言いたいことがあるけど言えない…そんな時に役立つ【アサーション】とは?

人間関係において、言いたいことがあっても言えない時ってありませんか?特に言いたいことが、相手にとってネガティブなこと・注意するような内容の場合、言い方ひとつで相手の機嫌を損ねさせてしまうかもしれません。今回はそんな時に役立つ、相手を不快にさせずに言いたいことも伝えられる【会話力が上がるアサーション】についてご紹介します。

公開日:    最終更新日:

人間関係が崩れそうで言いたいことが言えない…

https://www.photo-ac.com/

仕事、友達、ご近所付き合い、普段私たちが生きていく中で、必ず付きまとう人間関係。

自分と気が合う人・価値観の合う人ばかりだったら苦労はないのですが、残念ながら、どうしても合わない人や、苦手な人はいるものです。

「言いたいことが言えるような関係性の人ばかりだったら、どれだけ楽だろう…」と、人との付き合い方に悩んだことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

https://www.pexels.com/

「もめるのは嫌だから、私がグッと我慢していたら済む話」「あの人はいつも不快にさせるから、少しずつフェイドアウトして距離を置こう…」なんて、言いたいことがあっても言えないという気持ち、とってもわかります。

しかし、いくら人間関係がギクシャクするのが嫌だからと言って、感情を抑えたり、接し方を工夫する努力をしたりしていても、あなたの中にはストレスが溜まっていく一方ではありませんか?

一歩間違えたら人間関係を悪くする言いたいこと

言いたいことが言えない理由はいくつかあります。

自分に自信がなくて言葉にするのが怖い。こういうことをされて(言われて)嫌な気持ちになっているけど、伝え方がわからない。相手にどう思われるか不安だから言えない…などなど。

言い方を一歩間違えるだけで、人間関係を壊しかねない言いたいこともあるものです。

特に人間関係を悪化させかねない言いたいことの詳細を、ここで少し確認してみましょう。

言いたいけど言えないこと①注意・指摘

https://www.photo-ac.com/

「それはよくないよ」「間違えてるよ」と、相手の言動に注意や指摘をすること。これは伝え方を間違えると、相手の気分を害してしまう可能性があります。

仕事上のミス、会話中での誤った内容・意見、偏見、思考など、相手のためを思っての指摘だったとしても、受け取り方次第では、傷つく人や不快に思う人もいることでしょう。

そうなるとその方との関係も悪化してしまうかもしれません。

言いたいけど言えないこと②苦情・依頼

https://www.photo-ac.com/

簡単なたとえでいうと、ご近所トラブル。騒音や自治体のルールに従わないなど、周りに迷惑をかけている人に対する言いたいこと、苦情やお願い・依頼ですね。ストレートに「迷惑です!」なんて言えないもの。

もしくは、ご近所以外でも、「あなたにこうしてもらいたい」という依頼を伝えるのが苦手な方も、多いかもしれませんね。双方の❝常識❞や❝普通❞の感覚の歩み寄りが必要なので、伝え方次第では不仲になる危険性もあります。

言いたいけど言えないこと③断る・拒否

関連記事