小鼻周りの黒ずみの原因は酸化した角栓!正しいケアと予防で美肌に

小鼻周りの黒ずみの正体は酸化した角栓

角栓はお肌にとって不要なものではなく、毛穴に角栓があることで水分の蒸発を防ぎ、外部からの刺激や雑菌などが体の中に侵入するのを防いでくれる必要なものなのです。

正常な肌であれば、ターンオーバー(肌の生まれ変わるサイクル)によって、余分な皮脂や角質は垢となり排出されるため、角栓は目立たないのですが、様々な原因でターンオーバーが乱れてしまうと、余分な皮脂や角質がうまく排出されず、毛穴の中で滞ってしまい目立つ角栓になってしまいます。さらに空気や紫外線にあたることで酸化されて「黒ずみ」の原因に。

特に小鼻周りは顔のなかで皮脂の分泌が多く、汚れや角質が溜りやすいので角栓が詰まりやすいのです。

角栓は、日々の予防でターンオーバー(肌の生まれ変わるサイクル)を正常に保つことが重要です。

正しい角栓ケアと予防を心がけて、黒ずみのない美肌を目指しましょう。以下からは複数の要因と対策方法を記載していますので、当てはまる方は是非参考にして、改善する努力に努めてくださいね◎

角栓を詰まらせる原因とは?

そもそも、小鼻周りは皮脂の分泌が多いことから、角栓ができやすいのですが。そこから鼻の毛穴トラブル(黒ずみ・開き・角栓)が起こります。

では、なぜ角栓を詰まらせてしまうのでしょうか?

単なる加齢による新陳代謝の崩れとして片付けられてしまいがちですが、新陳代謝と一言で言っても、生活習慣・ストレス・女性ホルモンのバランスなども関係しています。もちろん原因はそれだけではなく他にも考えられ、様々な要素が挙げられています。

皆さんは今の毛穴ケア方法で、効果が出ていますか?

間違ったケアをしていると、肌トラブルにもなりかねません。鼻の毛穴でお悩みの方々のために、様々な視点から原因を徹底解説していきますので、詳しく見ていきましょう。鼻の毛穴が黒ずむ原因を知り、そのうえで正しいケアの仕方を覚えることも必要です。

原因から判明する、してはいけないNGケアや注意点と、効果的な改善方法も併せてお届けいたします。

メイクや皮脂などの汚れが落とせてない

https://unsplash.com/

毛穴の中に、化粧品がきちんと除去されずに、つまっている可能性があります。メイクや皮脂などの汚れが落としきれずに肌に蓄積されることで角栓の詰まりの原因になります。特に小鼻周りは皮脂分泌の多く、洗いにくい形状なため、汚れが落としきれてないことも。ニキビや黒ずみの原因にもなるのでしっかりと汚れを落とすことが大切です。

ただでさえ皮脂分泌が多いと言われている鼻周辺は、注意が必要という点も納得できるかと思います。事実、毛穴の中では古い角質と皮脂が混ざり合い、それが角栓となります。この角栓が毛穴に詰まってしまうと、“詰まり毛穴”の状態になるのです。

毎日の洗顔で、しっかり落とせているなら毛穴が詰まっていても、さほど問題にはなりません。ところが、この洗顔を怠っていると後々、とんでもない事態に陥ります。角栓の表面が酸化し始め、だんだんと黒ずんでしまい、その結果として落ちにくくなっていくのです。

毛穴を目立たなくさせるためにも、毎日帰宅後にすぐ洗顔をして毛穴汚れを落とすことが絶対条件です。一度で全部落ちなかったとしても、帰宅直後の洗顔を習慣にすることで、その汚れも最小限に抑えることができます。かと言って、効果の無い(もしくは自分の肌に合わない)洗顔料を毎日使っていても無意味に等しいので、なるべく自分に合う洗顔料を使用してくださいね。

