スポンサーリンク

家事が嫌いなら「やらない」選択を取り入れよう!
スポンサーリンク

家事が嫌いでも大丈夫!

https://pixabay.com/ja/

家事と一括りで言っても、たくさんの内容があります。

改めて辞書を引くと「家事」とは家庭生活を円滑に営んでいくうえに必要な諸作業と定義されいます。また、具体的には料理・裁縫・育児・洗濯・清掃・生活用品の購入・家計の切盛りなどとされています。

最近話題の「名もなき家事」

しかし最近では「名もなき家事」という言葉が話題になっています。細かくて見えにくい、でも絶対的に必要な家事の数々のことです。例えばトイレットペーパーの芯を捨てて新しいものをセットするとか、シャンプーやリンスを補充することといった、ちょっとしたひと手間がこれに当たります。もっと細かく考えると、使った食器を洗う前に水に浸すことや、乾いた食器を元の場所に戻すことなど、はっきり名前が付けられない名もなき家事は100以上あると言われています。

明治の文豪・幸田露伴を父に持つ作家の幸田文(あや)さんは、著作でこう記しています。『(父は)家事に追われるというのは何とも惨めなことで、家事はこちらが先に立って追いまくるべきものだと云う。』

そう、家事は一度始めると、あれもこれも次々とやる事が増えていきキリがありません。明確な達成基準のある仕事とは違って、家事には終わりがないのです。「家事は苦手」や「家事が嫌い」と思いながらも、追われるように嫌々家事を行なっている人も多いのではないでしょうか。

https://www.photo-ac.com/

しかし、無理をして嫌いな家事を完璧にこなそうと思う必要はありません。家事をする事が嫌いでストレスに感じるなら、いっそのこと家事をやめてみてはいかがでしょうか。

最初は「家事をやめるなんて」と罪悪感を抱いてしまうかもしれません。しかし、その場合の家事とは100以上あると言われている名もなき家事を含んだ、非常に曖昧な定義なのです。一度リストアップしてみて仕分けしてみると、案外やらなくてもいい家事や、家族と分担できる家事、外注できる家事がたくさん見つかるのです。

また、名もなき家事に気づいていない人もたくさんいます。お互い気持ち良く暮らすために必要な協力があることを知ることは大切なことです。ぜひ一度整理してみましょう。

そして、自分でやらなくてもいい事と自分でやる事とを見極め、やらなくてもいい家事をしない事を選択することによって、時間に余裕が生まれます。こうすることで、億劫だと思う気持ちが高まって「家事が嫌い」と思うほどに至っていた心境に変化が訪れ、いくらか気持ちが楽になるのではないでしょうか。

やらなくてもいい家事の具体的な内容について、これから詳しくご紹介します。ぜひ家事をやらないという選択を上手に取り入れ、ストレスフリーな暮らしに近づきましょう。

スポンサーリンク

嫌いな家事が減るとこんなメリットがある

嫌いな家事が減ったり無くなる事で、様々なメリットが生まれます。ここでは、家事をやらない事によってどんなメリットがあるのかをご紹介していきます。

嫌いな家事が減るメリット①家事のストレスから解放される

https://pixabay.com/ja/

「家事は全部私がやらなくてはいけない」というストレスから解放されるのが、一番大きなメリットではないでしょうか。家事に対する億劫な気持ちが積み重なるのは、大変なストレスとなります。いくつかの家事を自分でやらないことを選択することで、家事からのストレスから解放され、嫌な気分で過ごす時間が無くなります。

「家事は全部自分でやるもの」という固定概念を捨ててしまえば、きっと気持ちがとても楽になりますよ。

嫌いな家事が減るメリット②時間の有効活用

https://pixabay.com/ja/

「家事をするだけで一日終わってしまった」「そういえば最近は自分のケアをするのすら忘れてしまっている」「最近の流行ってなんだろう?」こんな風に後悔したり悩んだりしている人はいませんか?

