友達はいらない。一人でいたい「ソリタリー」が急増中

「友達は多いほどいい」という今までの一般的な観念に「そんなことない、友達なんていなくても人生は楽しめる」と新しい価値観を提唱する「ソリタリー」。孤独力があり、一人でも自分時間を十分楽しめる、むしろ「一人でいたい」とさえも感じているソリタリーの生き方やソリタリーチェックをご紹介します。ひょっとしたら、あなたもソリタリーかもしれません。

公開日:    最終更新日:

ソリタリーとは、友達といるより一人でいたい人

https://pixabay.com/ja/

たいていの人は「人間は一人では生きていけない」「友達は多い方がいい」と言うものです。実際に友達がいれば、おしゃべりしたり遊んだり、旅行をしたり、一緒に盛り上がって思い出をたくさん作ることができるでしょう。

友達がいれば一致団結して目的を達成したり、絆を深めることもできるでしょう。友達がいれば寂しくない。多くの人にとって、友達がいるメリットはとても大きいものだと思います。

しかし、「友達や恋人といるよりも、一人でいたい」という「ソリタリー」と呼ばれる人が増えています。「ソリタリー」とは、英語のソリテュード(Solitude)から発生した言葉で、孤独や一人でいることを好む人、友達がいなくても幸せな人、また、人と一緒にいることが向いていない人のことをいいます。

一人でいたい、ソリタリーの特徴とは

ソリタリーの特徴①友達を必要としない

https://pixabay.com/ja/

基本的に友達はいらないと考えています。友達がいても、あまり積極的に交流を持ちたいと思いません。約束をした日が近付くと憂鬱になったりします。

ソリタリーにとっての真の友達は自分自身。他に、犬や猫、馬などを心の友としている人も数多くいます。

ソリタリーの特徴②一人を楽しめる

ソリタリーは一人の時間を「孤独」とは全く考えません。常に思考し、趣味や仕事で自分の時間、世界観を楽しみます。自分をうまく律することが得意なので、時間管理や生活管理、健康管理もばっちりです。

自分のしたいことに没頭し、次々とやるべきことを自分で決められるため、一人でいても飽きることがありません。もちろん、買い物やグルメ、旅行、カラオケなども一人で存分に楽しめます。

ソリタリーの特徴③他人の干渉を嫌う

ソリタリーは、友達は多い方がいいという価値観や、恋人がいて当たり前、結婚して子供を産むのが当たり前、友達や恋人には気を使って当たり前という既存の価値観を嫌います。もちろん、そのような価値観を押し付けてくる人も苦手。

他人からソリタリーであることを否定されたり、干渉されることは、大きなストレスとなるでしょう。

ソリタリーの特徴を知らない人は、一人で寂しくないのだろうか?誰とも話をしなくても寂しくないの?と不思議に思うのではないでしょうか。

一人でいたい人を、「孤独な人」「ぼっち」などとネガティブに言う人もきっと多いはず。しかし、ひとりが好きな人だって世の中にはたくさんいるのです。

一人でいたい「ソリタリー」は孤独とは無縁

https://pixabay.com/ja/

ソリタリーは、とても繊細で思慮深い人であることが多いようです。そのため、既存の価値観に疑問を持ちやすく、集団行動を特に苦手とします。

ソリタリーは友達や他人と一緒にいるよりも、「一人でいたい」気持ちが強い人。一人でいても孤独とは無縁であり、そもそも人と一緒にいることに向いていません。

中には、人に裏切られた経験がトラウマになりソリタリーとなる人も少なくないようです。

「人に気を遣いたくないんです。誰かと一緒に遊びに行くのもいちいちお伺いを立ててスケジュール調整して、行けば行ったで何かと面倒で嫌になるんです。私にとって一人ほど気楽なことはありません」(30歳・プランナー)

「友達と一緒にいると、しなくてもいいことに時間がかかりすぎる。したくないことも、自分一人抜けると不審がられたり、悪く言われたりしてバカみたい。LINEの既読スルーで文句言われたり、次の予定を聞かれるのも全部面倒くさいです」(24歳・派遣社員)

芸能人にもいる、一人でいたいソリタリー

https://pixabay.com/ja/

ソリタリーの人は、フリーランスなど一人でする仕事に就いている人が多いようです。中には、住み慣れた都会を離れ、田舎や大自然の中でソリタリー生活を楽しむ人も少なくありません。

「5年前に東京から西日本の田舎に引っ越しました。田舎の一人暮らしは快適です。どんな僻地でもAmazonは使えるので不便もないです。メールやSNSで十分仕事のコミュニケーションがとれるし、人と直接合わなくても問題ありません。ペットの犬がいるだけで十分幸せ。ネットやスマホがあれば友達は必要ありません」(37歳・デザイナー)

