スポンサーリンク

【50代からのシンプルライフ】不要なものを捨てて心も体もすっきり生きよう
スポンサーリンク
https://pixabay.com/ja/

必要でないものは手放す

始めは無理をせず不要だなと思った物や、壊れている物、長年使ってないものから処分をしていくと良いでしょう。

また、食品や化粧品は使用期限や賞味期限をチェックして期限切れを処分します。洋服や雑貨など捨てるのに抵抗のある人は、リサイクルショップを活用するのもおすすめです。

不要なものがなくなっただけでも、スッキリとしてきます。

減らさないものを決める

シンプルライフでは、断捨離やミニマリストと違って物が少ない方が良いという考え方ではありません。

50代になると子供の小さい頃の作品や、旅行先で購入したものなど、思い出があるものも多いことでしょう。自分にとって大切な物は減らさないと決めて、残しておくことで気持ちが豊かになります。

自分なりのルールを決めて、処分するものや、飾るものを厳選して、本当に必要なものがハッキリしてきます。本当に残したい思い出の物は、一つのケースに入れて分かりやすく置いておくと良いでしょう。

また、収納に困る大きな思い出ものなどは、写真に撮ってから処分する方法もおすすめです。写真で残っているので、後で眺められるので処分しやすくなります。

収納家具は最小限にする

収納家具を置いて収納スペースがあると物はその分増えてしまいます。物が多くて入りきれなくても、新たに収納家具を増やすのではなく、まず不要なものを処分することを考えましょう。

収納家具を増やさないことで、自分の持っている物を把握しやすくなり、部屋も片付けやすくなります。収納家具を減らすことができたら、その分部屋のスペースが広く使えるので、趣味など自分にとって必要なスペースになると良いですよね。

物の位置を決める

https://pixabay.com/

文房具や日用品など、とくに家族で使う物の定位置を決めましょう。物の位置を決めておくことで、どこに置いたのか探すことが少なくなり、シンプルライフを快適に過ごせるようになります。さらに、引き出しやケースにラベルを貼ったり、ケースを透明にするなど、分かりやすく工夫することで、家族に「どこに置いているの?」と、いちいち呼ばれないような仕組みが完成されます。

物の位置を決めて、整頓することで家族にとっても快適なシンプルライフを送れることでしょう。

新しいものを購入するときは何かを手放す

新しい物を購入するときは何かを手放しましょう。古い物や使わなくなったものなど何かを捨てないと、どんどん部屋の中が物で溢れてきてしまいます。セールなどで安いからと言って衝動買いをせずに、買う時には何かを手放すものを考えることがポイントです。

また、日用品や食料品の買い置きの量も収納スペースに置ける量を決めて購入することで、物が溢れることなくスッキリとした部屋が保てることでしょう。

自分のことを知る

シンプルライフを送るためには、自分のことを知るのは大切です。自分にとって必要なものや、どんなものに囲まれて暮らしていきたいのかを見つけることがポイント。シンプルライフとは、何でもかんでも捨てるのではなく、「自分にとって必要なもの」「自分にとって必要のないもの」を考えてみましょう。厳選されたものばかりで送る生活はより自分らしく居心地の良い空間となるはずです。

自分基準で心も体もスッキリさせていきましょう!

https://www.pakutaso.com/

今の50代は昔に比べたら若いと言われるかもしれません。

私は50代になる直前にずっとやってみたかったゴルフを始めたのですが、なかなかコースを回ることが出来ませんでした。最終的にはやはりコロナウイルスの影響が大きく、私はゴルフを諦めることにしました。そしてつい最近、ゴルフセットなどを買い取ってもらったのです。勿体ないと思われるでしょうが「この先やることはない」と決断したら、ただ場所を取るだけのモノでしかなく一刻も早く何とかしたいという気持ちでいっぱいでした。

50代頃からは人生の取捨選択に繋がってきます。新しく何かを始めるのには今後の自分の生活スタイルをよく見つめることが大事です。自分の基準となる何かが見つかれば「シンプルライフ」も案外早く手に入るかもしれません。

快適な暮らしで心も体もスッキリ軽やかに素敵な50代を過ごしていきましょう!

※最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事が面白かったと思われた方は、スポンサーサイトにも行ってみてくださいね♪
プラスクオリティーはスポンサー料で成り立っています。

スポンサーリンク