要チェック!そのだるさ、燃え尽き症候群(バーンアウト症候群)かも

ある日突然気力が失せて、何もする気が起こらなくなる燃え尽き症候群(バーンアウト症候群)。まじめで几帳面な人、仕事や家庭で一所懸命頑張る人ほどなりやすいってご存知でしたか。放っておくとうつ病や頭痛、めまいなどさまざまな不調を引き起こす燃え尽き症候群。チェックと予防対策をご紹介します。

公開日:    最終更新日:

日頃のチェックが必要!燃え尽き症候群(バーンアウト症候群)って何?

https://www.pexels.com/ja-jp/

燃え尽き症候群(バーンアウト症候群)とは、極度の疲労で心や身体、感情が疲れ果てた状態に陥る深刻なストレス状態のことをいい、今まで目標に向けて何かに熱心に打ち込んでいた人が、突然「燃え尽きたように」やる気を失うのが特徴です。

燃え尽き症候群(バーンアウト症候群)にかかると、前と同じ作業をいくらやっても成果が現れなくなるため、仕事に対する意欲やモチベーションが下がっていくのが特徴です。

今までの熱心さとは裏腹に、急に飽きっぽくなったり、それまで親しくしていた他人や物への関心が急に薄れてしまうため、周囲は「あの人は急に性格が変わったね」と思いがちで、病気に気づかないことが少なくありません。

https://www.pexels.com/ja-jp/

バリバリ働いていた人が、急に朝起きられなくなったり、会社に行きたくないと思い悩むようになるのをきっかけに、イライラすることが増え、買い物依存やアルコール依存に陥ることも多いようです。

そして、ある日突然仕事を辞めて引きこもってしまったり、希死念慮にとらわれることも。また、家がゴミ屋敷のような状態になってしまったりする人も少なくありません。

燃え尽き症候群(バーンアウト症候群)は徐々に進行するため、本人には自覚がないことも。そのため、周囲にいる人が変化に気づいてあげることも大切です。

あなたは大丈夫?燃え尽き症候群(バーンアウト症候群)の特徴をチェックしよう

予兆を見逃していると、ある日突然訪れる燃え尽き症候群(バーンアウト症候群)。今までのように頑張っても空回りするばかりで自信を失うことから症状が重くなっていきます。

特徴をチェックしておくのは、燃え尽き症候群の最大の防御。ぜひ覚えておきましょう。

燃え尽き症候群のチェックすべき特徴①燃え尽き症候群(バーンアウト症候群)は自覚なしに突然やってくる

https://www.pexels.com/

燃え尽き症候群は自分の意思とは関係なく、ある日突然襲ってきます。

仕事や家事、勉強などを頑張りすぎる人ほどリスクが高いのは、頑張り続けるのが当然と思い込んで自分の症状に気づきにくいからなのです。

いつものように頑張っても生産性が上がらず自己嫌悪に陥ったり、急にパワーがなくなり何もかも面倒になるのが燃え尽き症候群の初期症状。頭痛やだるさなど、風邪のような症状に悩まされることもあるでしょう。しかし、本人には燃え尽き症候群(バーンアウト症候群)の自覚がないため、燃え尽き症候群の初期症状を見逃して、結局こじらせてしまうことが少なくありません。燃え尽き症候群は進行します。そのまま放置すれば、うつ病やもっと最悪な場合は、衝動的に自らの命を絶ってしまうこともあるのです。

燃え尽き症候群を防ぐためには、病気の知識をもつこと、過労を自覚すること、そして日頃から防止対策をとっておくことが何より大切です。

燃え尽き症候群のチェックすべき特徴②燃え尽き症候群(バーンアウト症候群)はまじめでよく働く人ほど陥りやすい

関連記事