洗いすぎによる乾燥

毛穴の目立つ度合いはズバリ、皮脂の分泌量の差によって決まります。

しかし角栓が気になるからといって、洗浄力の高い洗顔やクレンジングで洗いすぎると、必要な皮脂まで落としてしまい肌を乾燥させる原因になります。さらにお肌が乾燥していると肌は失った皮脂を補うために、過剰に皮脂分泌を起こし、さらに角栓を詰まらせることに繋がってしまいます。

勘違いされている方もいらっしゃいますが、乾燥=皮脂は無関係、ではありません。毛穴は乾燥していればいるほど、干からびて見えるから余計に目立つので、ご注意ください。

また、洗いすぎによる刺激でさらに毛穴が開いてしまい、汚れが溜りやすくなるのです。お手入れを頑張るのは良いのですが、しすぎると今度は毛穴の出口の摩擦により、メラニン沈着して黒ずみ化が進んでしまいます。何事も“やりすぎケア”はNGです。毛穴の黒ずみも開きも悪化させてしまうだけなので、ほどほどにしましょう。

※既に乾燥肌である場合は、皮脂を吸着してしまうクレイパックは使用しないようにしてください。

ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーとは、肌の細胞が生まれ変わるサイクルのことです。正常な肌は、新しい肌の細胞が作られて、古い細胞は垢となって排出されます。つまり通常はメラニン色素が生成されたとしても、肌のターンオーバーによりそれは排出されていきます。ですが、ターンオーバーという肝心のシステムが乱れることで、肌内部の古い角質が蓄積され、結果としてメラニン色素は排出されずに角栓を詰まらせる原因になってしまいます。

ターンオーバーが乱れるのは、様々な要因が挙げられていますが、まずは角質の原因をきちんと落とすことが大事です。

古い角質には多分の“たんぱく質”が含まれています。それを柔軟に落としてくれる洗顔料を使用することを推奨します。

また、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減少されることで、皮脂の分泌量が増加する傾向にあることもわかっています。女性ホルモンは年齢とともに激減していくため、お肌のターンオーバーも追いつかなくなっていくのです。

間違った角栓ケア

https://unsplash.com/

肌に刺激となる角栓ケアは、毛穴がさらに開いて汚れが溜りやすくなります。そのケアを繰り返すことで肌は刺激を守ろうと角質を厚くさせてしまい、角栓が詰まりやすくなるのです。

角栓が気になり、ついやってしまいがちな、「剥がすタイプの毛穴パック」「スクラブ洗顔」「洗顔ブラシ」「毛穴を引き締めるための冷水洗顔」「毛抜きでの角栓抜き取り」は肌に強い刺激を与えてしまいます。

また、「長時間クレンジング」「ポロポロ系の角質取り洗顔」「皮脂対策用のサッパリ系スキンケア」「毛穴汚れを残さないオイルクレンジング」もNGケア方法です。

おそらく多くの女性が、上記いずれかのケアの経験がありかと存じます。角栓は刺激を与えないように優しいケアが大切です。ケアのやりすぎこそが、小鼻周りの毛穴トラブルを引き起こしています。今のケア方法が合っていないと感じたら、その毛穴ケアは今すぐやめるべきです。

毛穴パックや洗顔ブラシをするよりも、エラスチンやコラーゲンを与えた方が、お肌の密度向上に役立ちます。エラスチンとはタンパク質の一種で、コラーゲン同士を結び付ける重大な役割を果たしている、美容に関して大変貴重な成分です。小鼻周りに何か特別なケアをする場合は、成分にも気を配りましょう。良い成分を与え続ければ、重力に負けることなく“たるみ毛穴”も免れます。続けていくことで、お肌にハリと弾力も戻ってきますよ◎

