スポンサーリンク

【女性が犯罪から身を守る方法】被害は未然に防いで!
スポンサーリンク

被害に遭ってからでは遅い!女性が日常の犯罪から身を守るには?

https://www.photo-ac.com/

警察庁の統計では女性が被害者になる犯罪の発生率は年間約20万件(2018年)。女性を狙った卑劣な犯罪が後を絶ちません。特に、ストーカーや窃盗、盗撮、いたずら電話など、一人暮らしの女性を狙った犯罪を防ぐために、油断をしないで徹底的な防犯対策をしておくことが身を守ります。

また、コンパや合コンなど、新しい異性との出会いは楽しいものですが、中には悪事を企む「狼」もいて、飲み物に睡眠薬を入れられるという事件も多く発生して問題になっているのはご存知の通りです。

女性は男性に比べて力が弱く、抵抗できずに犯罪に巻き込まれることも少なくありません。万が一でもあってはこまる犯罪被害、さっそくあなたの部屋の防犯対策を始めましょう。

スポンサーリンク

女性の一人暮らしは隙だらけ!自宅の犯罪被害から身を守る方法

https://www.photo-ac.com/

女性の一人暮らしを狙った犯罪は結構多いものです。特に初めて一人暮らしをする女性は、独立して開放的な気分になるものですが、自分ではなかなか気づけない防犯上の盲点が存在します。

特に当然だとは思いますが、格安であっても女性一人で1Fの物件は防犯上リスキーなので避けた方が無難です。また、3階建て等の低層マンションは住みやすいものですが、屋上からベランダに飛び降りて侵入する空き巣も多発しているため油断は禁物です。一人暮らしの女性は最低限、次の防犯チェックをしておきましょう。

女性が犯罪被害から身を守るチェック①自宅のカーテンは遮光一択

カーテンは防犯のためには遮光機能の高いものを選びましょう。普通のカーテンだと、部屋の照明器具の位置によってはカーテンにシルエットが映って丸見えになることもあります。一度友達に来てもらって、夜、部屋の中でウロウロすると外からどんな風に見えるかチェックしておきましょう。

女性が犯罪被害から身を守るチェック②ドアスコープは内側からカバーを

玄関ドアについている小さな覗き穴(ドアスコープ)は、外から特殊な器具を使って部屋の中を見られる可能性が高いってご存知でしたか。特にワンルームマンションは、ドアスコープから室内全体の様子が細かくチェックされることも。防犯のためにも、ドアスコープは内側から濃い色の布やテープでカバーしておくことをおすすめします。

また、玄関に布やのれんなどで目隠しするのもいいでしょう。自宅のドアスコープが気になるなら、外側から覗くと曇って見えなくいタイプの防犯用ドアスコープに付け替えるのもおすすめです。

女性が犯罪被害から身を守るチェック③洗濯物は部屋干しを

https://www.photo-ac.com/

女性の一人暮らしといえば下着泥棒の被害も少なくありません。防犯のためには下着や女性衣類などの洗濯物はベランダに干さず、部屋干しや乾燥機を使うのが理想です。シーツやバスタオルなど洗濯物が多い時に役立つのがコインランドリー。最近は大型で管理人が常駐していたり、明るく清潔感のあるコインランドリーも増えているので、お気に入りの場所をチェックしておくと良いでしょう。

ただし、終わった洗濯物を放置すると、ここでも下着を盗まれることが多々あるので要注意。洗濯が終わる時間には必ずその場にいるようにしましょう。

女性が犯罪被害から身を守るチェック④部屋の盗聴器対策

テレビの特番などでよく特集している盗聴器トラブル。前の住人をターゲットに仕掛けられた盗聴器がそのままになっていたり、リサイクルの中古家電や、プレゼントのぬいぐるみに盗聴器が仕掛けられていた事件もあるようですね。

盗聴器は電波を発信するため、仕掛けられた場所によってテレビやラジオ、ステレオなどの家電にノイズが発生します。引っ越して、突然テレビの画像が乱れるようになると、テレビが壊れたと思いがちですが、こういう時は盗聴器の存在も疑っておくといいでしょう。

一人暮らしを盗聴器から守るには、他人から家電を譲ってもらわず、新品を買うことが自己防衛につながります。

女性が犯罪被害から身を守るチェック⑤ゴミの捨て方に注意

https://www.photo-ac.com/

ゴミを無意識に出していませんか。家庭ゴミは住所の書かれたDM、手紙やハガキ、給与明細、クレジット会社からの請求書など、個人情報の宝庫です。若い一人暮らしの女性のゴミはストーカーや変態的な犯罪者に狙われがちですので、十分に気をつけねばなりません。

マンションなどでは専用の集積所があり、いつでもゴミを出せるところもありますが、これは却って犯人にとっては、人目を避けてゴミをチェックできる好都合の状態だと考えておきましょう。

