夫の「うつ」を理由に離婚はできる?慰謝料は貰える?注意点とは

夫がうつになった…離婚はできる?

夫がうつ病になってしまうと、生活環境が変わってしまうのはもちろん、夫婦関係、親子関係などにも影響を及ぼします。

夫が働けなくなることで、収入が減る。家族のコミュニケーションがうまく行かない。以前と違う父親の姿に、子供が戸惑うなどです。

生活に大きな支障が出てくると、離婚を考えたくなることもあるでしょう。

ただ、夫はうつ病。離婚することで、病気の夫を、見捨てるように感じられ、道義的な責任を感じるかもしれません。

一人で悩んでも、解決方法は、なかなか見つからないかもしれません。

両親や親族に相談するのはもちろん、行政機関の法律相談をはじめ、弁護士などの専門家に相談することも、必要かもしれません。インターネットで気軽に相談できるサイトもありますので、活用してみて下さい。

法テラス
https://www.houterasu.or.jp/madoguchi_info/faq/faq_2/index.html

東京弁護士会
https://www.toben.or.jp/

弁護士ドットコム
https://www.bengo4.com/

夫の「うつ」が理由で離婚する方法

うつ病の夫との離婚。夫に正しい判断が出来るかどうかも分からないという、難しい問題です。

では、そもそも、夫の「うつ」が理由で離婚できるのでしょうか。

専門家の知識をもとにご紹介していきます。

協議離婚は難しいかもしれない

民法第770条に、離婚できる条件が挙げられています。その中の四に、「配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき」に、今回の離婚が該当することになるでしょう。

また、民法第752条には、「夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない」と記されています。

夫のうつ病が原因で、婚姻生活が成り立たないという理由で、妻から離婚を切り出すことはできます。

ただし、夫はうつ病。

健康な夫婦であっても、離婚交渉は、神経をすり減らすような作業です。強度のうつ病の夫が、離婚に必要な財産分与、親権、養育費などの大切な問題に対して、正しい判断ができるでしょうか。

うつ病は、人により、症状がさまざまなので、協議離婚が全く難しいとは言えませんが、専門家への相談が離婚への近道と言えるでしょう。

(参考)
福岡の弁護士による離婚相談 うつ病の相手と離婚できる?【弁護士が事例で徹底解説】

夫の同意が得られるか

https://www.pakutaso.com/

うつ病の夫が離婚に同意するのか。夫が離婚を望んでいる場合を除き、難しい問題ではないでしょうか。

夫にも離婚の意思があるのならば、離婚届を役所に提出しさえすれば、協議離婚できることになりますが、もし夫が離婚を拒否しているのであれば、離婚調停となり、解決までに、時間がかかることになります。

その間にも、夫は離婚のショックで、症状が悪化することも十分考えられます。

夫が離婚を拒否している場合には、過度な精神的ストレスを与えないように、離婚相談を一時棚上げする、別居を検討するなどの配慮が必要かもしれません。

離婚後の夫の暮らしを考えなくてはならない

https://www.pakutaso.com/

妻は、離婚したあとの夫の生活についても、考えなくてはいけないでしょう。夫が、実家に戻り、両親が看病や世話をするならば、収入源、身の回りの世話など、夫をサポートできる体制が整わなければ、離婚は難しい、と言われています。

夫は、病気を患っており、一般的な離婚とは、事情が違います。

まずは、近くの弁護士会、行政機関などの相談会を利用されることをおすすめします。

「うつ」以外の理由も用意しておく

https://www.pakutaso.com/

「うつ」だけが理由で離婚ができなくても、民法第770条1項五号「その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき」と理由に離婚が成り立つ可能性があります。

その場合、離婚したほうがいい、と判断されるような証拠が必要となります。

うつになってから、夫の回復を願い、献身的に協力してきたのに、夫が回復のための治療に真面目に取り組まない。妻に暴言や暴力を加える。子供に悪影響が出てきたなど、夫のうつ病が原因で起きたことを、書き記しておきましょう。

また、うつ病になるまえに、浮気、不倫をしていた、DVを受けていた、または、すでに夫婦生活が破綻していたというようなことが証明できるものがあれば、証拠として集めておく必要があります。

妻がしっかり看病をしたかも問われる

https://www.pakutaso.com/

うつ病を患っている夫を、看病せずに離婚の話を進めるのは、人としてどうなのか、を考えなくてはいけません。たとえ、離婚したい相手だとしても、婚姻状態である以上、治療へ協力する必要がありますし、調停に至った場合、妻が十分に夫のケアをしてきたか、も問われます。

自分がどんな看病をしてきたのか、記録をつけることが大切です。

妻が献身的に看病したにもかかわらず、うつ病が改善されないどころか、家庭生活や子供に悪い影響がある、と判断されれば、協議離婚できる確率が高くなりますし、調停となっても、有利になります。

夫が「うつ」が理由の場合、慰謝料は貰える?