小鼻周りの黒ずみには正しい角栓ケアを

クレンジングと洗顔をしっかりとする

小鼻周りは皮脂の分泌が多く、小鼻から出た皮脂で古い角質が溜りやすい上に、メイク汚れなどの油性成分が混ざり合うと、さらに角栓を詰まらせる原因に。

角栓を詰まらせないようにメイク汚れをクレンジングと洗顔でしっかりと落とすことが大切。摩擦で刺激を与えないように優しく汚れを落としましょう。

また、気になる角栓を定期的にケアするには、パウダータイプの酵素洗顔がおすすめです。角栓はたんぱく質と皮脂でできており、それを分解する酵素洗顔を使用することで、古い角質や余分な皮脂汚れを取り除いてくれます。毛穴のごわつきや詰まりにお悩みの方には、もってこいな洗顔方法です。

ですが、酵素洗顔はやりすぎてしまうと必要以上に皮脂や角質を分解され、肌に刺激となります。酵素洗顔は1週間に1回程度にして、特に敏感肌や乾燥肌の人は、様子を見ながら使用しましょう。

日焼け止めで紫外線予防を

肌は紫外線の刺激から守るために角質を厚くすることで、ダメージを防ごうとします。紫外線を多く浴びてしまった肌は、角質を厚くする防衛反応が強く働くうえ、乾燥しやすくなるため、ターンオーバーが乱れやすくなりなります。結果、古くなった角質が肌に溜ってしまう原因となり角栓を詰まらせてしまうのです。その関係で、紫外線によるダメージで出来上がった黒ずみ、というものがあります。

また、紫外線からのメラニンや角栓を、無理に除去しようとすると黒ずみ化してしまうケースもあります。この場合は炎症を起こし、色素沈着してしまい、ひどいときは毛穴の縁が黒くなる事もあるので注意が必要です。

さらに、詰まった角栓は紫外線によって酸化されることで「小鼻周りの黒ずみ」になってしまいます。すでに酸化している皮脂に関しても同様で、そこでさらなる紫外線を浴びると、刺激を受けてメラニンが増加する場合もあります。

古い角質を取り除いてくれる角栓ケアも大切ですが、日焼け止めをしっかり塗って紫外線予防が重要です。
また、紫外線を浴びたダメージ肌には保湿でケアも忘れずに行いましょう。

しっかりと保湿をする

乾燥した肌は、うるおいを補うために皮脂を過剰に分泌させてしまいます。

皮脂が過剰に分泌されると、毛穴周辺の古い角質がメイク汚れなどと混ざり合い角栓を詰まらせる原因になります。

乾燥した肌は十分に保湿をすることで、皮脂の過剰分泌を防いで角栓の詰まりを予防できます。

できてしまった小鼻周りの黒ずみには酵素洗顔やピーリングも効果的ですが、そのような角質ケアをした後は乾燥してしまいがちに。角質ケアのあとの保湿もしっかりと行いましょう。クレンジング洗顔料には、保湿力が優れた商品も存在します。脂肪酸が豊富に含まれたものを選ぶのがオススメです。お肌が弱い方もそうでない方も、肌トラブルを極力避けるために、自然由来成分が配合されたものを使用するのがベストですよ◎

スキンケアは、ただ行えば良いというわけではありません。品質の良い化粧水や美容液を使っても、ピーリングなどの特別ケアをしたとしても、保湿をしてお肌に留まらせておかないと無意味になります。お肌の潤いを守る事も考えましょう。

角栓の詰まりや小鼻周りの黒ずみには予防が大切

食生活を見直そう

現在の食生活で、高糖質・高脂質なものばかりを食べていませんか?食事による皮脂への影響は、皆さんが思っている以上に、意外と大きいものです。

いくら角栓ケアをして取り除いたとしても、食生活で皮脂の分泌を促すようなものを食べていると、角栓を詰まらせる原因になってしまいます。次第に皮脂の性状自体は変化していき、毛穴の中に皮脂成分として残留してしまうのです。

例えば、スナック菓子や揚げ物など皮脂の多い食べ物や、チョコレートやクッキーといった糖分の多い食べ物も皮脂の分泌を促すので食べ過ぎには注意が必要です。これらを食べてばかりいると、どんなに良いスキンケアをしていたとしても、毛穴の皮脂は分泌量を増していく一方です。その状態でケアを頑張っても、結果的に無意味に終わる可能性が高いということになります。

