仕事のミスから立ち直れないときの心のリセット方法

仕事のミスって小さくても大きくても、結構落ち込みますよね。周囲に迷惑をかけたという罪悪感や、「きっとみんなにダメなやつだと思われただろうなぁ」という自己嫌悪でメンタルが打ちひしがれることも。だけど失敗しない人なんてこの世にはいません。仕事のミスから立ち直れないとき、失敗をバネするヒントをご紹介します。

公開日:    最終更新日:

仕事のミスから立ち直れない。失敗を引きずってしまうわけ

https://www.photo-ac.com/

どんなに完璧だと思っていても、仕事のミスって起こるときには起こるものです。修正が効く小さなミスから、会社や顧客、関連企業を巻き込むような大きなミスまで、世の中には星の数ほどミスがあるものです。

あなたが今まさに自分の起こしたミスで立ち直れないほど凹んでいるなら、先に言わせてください。今はつらいかもしれませんが、大丈夫。一週間後のあなたは意外と立ち直っているはずですよ。

今まで大小合わせて数々のミスをして、その度に引きずってきた著者が言うのですから間違いありません。

著者の経験した立ち直れなかった痛いミス

https://www.photo-ac.com/

仕事のミス。やらかしてしまうと、しばらくは落ち込むものですよね。周囲に迷惑をかけて、上司に怒られて、お説教されて、めちゃくちゃつらいものです。

ミスの原因は、自分の小さな油断や不注意のこともありますし、クライアントや上司の伝え方が悪かったり、相手が勘違いして伝えたことが自分のミスにつながる貰い事故のようなミスもあるでしょう。

著者の場合は、先輩が私に伝えた情報が間違っていて、結果的に結構な発注ミスになり、今考えてもまぁまぁの騒ぎになったことがありました。

しかし、何ということか当の上司は知らん顔です。私は当時新人だったこともあり、「あなたのせいですよね?!」と言えるわけもなく、黙ってミスを受け入れたものでした。

クレームが入ったり、更に別の上司にこっぴどく怒られたり。「いったい、どうしたらこんなミスをするのよ?」とお局にも怒られ。罪をなすりつけて知らんぷりをした、当時イケメンでかっこいい先輩のことは、もちろん大嫌いになりました。大嫌いどころか軽蔑です。人間不信と不条理な仕事のミスで、新人の私はとにかく地獄でした。

しかし、もう死にたい!と思うようなミスでも、いつか必ず昔話になり、笑い話になるのです。

「私は課長になったけど、入社してから今まで数えきれないぐらい失敗していますよ。そのたびに落ち込んで、心を立て直して、同じ失敗は二度としないという気持ちでやってきました。みんなそうですよ。未熟なうちは逃げたくなるし辞めたくなると思いますが、誰もが通る道だと思ってがんばって」(42歳・ハウスメーカー)

仕事のミスから立ち直れないのは後悔と妄想のせい

https://www.photo-ac.com/

起こったミスは仕方ないとわかっていても、ひたすら後悔して前に進めないことだってあるものです。特に自分が原因の大きなミスは、周囲に迷惑をかけた分、ひたすら自己嫌悪一直線となることもありますよね。

仕事のミスをしたときに最も早く立ち直るには、「自分の失敗を丸ごと認める」必要があります。これは、実際にはとてもつらい作業です。

著者にも覚えがありますが、失敗すると、後悔だけでなく「あぁ、あの人にダメなやつだと思われただろうなぁ」「あの人に軽蔑されちゃっただろうな」などと自己嫌悪の泥沼にはまり込んで、もう一生立ち直れないかもしれないと思うほど落ち込みます。

しかし、これってほとんど頭の中の「妄想」なんですよ。もちろん、仕事のミスが誰かに迷惑をかけたのは事実です。

しかし、誰がどう思っているか、どう感じているかなんて推測してもまったく意味がありません。気持ちを切り替えて、誰にどう思われようと気にしないと決めることです。

仕事のミスは、恥ではありません。むしろ次にあなたが名誉挽回するチャンスだと考え、周囲に遅れを取らないよう前を向きましょう。

仕事のミスから立ち直れないときは、ミスをバネにして立ち直る!

一生懸命仕事をしていると、誰だってうっかりミスなど予期せぬ仕事のミスをすることはあるものです。上司に叱られたり。理不尽に怒られたりすることだって何度もあるでしょう。

仕事のミスを引きずらず、立ち直るには次の3つのことを大切にしてください。

関連記事