芸能人では、ソロキャンプが話題の芸人「ヒロシ」さんの生き方もソリタリー的特徴があります。一人でキャンプを楽しむために山を買ったというヒロシさんは、ソロキャンプの魅力を「一人でキャンプに行けば、嫌になったら途中で帰れるし、誰かに合わせて我慢する必要がない」と話していました。

また、最近結婚したばかりの女優の壇蜜さんも、夫婦がお互い仕事で自立して依存せず個人の生活を尊重するソリタリー的な結婚生活を送っていることで知られています。

他にソリタリーとして知られているのは、人嫌い、交際嫌いを自認した作家の萩原朔太郎さんや、一人でいるところをパパラッチされることが多々ある映画俳優のキアヌ・リーブスさんなどもソリタリーではないかと言われています。

ソリタリーは一人でいたいけど、人嫌いではない

https://pixabay.com/ja/

孤独を愛し、他人と関わるのを避けるソリタリーに対して、「変わった人」「人間嫌いなんだ」と変人扱いする人はまだ多いことでしょう。

しかし、ソリタリーは他人との関わりを好みはしませんが、人が嫌いというわけではないし、他人を完全拒否しているわけではありません。

ソリタリーは性格であり、気質です。個々の人に対して常識やコミュニケーションも十分持ち合わせていますが、基本は一人が好きなのです。ソリタリーは一人でいることに、孤独感や寂しさを感じることはありません。

友達を始め、他人とのつながりを求めない強さは、自分への信頼感があってこそ。精神的に安定し、自立した人であることが多いのも特徴です。

一人でいたいソリタリーだけど、パートナーがいる人も

https://pixabay.com/ja/

友達は必要ないというソリタリーでも、恋人がいたり、結婚したりすることは少なくありません。パートナーになるのは、ソリタリーであることを共有できる人であることがほとんどです。

特に異性に対する性的衝動が薄く、どちらかというと草食系が多いソリタリー。相手がいなければいなくても構わないというスタンスなので、同じタイプのパートナーと巡り会えれば、仲が良い友達夫婦として長続きするでしょう。

また、自分たちが予期できないさまざまな関係性に巻き込まれてしまうため、子供はいらないという夫婦も少なくありません。友達がいなくても、恋人さえいればそれで十分。ソリタリーの結婚は価値観を共有する相手を見つけるかどうかにかかっていると言えそうです。

「ソリタリーであることを受け入れてくれる人と結婚しました。寝室は別、お互いの部屋もあって一人の時間を大事にするライフスタイルです。たまに一緒にご飯を食べたり、出かけたり。気を使わず一緒にいても無理がない相手とのご縁に感謝しています」(28歳・会社員)

一人でいたい。ソリタリーならではの悩みも

https://pixabay.com/ja/

ソリタリーは、心の中で、あるいは日記など、ものを書くことで自分自身と常に対話をしていることが少なくありません。そのため、作家や芸術家、研究者などにソリタリーが多いようです。

変化に対応するバランス感覚もすぐれているため、一人でいることに孤独を感じることはなく、本当の友達は自分の心の中にいると考えることができるのです。それが彼らの作品を生み出すパワーとなるのではないでしょうか。

しかし、ソリタリーならではの悩みも多いようです。特に、ソリタリーにとって、職場の仲間や友達との付き合いの中で葛藤や引け目を感じるのはつらいことかもしれません。

「あの人は誘っても来ないからと、仲間の飲み会に誘われなくなるのはちょっと寂しくて傷つく。でも仕方ないかなとも思う。友達関係を意識すると、自己矛盾がありすぎてつらくなる」(26歳・メーカー)

「干渉せず見守ってほしいと言ったら、絶対に甘えに聞こえるでしょうね。でも誰かと時間を共有しすぎる世間の付き合いが私にはとても苦痛です。仕事の付き合いで飲み会に行っても2時間が限界。早く一人になりたくてどんどん悲しくなってくるんです」(34歳・建築)

「今後自分が歳をとって、老衰なんかでどこにも行けなくなると想像するのは怖い。孤独死かなといつも考える。そうなる前に安楽死したいと思ったり、ネガティブなことをずっと考えてしまうこともある」(37歳・ライター)

「『ぼっち』とか『閉じてる』とか言われてるのは耳に入ってくるけど、その通りだからまぁいいかと思う反面、何だか分かり合えないなという虚しさも感じる。同じソリタリーと共感し合いたいと思うこともある」(30歳・プログラマー)

ソリタリーは一人でいたいという意識と裏腹に、心の奥では他人との交流を求めている自分に葛藤を感じたり、逆に他人との深いつながりが持てない自分に引け目を感じてしまうこともあるようです。

集団に属さないというだけで、無性に生きづらさを感じるのも、ソリタリーであるゆえの悩みだと言えるでしょう。

関連記事