「頑張らなくていい」消耗する自分を上手に解放する5つのヒント

頑張っているのに結果がでない、もっと頑張らなくちゃと思っているあなた。頑張りすぎて心も体も悲鳴を上げていませんか。困難な時期を乗り越えるには「頑張らなくていい」と自分に言える勇気も必要です。意外と非効率な頑張りすぎの弊害や、消耗しすぎる自分を上手に解放するヒントをご紹介します。

公開日:    最終更新日:

頑張らなくていいのに、頑張りすぎていませんか?

https://unsplash.com/

仕事、人間関係、恋愛、家族。毎日を一所懸命に頑張っている人は多いものです。

何事にも真面目に取り組んで、結果を残している人もいるでしょう。

目標に向かって頑張るのは、決して悪いことではありません。ひとつのことに集中して頑張るのは、その人の長所なのです。

しかし、頑張りすぎると「頑張らなくていいのに、つい頑張ってしまう」といった状態になってしまいがちです。「そんなに無理しなくていいよ」と言われても、「まだまだ全然ダメだ。もっと頑張らなくちゃ」と一心不乱に頑張る姿は鬼気迫るものがあり、せっかく心配して声をかけた人も、思わず引いてしまうでしょう。

寝食を忘れるほど仕事を頑張りすぎて、メンタルを病んでしまう人だってとても多いものです。行き着く先が「うつ病」や「過労死」なんて悲しすぎます。頑張るのは悪くないけれど、頑張りすぎるのが危険です。

頑張らなくてもいい。頑張りすぎるデメリットはあまりにも大きい

あなたが「頑張屋さん」なら、頑張りすぎるデメリットについて知っておきましょう。これらのデメリットに心当たりがあれば、あなたは「頑張りすぎ」の領域に踏み込んでいるのかもしれません。

①頑張らなくていいのに頑張る人は自分の消耗に気づけない

https://unsplash.com/

頑張りすぎる人、完璧主義。最後までやりとげる、つい頑張りすぎてしまいます。まだ頑張ると思う時点ですでにオーバーワークしていることが少なくありません。

たとえば同じ作業でも、普通の人は「ここまでやって無理なら諦めてまた明日に。しかし、頑張りすぎる人は、いきなり100を目指すので、頑張り続けてしまうのです。

頑張る、無理をする、我慢する、耐えるといった区別がつかないのも原因のひとつになるのでは。もう頑張ないと自分が悲鳴をあげているのを無視して頑張りすぎると、あなたの頑張は成果を生むどころか、クオリティやパフォーマンスの質が落ちてしまうこともあるでしょう。消耗しすぎて、いつもは気づけるミスに気づかないこともあるのです。

頑張りすぎて空回り。できない自分に焦りや怒りが湧いて、自分に対する自己嫌悪でいっぱいに

頑張らない人の方が、かえって良い結果を生んでいるのを目の当たりにすると、自分ばかりがなぜ?と自己嫌悪に。

②頑張らなくていいのに頑張る人はできない自分を認めたくない

https://unsplash.com/

何かを極めようと日々努力をして目標に向かって頑張っている人もいるでしょう。

それはとてもすばらしいこと。でも、人間の体にはバイオリズムがある、

日々環境の変化や体調の変化はあるのです。長時間集中できる日もあれば、気が散って頑張ないことだってあるはずです。しかしそれでも頑張りすぎる人の心の奥には、「頑張っている自分を誰かに認めてもらいたい」気持ちが隠れていることが少なくありません。

幼い頃から父親や母親に「頑張って勉強して100点を取りなさい」「頑張っていい会社に就職しなさい」などと言われながら育ってきた人は、親から「頑張らないあなたには価値がない」とネガティブな刷り込みをされていることも多いものです。「もう疲れた」「もう頑張ない」と心が悲鳴をあげているにも関わらず頑張ってしまうなら、あなたは精神的にも体力的にも消耗して、追い込まれています。

③頑張らなくていいのに頑張る人は他人を傷つけてしまうことも

関連記事