人間関係が最悪なときにやっておくべきお祓いの方法

職場や家庭、恋人、友達と、なんだかギクシャクしちゃうなということってありますよね。ときにはこじれてしまい、人間関係が最悪になってしまうことも。いじめや悪口などに悩まされている人もいるかもしれません。あなたのテンションを下げる嫌な人との縁は、できれば遠ざけたいもの。他人のネガティブな影響をブロックする簡単なお祓いの方法をご紹介します。

公開日:    最終更新日:

最悪な人間関係を見直すポイント①嫌いな人にも「挨拶」をしよう

https://pixabay.com/ja/

あなたが挨拶をしても、嫌な人は無愛想に返したり、あからさまに無視したりするかもしれません。しかし、それでもあなたはムッとせず、たとえ儀礼的であっても、挨拶はしっかりとするように心がけてください。

なぜなら、それはある意味、相手への威嚇にもなるからです。

相手はきっと心のどこかで「あの子、私が意地悪をしてるのに気にせず挨拶をしてくるなんて、手強い」と思うはず。この時点で、きちんと挨拶ができる、あなたの勝ちなのです。相手のネガティブな言動や行動に同調せず、はっきりと敬語を使い、話すときにまっすぐ相手の目を見るのも効果的。

最低限のマナーは最悪の人間関係においても、強い威力を発揮すると覚えておいてくださいね。

最悪な人間関係を見直すポイント②嫌いな人から物理的に離れる

https://pixabay.com/ja/

嫌いな相手が視界に飛び込んでくるだけでムカムカ、イライラすることってよくあるものです。味方のふりをしてあなたの噂話や悪口をわざわざあなたに言いにくる人も、かなりの邪悪さがありますよね。

いろいろと、やっかいな人間関係の中にいるなら、いちいち気にせず、そういった人から物理的に離れて、気持ちを切り替えましょう。そういった人たちは「成長できないかわいそうな人なのだ」と思えばよいでしょう。

見ない、聞かない、取り合わない。物理的に距離を置くのが一番です。

最悪な人間関係を見直すポイント③いい人をやめる

https://pixabay.com/ja/

人間関係を真面目に捉える人、心が優しい人ほど他人に対してNOと言いづらいことがあるでしょう。NOと言わない「いい人」をやめられないと、ひたすら誰かの愚痴を聞かされたり、誰でもいいから話を聞いてもらいたい人のゴミ箱がわりにされてしまうことも少なくありません。また、「この人はNOと言わないから」と舐められると、不条理なことを押し付けられることにもなりかねません。

自分を大切にするためには、防御も大切です。全ての人に「いい人」である必要はありません。八方美人にならず、嫌なことには断固としてNOと言いましょう。

最悪な人間関係を見直すポイント④お付き合いをやめる

https://www.pexels.com/ja-jp/

あなたの周囲には、その時々に応じた同じエネルギーや波長を持った人が集まります。たとえば、仲が良かった友達でもお互いに成長すると波長が合わなくなり「そういえば、お付き合いがなくなったなぁ」と気づくこともあるでしょう。それが自然なのです。

逆に、「この人は嫌いだな」「合わないな」と思いながらも離れられない場合は、あなたが嫌いな人と同じ低い波長を持ち続けているせいだと考えましょう。こういうとき、あなたにできるのは自分のやるべきことに集中し魂を成長させること。あなたの波長が上がれば、その人は離れ、自然に縁が切れるはず。

許せないと思うなら、きっぱりとお付き合いをやめる決断も必要ですよ。

関連記事