https://www.pakutaso.com/

まずは、一般的な離婚の場合、慰謝料はどのような時に支払われるのか、確認しておきます。

慰謝料は、離婚の原因を作った方が支払うとされています。浮気、不倫、または暴力などです。精神的及び身体的苦痛に対して償うお金、と言えます。

今回、夫はなりたくて、病気になったわけではないので、夫に原因がある、とは言えません。

離婚を検討している最中も、病気であること、まともに働けないことを考えると、慰謝料を請求することは難しいと、考えられています。

ただし、慰謝料請求できたという、例外も多くあります。うつ病の夫から、暴言暴力を払われるようなケースでは、慰謝料請求が認められることもあるようです。

ただ、素人判断は、できませんので、弁護士などの専門家に相談する必要があるでしょう。

(参考)離婚弁護士相談広場
https://www.riconhiroba.com/think/divorce-due-to-depression.html

夫が「うつ」を理由に離婚する際の注意点

うつ病にもいろいろな症状があり、気分が落ち込んだり、何かをする意欲が湧かなかったり、正常な判断力がなくなったり、人により、さまざまです。離婚などの、難しい問題を考える力がなくなっていることも、考えられます。

うつ病の夫との離婚を検討する際に、特に必要な注意点を紹介します。

成年後見人制度を利用する

https://www.pakutaso.com/

うつ病の夫は、精神障害であり、判断能力が衰えています。そのため、夫の代わりに、さまざまな難しい問題を引き受けてくれるのが、成年後見人です。一般的には、親族が選ばれるようですが、夫が成年後見人を探し出せないときは、配偶者が家庭裁判所に申し出ることができます。

正常な判断ができないと、離婚にかける時間も労力も、想像以上にかかることになります。

成年後見人の制度を利用することで、正確な交渉ができることになります。

(参考)ベリーベスト法律事務所 高崎オフィス
https://takasaki.vbest.jp/columns/divorce/g_divorce/2960/

調停や裁判も視野に入れて

https://www.pakutaso.com/

日本の離婚は、9割が協議離婚である、と言われています。ただ、うつ病である夫との話し合いは、難航することが予想され、協議離婚は難しい可能性もあります。

協議離婚の合意ができなくても、妻の離婚の意思が揺らがなければ、次は、家庭裁判所へ調停離婚を申し立てることになります。

☆具体的な流れを紹介します。

<夫婦関係調整調停申立書、戸籍謄本などの必要書類を家庭裁判所へ提出>

<月に一度、1~3時間程度の家庭裁判所の調停に通う>

<調停員2名とともに、一人ずつ、離婚条件などを話し合う>

↓(約数ヶ月~1年を経て)

<調停が成立、または、交渉決裂で裁判へと進む>

調停になれば、結果が出るまでに、時間がかかります。

その間、夫と同居となると、精神的に疲労することも考えられます。

夫の看病も必要であり、妻には体力とともに、相当の気力が求められます。

(参考)裁判所
https://www.courts.go.jp/saiban/syurui/syurui_kazi/kazi_07_01/index.html

離婚をいったん棚上げする覚悟も必要

https://www.pakutaso.com/

うつ病は、人により回復の道のりはさまざまであり、いったん回復したとしても、再発することもあります。

夫のうつ病の病状次第では、さらなる悪化を防ぐために、離婚の話はいったん棚上げし、夫に実家に帰ってもらう、もしくは妻が実家に戻るなど、距離をおくことも必要になるかもしれません。

また、うつ病の治療は外来で、自宅で安静に過ごすことが基本とされていますが、家族仲が悪く、自宅で安静に過ごすことができない場合は、入院できる可能性があります。主治医と相談し、夫と距離を取ることで、離婚の話をするベストな時期を探ることもできます。

夫を、離婚の話で追い詰めない配慮が妻に求められます。

(参考)せせらぎメンタルクリック 精神科・心療内科

うつ病で入院を考えるべきなのはどんな時?【医師が教えるうつ病のすべて】
うつ病は、クリニックなど外来通院で治療していくことが多いのですが、時には入院加療が必要になる事もあります。 精神科の疾患の入院適応というのは他の病気の入院適応と少し異なるところがあります。身体疾患の場合、「入院する=重症」ですが、精神科の場合は必ずしもそうとは限りません。精神疾患は重症度と入院は必ずしも一致せず、軽症で...

悩みを一人で抱え込まないように!

https://www.pakutaso.com/

夫がうつ病である状態での離婚は、一般的な離婚と比べて、相当難しいことが分かりました。

妻は、離婚の関しての知識が必要であるのと同時に、うつ病に関する知識も必要であり、しかも、夫が、いつ回復するのかも分からない。何重もの苦悩におそわれるかもしれません。

妻が、一人で苦しまないようにすることが大切です。

両親や親族にしっかり相談するのはもちろんのこと、夫の主治医に、離婚が夫の症状に与える影響を相談してみたり、弁護士会の相談を利用してみるなど、周りを頼りましょう。

またインターネットでも相談することができます。ぜひ利用してみましょう。

うつ病の夫との離婚交渉は、スムーズに行かないことが普通だと考え、妻も精神的なストレスを抱え込まないようにしなければいけません。

長い道のりになるかもしれませんが、周りの力を借りながら、希望通りの人生が送れるように、離婚交渉を進めていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました