男女が会話に求めるもの『話したい女性が求める共感』と『解決したい男性の心理』

女性が話を聞いてほしい時の心理って?

ガールズトークや女子会なんて言葉が流行りましたが、女性ってとにかくお話が大好き♪

仲の良い友達だったり、信頼できる友達といる時は、時間を忘れるほど話しちゃって、気づけばかなりの時間が経っていた!なんて経験がある女性も多いのではないでしょうか?

おしゃれの話、時にはゴシップネタなど他愛のない話はもちろん、愚痴やちょっとした相談なんかも話してスッキリできる時が女性にはありますよね。

https://www.pexels.com/ja-jp/

話が盛り上がる理由は、ずばり、❝共感❞を得られているから!話が楽しくできる相手は、気が合う相手ですよね?

つまり、それって、自分の話に共感をしてくれるポイントが多いから。

たとえば、仕事の愚痴を話した時、「えー!それかなり大変だね!」なんて共感の返事を相手がしてくれたら、きっと心理的な安心を得られますよね。否定的な意見や解決策ではなく、共感してもらえることが一番嬉しいんです♪

女性は男性に共感を求めてる?

女性同士だと、自然とできてしまう共感しながらの会話。では、男性と話す時はどうでしょう?

ケースバイケースだったり、個人差もありますが、基本的には女性はやはり会話において、相手が男性の場合でも、心理的には共感や安心感や、ストレス発散や満足感を求めています。

特に仲の良い男性(友達)、彼や夫相手となればなおさら、自分の話に共感して欲しいのが本音じゃないでしょうか?

女性は心のつながりを感じたい!

https://pixabay.com/ja/

特に近い男性については、自分の話をただ聞いて心に寄り添ってもらいたいものです。

女性が男性に愚痴や悩みを話す時、心理としては「そっかぁ、大変だったね」「大丈夫なの?」なんて言葉を期待しています。共感してもらえることで、認めてもらえている心理的な喜びもあり、聞いてくれる男性との心のつながりも感じるのです。

聞き上手な男がモテるのは、こういった女性の心理を知っているからかもしれませんね!

女性が会話に求める共感とは?

https://www.pexels.com/ja-jp/

女性が会話の中で求めている共感とは、「そうなんだ」「大変だったんだね」「大丈夫なの?」「よく頑張ったんだね」「つらかったねぇ」といった、自分の話をわかってくれている・心を理解してくれている言葉です。

男性からしたら、何の解決にもならなくない?傷のなめ合い?と思われてしまうかもしれませんが、ただ話して共感してもらえるのが一番嬉しいこと!そんな相手となら、気持ちよくてついつい話し込んでしまうものです。

女性が会話中に男性に求めていないこととは?

https://www.pexels.com/ja-jp/

気持ちよく話させてくれない男性には、イライラが募ってしまいませんか?

女性が男性との会話で一番不機嫌になること、それは求めていないお説教やトンチンカンな質問、話を最後まで聞いてくれないことです。

相談ということではなく、ちょっとした愚痴といった感じで、不満をスッキリさせたくて話しただけなのに、理屈を語られたり、解決策を提案されたりすると、「この人に話すんじゃなかった」と思ってしまうことも…。

女性の話を聞いている男性の心理とは?

男性にとって、会話の目的や聞き方・話す内容というのは女性の会話の楽しみ方とは少し異なります。

もちろん、女性の会話に上手についていける男性もいますが、女性の好む会話内容が苦手な男性が多いものです。

では、男性は女性の話を聞いている時、どんな心理状況なのでしょう?女性と異なる心理なので、男性との会話でイラッとしたことのある方は、知っておいた方がよいことがあるかもしれませんよ!

タイトルとURLをコピーしました