家事が嫌いなら「やらない」選択を!メリット&やらない方法

スポンサーリンク

家事が嫌いでも大丈夫!

家事と一括りで言っても、たくさんの内容があります。

改めて辞書を引くと「家事」とは家庭生活を円滑に営んでいくうえに必要な諸作業と定義されいます。また、具体的には料理・裁縫・育児・洗濯・清掃・生活用品の購入・家計の切盛りなどとされています。

最近話題の「名もなき家事」

しかし最近では「名もなき家事」という言葉が話題になっています。細かくて見えにくい、でも絶対的に必要な家事の数々のことです。例えばトイレットペーパーの芯を捨てて新しいものをセットするとか、シャンプーやリンスを補充することといった、ちょっとしたひと手間がこれに当たります。もっと細かく考えると、使った食器を洗う前に水に浸すことや、乾いた食器を元の場所に戻すことなど、はっきり名前が付けられない名もなき家事は100以上あると言われています。

明治の文豪・幸田露伴を父に持つ作家の幸田文(あや)さんは、著作でこう記しています。『(父は)家事に追われるというのは何とも惨めなことで、家事はこちらが先に立って追いまくるべきものだと云う。』

そう、家事は一度始めると、あれもこれも次々とやる事が増えていきキリがありません。明確な達成基準のある仕事とは違って、家事には終わりがないのです。「家事は苦手」や「家事が嫌い」と思いながらも、追われるように嫌々家事を行なっている人も多いのではないでしょうか。

無理をして嫌いな家事を完璧にこなそうと思う必要はない

しかし、無理をして嫌いな家事を完璧にこなそうと思う必要はありません。家事をする事が嫌いでストレスに感じるなら、いっそのこと家事をやめてみてはいかがでしょうか。

最初は「家事をやめるなんて」と罪悪感を抱いてしまうかもしれません。しかし、その場合の家事とは100以上あると言われている名もなき家事を含んだ、非常に曖昧な定義なのです。一度リストアップしてみて仕分けしてみると、案外やらなくてもいい家事や、家族と分担できる家事、外注できる家事がたくさん見つかるのです。

また、名もなき家事に気づいていない人もたくさんいます。お互い気持ち良く暮らすために必要な協力があることを知ることは大切なことです。ぜひ一度整理してみましょう。

そして、自分でやらなくてもいい事と自分でやる事とを見極め、やらなくてもいい家事をしない事を選択することによって、時間に余裕が生まれます。こうすることで、億劫だと思う気持ちが高まって「家事が嫌い」と思うほどに至っていた心境に変化が訪れ、いくらか気持ちが楽になるのではないでしょうか。

やらなくてもいい家事の具体的な内容について、これから詳しくご紹介します。ぜひ家事をやらないという選択を上手に取り入れ、ストレスフリーな暮らしに近づきましょう。

嫌いな家事が減るとこんなメリットがある

嫌いな家事が減ったり無くなる事で、様々なメリットが生まれます。ここでは、家事をやらない事によってどんなメリットがあるのかをご紹介していきます。

タイトルとURLをコピーしました