ポジティブの押し売りにうんざりする人急増中!ネガティブがそんなに悪いの!?

良かれと思って、ポジティブなことを言う人はたくさんいます。しかしポジティブな言葉も、響くときと響かないときがあるのです。不要なまでにポジティブなことを言うのは、もはや押し売りだと思いませんか?

公開日:    最終更新日:

ポジティブが押し売りされる理由

そもそもポジティブとは?

https://pixabay.com/

ポジティブはポジティブ・シンキングの略です。「前向きに楽観的でいればうまくいく」というような考え方で、対義語はネガティブ。19世紀半ばのアメリカではじまった、比較的新しい思考です。

ポジティブ・シンキングは、ビジネス書や自己啓発セミナーでよく見受けられる考え方です。良い結果を出すには、まずポジティブでいることが推奨されます。何事にもポジティブがスタンダードとされています。

押し売りの理由

https://www.pexels.com/

いつでもどこでも「元気を出そう」などと言う人は、ネガティブな人間からうんざりされています。どうしていつでもポジティブを周りに押しつけてくるのでしょうか?

理由は簡単です。たいていは良かれと思って、ポジティブをすすめているのです。

ポジティブであればいい結果が生まれると信じているから、落ち込んでいる人間や怒っている人間にも、ポジティブを押し売りしてきます。ネガティブな人間としても気持ちは嬉しいのですが、無下にできない分、よけいにイラっとくるようです。ありがた迷惑というやつですね。

そしてひねくれたことを言えば、ただ自分が優越感に浸りたいから、ポジティブを押し売りする人もいます。「ポジティブにいこう」と言いながら、うまくいかない人間を見下しているケースもあるのです。

ここがイヤ!ポジティブの押し売り

ポジティブの押し売り①もっと明るく

https://www.pexels.com/

「『もっと明るくいこうよ』と言ってくる上司がイヤ。人格否定をされているようで」(28歳・経理)

「落ち込んでいるときに『暗いぞ!』と言われると、イラっとくる。暗い人の話も聞いてよー!」(22歳・販売)

「明るく」と、性格に関わるものを強要されると辛いです。そして感情は自然と沸いてくるものなので、つねに明るくいようすれば、暗い感情にふたをすることになります。

辛いときはただ話を聞くか、なにも言わず静かに見守ってほしいもの。早々にポジティブなことを言われると、話を切りあげられたようで、がっかりしてしまいます。

ポジティブの押し売り②楽しくやろうよ

関連記事