角栓の予防には、皮脂分泌を抑えてくれるビタミンC、ビタミンB2、ビタミン6の摂取が大切です。

ビタミンCには皮脂分泌を抑える効果があり、ビタミンB2やB6が不足すると脂質の代謝が悪くなってしまいます。ビタミンB群が皮脂分泌のコントロールに間に合うようにするためにも、糖質は過剰摂取しないように気を付けてください。これらビタミンB群を食事にうまく取り入れて、バランスのとれた食生活を心がけ、角栓を予防して小鼻周りの黒ずみを解消しましょう。ビタミン類だけでなくミネラルも摂取することで、体内の中性脂肪を減らすことに役立てることができます。

規則正しい生活を

https://www.pexels.com/ja-jp/

ターンオーバー(肌の生まれ変わるサイクル)が乱れることで、古い角質や皮脂が外に排出されず角栓を詰まらせる原因となってしまいます。

不規則な生活が続いている状態だと、肌ストレスが慢性化するだけでなく、自律神経も乱れていきます。そこからさらに交感神経が優位になることで、女性ホルモンよりも男性ホルモンが分泌上昇してしまうのです。男性ホルモンが増えるということは、皮脂分泌量はますます増加します。

寝不足やストレスを溜めないように規則正しい生活を心がけ、ターンオーバー(肌の生まれ変わるサイクル)を正常化させることが大切です。

睡眠中に肌のターンオーバーを促す「成長ホルモン」が分泌されます。寝不足が続くと成長ホルモンの分泌が低下してターンオーバーが乱れてしまうので、なるべく22時までには就寝を心がけましょう。

また、ホルモンバランスの乱れにより、皮脂分泌が多くなることも角栓を悪化させる原因に。生理前に、小鼻周りのテカリやニキビになりやすい人はホルモンの影響が考えられます。

ストレスでもホルモンの分泌が増えてしまうこともあるので、ストレスを溜めないように過ごすことも大切です。安眠できるように睡眠環境も整えると、毛穴への負担も減るので、お肌もだいぶ変化するはずです。一つづつ変えていく方が続けやすく、効果的ですね◎

角栓や小鼻周りの黒ずみケアには有効成分を取り入れよう

https://www.pexels.com/ja-jp/

角栓や小鼻周りの黒ずみ予防には、角栓ケアの有効成分が配合された化粧品がおすすめです。中にはシミ・しわにも効くものもあり、多くの女性にとっては興味深くて期待できる内容かと思います。色素沈着を改善させていくことを念頭に入れておき、紫外線対策や生活環境にも変化をつけながら、根気よくケアもしていくと良いでしょう。

では、1つづつ詳しく紹介していきますので、商品を選ぶための参考にしてみてください。すでにご存知の成分もあれば、あまり知られていない成分も存在します。美白関連にも様々な目的・バランスで配合されているため、それぞれの働きを、よく確認をしてから商品を購入してください。

有効成分をお肌に導入していければ、効果も絶大です。今後の毛穴角質ケアのための、ヒントになれば幸いです。有効的な化粧品成分を知ることで、自分に合う化粧品を、上手に選べるようになるはずです。

【ビタミンC誘導体】

皮脂のコントロールをしてくれるのは、何と言ってもビタミンB群です。メラニンの排出と、ターンオーバーの促進に関しては、ずば抜けています。

角栓や小鼻周りの黒ずみ予防には、皮脂分泌抑制効果のある「ビタミンC誘導体配合」のスキンケアアイテムを取り入れるのがおすすめです。落とし切れなかったメイク汚れは、誰にでも経験があるものです。そこで蓄積されてしまった角質・皮脂を排出させるために、このビタミンC誘導体が大いに役立ちます。

ビタミンC誘導体は角栓の酸化を防いで、皮脂の排出をスムーズにしてくれるので、酸化した角栓へのお助けマンです。もちろん皮脂分泌が盛んな、小鼻周りの黒ずみにも効果的ですよ。化粧水や美容液をビタミンC誘導体のものを使用すると良いでしょう。

商品を選ぶ際は、高濃度のビタミンCとB群が含まれたものを選ぶことをお勧めします。各種ビタミンがたっぷりと配合されたものを使用すれば、例えお肌がしぼんだとしても、弾むようなハリを与えてくれます!

