今すぐ忘れたいゾッとする夢!悪夢の傾向と対策を教えます

スポンサーリンク

夢見の悪い「悪夢」は引きずらないための対策が大切

夢分析ではどんな夢であっても、睡眠中に見る夢には、その人が心の奥にしまいこんでいる「思い」が反映されたものだと考えます。つまり、あなたが無意識に考えていることが、あなたの「夢」の世界に表現されているのです。

しかし、時々見てしまう「悪夢」、中には「これはホラー映画!?」と思うほど鮮やかで作り込まれた悪夢を見てしまうこともあるはずです。

目覚めと同時に心臓がバクバクするほど怖い内容だったりすると、「自分の思いが反映されている」なんて思いたくないですよね。

心の対策も必要?インパクトが強い悪夢ほど重要

https://pixabay.com/

しかし、どんな悪夢にも必ず「意味」があるものです。普通の悪夢であれば、身支度を整えたり出かける準備をしている間にいつの間にか忘れていることも多いものです。しかし、あまりにもショッキングな内容の悪夢だと、なかなか忘れることができず「あれってどういう意味だろう」「何か悪いことが起こるんじゃないか」とネガティブな思いに引きずられてしまうことも。

しかし、実はあなたを不快な気分にさせる悪夢ほど、あなたにとって重要なメッセージが隠されていることが多いのです。気味の悪い悪夢で、起きた後もしばらく引きずってしまうタイプの悪夢を見たときは、夢の意味を早めにチェックして「嫌な夢をみたけど、そういう意味があったんだ」と腑に落ちれば、悪夢は早く消えてくれます。そのためにも少し悪夢の種類をチェックして、対策をしておきましょう。

まずは悪夢の形と対策をチェックしよう

悪夢の中には、精神的に追い詰められるような怖いものや、見るだに残酷で恐怖を感じるもの、あなたの嫌悪感を煽るようなもの、まるでホラー映画のような設定のものなどいろいろあるものです。

また、ストーリー的な悪夢とは別に、夢の構造自体が「悪夢的な夢」もあります。たとえば、いつまでも目が覚めない多重夢。夢の中で何度も目覚めて、延々とそれを繰り返してしまうと、これは夢だろうか、現実だろうか、一生起きられないんじゃないかと怖くなるタイプの悪夢です。多重夢は現在の精神的な変化や体調変化などを伝える夢ですので、体調管理に抜けている点がないかチェックするとよいでしょう。

悪夢は現実の意味と重ねてしまい「不吉」に感じることが多いかもしれませんが、「悪夢」はその意味を調べると意外に吉夢の場合も少なくありません。それでは、ゾッとする悪夢に出てくることが多い状況と、悪夢に隠された意味を詳しくご紹介しましょう。

悪夢の形と対策チェック①人が死ぬ悪夢

https://pixabay.com/ja/

自分が殺されてしまう夢もゾッとするものですが、親や子供が死んだり殺されたりする夢は、とんでもない悪夢です。目覚めてから「ひょっとしたら虫の知らせかも!」と不安になり、離れて暮らす両親に思わず電話をかけたという人もよくいます。子供が関係する悪夢は、親御さんにとって不吉でたまらない気持ちになるものでしょう。

しかし、人が死んだり殺されたりする夢は、虫の知らせなどとはまったく関係がないので安心してください。

人が死んだり殺されたりする悪夢は、あなたの中で古い価値観が死んで、新しい価値観や信念が芽生えたことを意味していて、あなたの人生の「巻き直しのチャンス」がやってくることを伝えるものです。

また、身内や親しい友人などが死んで悲しむ悪夢は、あなたの心の中に、その人を失うことへの恐れがあるということをあらわします。それは、あなたが相手を愛し、大切に思っているということです。日頃からその人を気にかけ、もっと素直に愛情表現をしてみて、というメッセージなのです。

タイトルとURLをコピーしました