は、自分の物以外は、家族の同意を得る必要があります。

家族に同意を得られたらいいのですが、中には物がたくさんある方が安心するという人や、思い出の物や趣味の物を集めている人もいます。価値観が違うとシンプルライフを思うように送れないとストレスになってしまいます。

シンプルライフを送るためにストレスを溜めるのは本末転倒ですよね。完璧を求めず、家族と譲りあってルールを決めていくようにしましょう。シンプルライフは、あくまでも快適に過ごすためのものです。

スポンサーリンク

シンプルライフのはじめかたとは?

https://www.pakutaso.com/

ご自分に合ったやり方をいち早く見つけられればそれに越したことはありませんよね。私は10年程前に「こんまりさん」の片付け本を読んで挑戦してみる気持ちになりました。余りにも有名なので今更私が語る程のこともないのですが、結論として途中で挫折しました。

当時でさえ片付けってもの凄くパワーが必要なことにとても驚きましたし、処分するモノを置いておく場所がない……。いつでも自由に捨てられればいいのですが、そうはいきません。自分の部屋がゴミ置き場のようになっていくのが途中から苦しくなりました。挫折はしたものの、それでも家具などの大物の処分には成功しました。

スポンサーリンク

参考までに現在の私のやり方をご紹介

スポンサーリンク