思春期の子供が納得する叱り方と逆効果な叱り方

勉強のこと、生活態度のことなど、子供のためを思って叱るのに、反発を招いてばかり。どこの家庭でも、よくあることではないでしょうか。どんな叱り方をすれば、親の思いが、思春期の子供の心に届くのか、考えていきたいと思います。

公開日:    最終更新日:

思春期の子供に上手な叱り方ができていますか?

https://www.pakutaso.com/

あなたは普段、どんなことで子供を叱りますか?

学校の成績が悪かったり、テスト前なのに遊びに出かけたり、スマホやゲームに夢中になりすぎていたり。あげていけば、きりがないですね。

例えば、テスト前なのに、ソファに寝転がってスマホを長時間いじっている子供に対して、

「スマホばっかりいじってないで、勉強しなさいよ!」

「今度、成績悪かったら、塾に行かせるからね!」

と言うと、

「うるさい!」

「ほっといてくれ!」

とキレられたり、

「うざいなぁ」

と言って、自分の部屋に帰るでしょうが、勉強を始めることはないかもしれません。

また、逆に部屋に閉じこもられても、いったい何をしているのかが気になります。ちゃんと勉強をしているのか。また散らかっている部屋をちゃんと整理整頓しているのかなど、確かめたくなります。

「スマホばっかりしてない?」

「ちゃんと宿題してるの?」

「部屋、片付けてよね!」

と、声を掛けると、

「入ってくるな!!」

「用事ないから、来ないで!」

ママ、ママと言ってくれていたころには、想像もできなかったような言葉を返してきます。

部屋に入ろうとしようものなら、ドアが開かないように、物を置かれていたり。

「ちっとも、聞いてくれないんだから!」と捨てぜりふを残して、部屋の前を立ち去った経験、ありませんか。

思春期の子供にどう接したらいいのか、本当に悩みます。

https://www.pakutaso.com/

さらに、思春期ともなれば、休日は友達と出かけることも多くなるでしょう。楽しくて、帰りが遅くなり、門限を破ることもでてきます。

やっと帰ってきた子供に対して

「早く帰ってこないとダメでしょ!」

「いったいどんな友達と遊んでいるの!」

子供が帰ってきた途端、きつい言葉が口から出てしまいます。

しかし、子供から返ってくる言葉は、

「うるさいなぁ」

「ほっといて」

無視されることもあります。

思春期の子供は、親に干渉されたくないオーラ、全開です。

中高生といえども、思考が未熟で、間違うことも多い。だから、親の言うことを聞いてほしいと思っているのに、どうすれば子供に分かってもらえるのだろうか。

思春期の子供でも、納得してくれるような、上手な叱り方がないだろうか、と感じる親も多いでしょう。

思春期の子供に逆効果な叱り方って?

実は、上記で例にあげた親の言葉はすべて、思春期の子供の反発を招くだけの、NGワードなのです。このような言葉を子供にかけ続けていたら、親をますます疎ましく思うような、逆効果な叱り方なのです。

解説していきます。

勉強しない子供に対して逆効果な叱り方

関連記事