婚約破棄は慰謝料が発生する?婚約解消の正当な理由7選

婚約を済ませたのに、予想外のことが起こった。婚約破棄しかない。残念ながら、そういう状況に陥ることもあるでしょう。破棄したとしても、慰謝料請求されないことがあります。婚約破棄ができる正当な理由を、ご紹介します。

公開日:    最終更新日:

なぜ婚約破棄したくなった?その理由は?

まずは、婚約の定義から確認します。

婚約に関しての法律などはなく、相手から「結婚しよう」といわれ、「はい」と答えれば、それだけでも、結婚の約束、婚約が成立したことになります。口約束だけでも、立派な婚約なのです。

その婚約を周囲に披露し、約束をより強固にするものが、婚約指輪、結納や両家の顔合わせになります。そして、その後、結婚へと進むことになります。

ただし、結婚へと進む途中で、問題がおきることがあります。

よくある例をご紹介します。

婚約破棄したくなった理由①相手に隠し事があった

https://www.pakutaso.com/

借金、離婚歴、浮気。婚約相手が、それらを隠したまま結婚しようとし、結婚への準備をしている途中で発覚する、というケースがあります。

婚約相手から裏切られた気持ち、絶望感などを感じるのも当然ですし、知らずに結婚してしまったら、と思うと、本当に不信感でいっぱいになります。

婚約破棄したくなる、当然の理由だと言えます。

婚約破棄したくなった理由②親の反対があった

https://www.pakutaso.com/

日本では、いまだに結婚は家同士のつながりと考えられています。二人の結婚が、思わぬ親の反対が理由で、婚約破棄に至ることがあります。

結婚相手の家族が、片親であることへの偏見。相手の職業への偏見。家柄などを気にする親もいるでしょう。

さまざまな理由で、結婚を反対する親がいます。それを乗り越えられないとき、婚約破棄したくなることがあります。

婚約破棄したくなった理由③相手のモラハラに気づいた

https://www.pakutaso.com/

モラハラ気質を持つ人は、婚約や結婚に至り、簡単に逃げられない状況になるまでは、その正体を隠している、と言われています。

交際期間中は、とても優しく、穏やかで、気の付く人なので、たとえ婚約中、何かおかしいと思ったとしても、たまたま機嫌が悪かったのではないか、と目をつぶってしまうこともあるはずです。

迷っているならば、いったん立ち止まってみるべきです。

モラハラ気質のある人と一緒に生活して、幸せに暮らしている自分が想像できますか。

モラハラは、婚約破棄したくなる、十分な理由のひとつだと言えます。

他にも、婚約破棄したくなるさまざまな理由があるでしょう。相手を信頼していないと、生活を共にすることなんて、出来ません。おかしいと感じることがあれば、一歩踏みとどまり、じっくりと自分の気持ちを整理することが大切です。

ただし、親の反対などがあり、結婚の意思が薄れた場合などは、相手から慰謝料を請求されることもあります。理由によっては、慰謝料を請求されるということを、心に留めておかなくてはいけません。

婚約破棄は慰謝料は発生する?その理由は?

https://www.pakutaso.com/

婚約相手が自分の思うような人でなかった。結婚に対して、自分の気持ちが揺らいできて、婚約破棄をしたい。結婚を前に、そういう状況に直面してしまう人もいます。

婚約破棄をしたら、世間体が悪くなってしまうし、慰謝料を請求されるのではないか、と躊躇してしまうこともあるはずです。

まず、慰謝料というのは、どのようなものなのか、確認します。

慰謝料とは、ある不法行為(たとえば、浮気、不倫など)によって、相手が被った精神的苦痛(損害)に対する損害賠償金のことを言います。

例えば、自分に非があり、婚約破棄をして慰謝料を払った、という例をご紹介します。

・婚約相手以外に、好きな人が出来てしまった場合。

・自分の親が結婚に反対し、自分自身も結婚の意思が薄れた場合

・婚約後になって、性格が合わないと感じ始めた場合

他にも、慰謝料を払う必要があるケースは多々ありますが、もちろん、慰謝料を請求されない理由もあります。

婚約破棄するのが怖くて、何かに目をつぶって、結婚したとしても、幸せにはなれません。

結婚は、一生の問題です。慰謝料を払ってでも、婚約破棄したほうがいいケースもあり、じっくり考える必要があります。

迷ったら、専門家に相談されることを、強くおすすめします。

婚約破棄が認められる正当な理由7選

関連記事