車内でのアロマオイルの使い方やおすすめの香りを紹介!

車の中でも部屋の中と同じように、アロマオイルの香りを楽しみたいと思ったことはありませんか?そこで、ナチュラルな香りが楽しめるアロマオイルの使い方や、車の中にぴったりのおすすめのアロマオイルオイルの香りについてご紹介します。

公開日:    最終更新日:

車内でアロマオイルを楽しむ時の使い方は?

車用の消臭剤やカーコロンは一般的に使われており、店頭でもよく販売されているのを見かけます。しかし、天然成分のアロマオイルと比べると、独特で人工的な香りが苦手という人も少なくありません。

そんな時には、アロマオイルを車内で使うのがおすすめです。自宅と同じ様に車内用のディフューザーを使えば、車の中でもナチュラルなアロマオイルの香りが楽しめます。

車用のアロマディフューザーにはいくつかの種類があります。ここではアロマディフューザーの種類別に使い方をご紹介します。

エアコンの吹き出し口にセットするタイプ

https://pixabay.com/ja/

エアコンを使う頻度が多い人や夏の季節などにおすすめなのがこのタイプです。エアコンからの風によってアロマオイルの香りが車内に広がるので、電源が必要無いところが魅力です。種類によっては、アロマオイルをパッドに数滴垂らして使用するタイプと、アロマオイルのボトルをそのまま入れて使用できるタイプもあります。

アロマオイルを数滴ずつ垂らして使うタイプは、時間が経つと再度アロマオイルを追加する必要があります。都度の補充が面倒だという人は、ボトルをそのまま入れられる使い方のタイプが一度の補充で済むのでおすすめです。

シガーソケットに差し込むタイプ

シガーソケットから電源を取る事ができるこのタイプは、比較的コンパクトなサイズのディフューザーが多いので邪魔にならず、車内をシンプルにしたい人におすすめです。使い方は、パッドにアロマオイルを数滴垂らしてシガーソケットに差し込めばセットが完了です。使い方が簡単なので人気のあるタイプです。

USBタイプ

https://pixabay.com/ja/

このタイプのディフューザーは、シガーソケットをUSBに変換する事で使用が可能になります。一見、「シガーソケットからそのまま使用できるタイプの方が便利なのでは?」と思うかもしれませんが、USBタイプなら、部屋と車内との両方で使う事ができるというメリットがあります。

シガーソケットタイプよりも少し大きめのものが多いのですが、その分香りの拡散する力も高いので短時間で香りが車内に行き届きます。タイプによっては、空気洗浄機能や加湿機能、Bluetoothスピーカーなどの便利な機能が備わっているディフューザーもあり機能性が高いタイプと言えます。

使い方は、部屋でアロマオイルを楽しむ時と同じで、アロマオイルをボトルに数滴垂らすか、ボトルにセットして使います。

加湿機能付きディフューザーには水を使う事が多いので、車内で使用する時には水が漏れない様に蓋を閉じて、ディフューザー本体が車の揺れで倒れない様にしっかりと固定して設置しましょう。

車内でアロマオイルを使用する時に注意する事

注意する事①アロマオイルの量は適量を使用する

https://pixabay.com/ja/

天然成分で作られたアロマオイルの香りはカーコロンや消臭剤に比べて香りが優しく持続性が短い特徴があります。パッドにオイルを数滴垂らして使用するタイプは、目安として2〜3時間に1回アロマオイルの補充を行います。補充が面倒だからとオイルを過剰に多く入れすぎてしまうと、香りに酔って気分が悪くなってしまうことがありますので使い方には注意が必要です。

人間の臭覚は長時間使用すると香りに慣れてしまう傾向があるため、オイルの補充を行う前に窓を開けて車内の空気の入れ替えを行うと香りが強過ぎる心配がありません。適切な量と使い方がアロマオイルを楽しむ秘決です。

注意する事②アロマオイルの車内保管は避ける

https://pixabay.com/ja/

夏の時期などは車内の温度がとても上昇します。そのため、アロマオイルを車内で保管すると、高温や直射日光によって、アロマオイルの品質に影響を及ぼす事がありますので避けましょう。

都度持って移動するのが面倒ですが、使わないオイルは車内ではなく自宅などで保管する様にしましょう。

関連記事