いくつかの家事をやらない事で発生した余暇は、自分自身の権限で自由に使える時間へと変えることができます。家族のためにひたすら費やしていた時間を、自分がやりたい事に使えるようになるなんて、夢のように思える人もいるかもしれません。休憩したり、スキンケアタイムにしたり、はたまた読書や映画鑑賞をしたり。自由時間を少しでも過ごすことで、心に余裕が生まれます。こうして時間を有効に使えようになるのも、家事をやめるメリットです。

家事は無限にある一方で、時間は無限にあるものではありません。せっかくなら嫌いな事よりも好きな事に時間を使いたいですよね。そんなお悩みも家事をやらない事で一気に解決に向かいます。

嫌いな家事が減るメリット③家事を負担だと思わなくなる

https://pixabay.com/ja/

家事をやらなければ、家事が嫌いな気持ちが少し解消される可能性があります。全ての家事を自分でやらなくてはと思いこむのをやめ、必要最低限の家事だけ行えば、心理的な負担も減るのです。

「家事は大変だし時間がかかる」という感覚から「家事はすぐ終わる」に変化するだけでも、家事に対する嫌悪感が減ります。ここまでは自分でやるけれど、ここから先は気が向いたときにやれば大丈夫!といった調子で、今まで当たり前にやっていた家事にグラデーションをつけてみましょう。自分の得意不得意や、家族の健康を害さない程度を基準にして、そこから先は誰かに手伝ってもらうことや、気が向いたときに頑張ればいいことだと思うのです。

例えば、一番大切で簡単な家事は換気です。家族の健康のために窓を二箇所開けて空気を入れ替えただけでも、一つの家事を達成しています。掃除機をかけるのは気が向いた時でもいいし、誰かに頼んでいつかやればいいのです。「家事は気軽にできる」という認識へと変わって行けば、家事に対する自信に繋がっていくかもしれません。

スポンサーリンク

家事が嫌いなら「やらない家事」を選択しよう

家事が嫌いな人におすすめの「やらない家事」①洗濯する回数を減らす

https://pixabay.com/ja/

いくらたらいに水を張って手洗いしていた時代から進歩したとはいえ、洗濯はたくさんの工程を行う必要があります。洗濯機で洗い終わった後にも洗濯物を干す作業や、畳む作業、アイロンかけなど、洗濯物が多いとそれに付随してやる事も多くなってしまいますよね。

そんな時には、洗濯物を減らして洗濯する回数を減らしましょう。一番効果的なのが、大判のバスタオルではなく、かさばらない小さめのタオルに変えることです。単純に洗濯機の中のボリュームが減らせますし、バスタオルは干し場所を占拠するのが問題です。ある人は洗濯物を干すスペースが狭く、日当たりの悪い家に住んでいることから、より乾きやすさを求めて手ぬぐいを選びました。それで「すぐ乾き衛生的な布であれば拭くものは何でも良いのだ」という結論に至ったとのことです。バスタオルの衛生観念については、人によって様々かとは思うので、できる範囲でボリュームを減らしてみましょう。

また、家中にある不要なマットやカバーを廃止にすれば、洗濯物の量はかなり減らせます。実家で使っていたような厚手の便座カバーやマットは必要ですか?食卓周りなど、敷物の上に敷物を使ったり、弁当風呂敷に包んだ上に手提げ袋に入れていませんか?

肌に直接触れない服は、何度か着てから洗いましょう。その方が、生地が痛みません。花粉など見えないゴミが気になる場合は、洋服ブラシをかけるという手入れ方法もあります。

寝具のカバーも、衛生状況に応じて洗濯回数を減らしてみましょう。中には枕カバーを使わないで良い素材の枕を選ぶなど、徹底してカバーを削減している人もいます。

このように、使わなくても大丈夫な物は使用するのをやめて、極力洗濯する回数を減らせば、作業量が大幅に減少できます。何より洗濯の回数を減らすことは、労力だけでなく、水と電気の節約にもなるので、いいことずくめです。

スポンサーリンク