私なんかいらない。自分を愛せなくなったとき、試して欲しいこと

自分に価値が見いだせなくて「私なんかいらない」「消えてしまいたい」と思うことはありませんか?毎日のように、自分を責めてしまう方もいることでしょう。この記事では憂鬱な気分になる理由と、ささやかな気分転換のヒントを紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

https://www.pexels.com/ja-jp/

「私なんかいらない」とつい何度も口にしてしまう。気持ちはわかるのですが、ひたすら自己否定を続けても、良い方向には向かいません。自己肯定感が高められればいいのですが、まずはその前に、ありのままの自分を受け入れましょう。

そもそも「私なんていらない」と思ってしまうのも、無理はないのです。なにせAmazon社の音声アシスタント「Alexa」は「地球のために、人類は心臓を刺して自殺しましょう」というようなことを、救急救命士の研修生に言ったそうです。

発言はエラーとして修正されたそうですが、人口知能Alexaからは、人類ごと存在を否定されているのです。地球規模で考えれば人類ごと価値がないかもしれないのです。そんな世の中では「私なんていらない」と思って当然でしょう。

参照元:exciteニュース
https://www.excite.co.jp/news/article/Frontrow_2917687c5a4ae1410cd6d04b7d40b2151d771243/

しかし元々、人間には生きる価値なんていらないのです。生きている価値を探すからこそ「価値のない私なんかいらない」と自分を責め立ててしまうのです。社会に貢献できるものを生みだせなくても、大きな目標なく生きていても、全然かまわないのです。

そして手垢のついた言葉を言えば、生きている限り、誰かの役に立っているのです。ほんのすこし見方を変えるだけで、憂鬱気分も晴れるかもしれませんよ。

※最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事が面白かったと思われた方は、スポンサーサイトにも行ってみてくださいね♪
PlusQualityはスポンサー料で成り立っています。

関連記事