【レチノイン酸】

レチノイン酸(レチノール)はビタミンA誘導体で、皮脂分泌を抑制する働きがあり、角栓の詰まりや小鼻周りの黒ずみ予防効果が期待できます。しかもレチノイン酸は皮脂腺を萎縮させる効果もあるため、毛穴そのものを開きにくくさせてくれる優秀な成分なので、重宝されています。

毎日のお手入れに、レチノイン酸が配合された美容液やクリームを使用することで、毛穴のケアはもちろん、エイジングケアにも効果的です。海外では外用薬として人気が集中しており、毛穴の黒ずみ・開きだけでなく、しわ・シミ・ニキビの治療薬としても大活躍中なんです。アレルギー反応・抗原抗体反応を起こさないことから、安心且つ安全な成分とされています。

化粧品だけではどうにもならない状態のときは、美容皮膚科を受診して、レチノイン酸ゲルを処方してもらうのも一つの手段です。

ですが、刺激性のある成分なので、敏感肌や乾燥肌の人はパッテストをしてからの使用をおすすめします。また、最初から皮膚科だけに頼ることはせず、ホームケアもきちんと併用して行うようにしてください。

【リパーゼ・パパイン・プロテアーゼ】

気になる角栓には、タンパク質と皮脂を分解してくれる酵素洗顔がおすすめです。

酵素洗顔には「リパーゼ・パパイン・プロテアーゼ」という3つの成分があり、リパーゼは皮脂を分解してくれる成分で、パパインとプロテアーゼはタンパク質を分解してくれる成分です。パパイン酵素の洗顔料は有名なので、耳にしたことがあるかと思いますが、こちらも毛穴の角質を柔らかくしてくれますから、皮脂をオフすることが可能です。

酵素洗顔を取り入れることで、角栓を小さくして角栓の詰まりや小鼻周りの黒ずみの改善してくれます。
敏感肌や乾燥が気になる人は、皮脂分泌の多い小鼻周りだけに使用するなど、肌の様子を見ながら使いましょう。

正しい角栓ケアと予防をして♡黒ずみのない美肌を目指そう

鼻の毛穴のポツポツは、一度できたら厄介な肌トラブルで、意外と目立つ個所でもあります。下手したら鼻トラブルと、いつまでも付き合い続けるハメになる場合もあるので、気づいた時点で極力早めの対処が必要です。周囲の人が見ていなくとも、当の本人は自分の小鼻を鏡で見るたびに、辛くて鬱にもなることでしょう。

毎日きちんとケアをしているつもりでも、いつの間にか詰まってしまう角栓は、なんとかして取りたいと思うものです。しかし無理やり取ろうとするのはNG行為です。今のケアが上手くいかないと思ったら、そのまま独断だけで継続しようとしないで、一旦過去を振り返って、何故改善されなかったのかを分析してみることを推奨します。そうすることで、意外な落とし穴を発見することもあります。

スキンケアや生活習慣を見直してみることで、解消されるかもしれません。いつまでも悩んでいても、その悩みがストレスとなり、色素沈着に繋がってしまっては逆効果です。今の自分にできることを心掛けて、悪化しないように毎日のケアをすることが大事です。焦らずにじっくり続けていけば、必ず結果はついてきます。

気になる角栓や小鼻周りの黒ずみには、毛穴に効く「正しいケア」と「予防」が大切です。上記でも解説しました通り、角栓ケアに関する有効成分を大いに活用してくださいね。自分にあったケアと予防で、黒ずみのない美肌を目指しましょう。小鼻周辺のケアをすることも、立派なアンチエイジングなのです。

タイトルとURLをコピーしました