女性が犯罪から身を守るゴミ出しのルールは以下のもの。

・個人情報を切り刻んで身を守る

郵便物や給与明細等、個人の情報物はシュレッダーを使ってバラバラにします。縦方向だけに長細く切るタイプの家庭用シュレッダーは、パズル感覚で組み立てられるため、かえって危険です。シュレッダーを選ぶなら黒スタットタイプと呼ばれる斜め両方向から切り込みを入れるタイプを選ぶとよいでしょう。または、手間はかかりますが、ハサミで細かく切り刻んで、生ゴミと混ぜて捨てるのが確実です。

・下着や生理用品の処分の仕方で身を守る

古くなった下着などもそのまま無防備にゴミ袋に入れるのは、取っていかれるトラブルの元。下着もハサミで細切れにして、何日かに分けて生ゴミに混ぜて捨てるのが安全です。

使った生理用品やスキンなどは、できれば自宅のゴミに入れず、紙袋などに入れて差し支えない範囲で会社等のトイレに捨てると安全です。

・ゴミ出しの時間をチェックして身を守る

ゴミを盗まれないためには、ゴミを放置しないことが何より大切です。

必ず収集日の朝、可能であればゴミ収集車が来る直前に出すと安全です。一番良くないのは、ゴミを時間外に放置すること。家庭ゴミの中身は、結構いろいろな人に見られているものです。くれぐれも油断しないよう気をつけて。

女性が犯罪被害から身を守るチェック⑥同じ道を通って帰らない

https://www.photo-ac.com/

暴行やストーカー、ひったくり犯罪の被害は約8割が女性です。誰かに後をつけられてると気づいたら、できるだけ明るく人通りの多い場所に向かうことを心がけて。コンビニやカフェなどで時間を潰し、友達や彼氏に迎えに来てもらうのも得策です。

また、明らかにストーカーされている場合はスマホで110番して不審者通報をするのもいいでしょう。警察は不審者の逮捕はできませんが、不審人物に職務質問を行います。職務質問を受けると住所や氏名が記録されるため、もし犯罪を企んでいたとすれば、今後下手なことができなくなり抑止力があるはずです。できれば毎日の通勤通学の道を、時々変えたり、寄り道したりすることも犯罪を防ぐ効果があるでしょう。

夜道などでひったくり被害などの被害に遭わないためには、道路側にバッグや手荷物を持って歩かないこと。また車への連れ込みなどを防ぐためにも、人通りが少ない暗い場所を通らねばならない時は防犯ブザーやスタンガン、催涙スプレーといった護身グッズを持っておくのも得策です。実際に使うことはほとんどなくても、万が一の時には必ずあなたの危機を救ってくれるはずですよ。

スポンサーリンク

女性がコンパや飲み会の犯罪被害から身を守るには

https://pixabay.com/

最近ニュースなどでもよく聞くのが、店でコンパをしている時、席を外した際に飲み物に睡眠薬などを入れられ、気がついたらホテルに連れ込まれていたといった犯罪です。大勢の飲み会などに出かける時、またつきあって日が浅い相手と飲む時にはデートレイプを防ぐために、最低限の自己防衛は必要です。

飲み物に睡眠薬を入れられないようにするためには、次のことに気をつけてみてください。

①気を抜かない

たとえば、あなたと相手だけで飲んでいるのに、急に相手が友達を呼んで複数で飲むことになったら気をつけましょう。気になる人であっても、飲み会には必ず友達と行く、一人で行かないことが大切です。

②飲み物を残したままトイレに行かない

飲みかけにしておくと、席を外した時に何かを入れられることは多いと考えて、席を立つ時には飲み物をカラにしておきます。席を外した時に、相手が勝手にオーダーしたものには口をつけてはいけません。席を立ったついでに、あなたが飲みたいものを店員さんに直接頼んでおくと良いでしょう。

楽しいコンパや飲み会ですが、嫌な思いをしないためにも気をゆるめずに、最低限の自己防衛をしてくださいね。

女性が手続き関係の被害から身を守るには

https://www.photo-ac.com/

世の中には信じられないようなことが簡単に起こるものです。

たとえば、あなたが知らないうちに、婚姻届が出されていたら?「まさか、そんなことあるはずがない」と思いがちですが、今や雑誌の付録にもついている婚姻届、書き方もちょっと調べれば簡単に書類を作れます。

何かの機会に戸籍を取り寄せて初めて、勝手に婚姻届が出されていることが発覚することも多いのです。役所は婚姻届などの書類の受け取りに、それが本人かどうかの確認を厳密にはしていないことがほとんどです。そのため、知らない間にハンコだけで婚姻届は簡単に受理されてしまう可能性も。元彼や同棲相手などが勝手に提出したり、中には全く知らない人だったということもあるようです。

婚姻届など手続きを勝手に第三者にさせないためには?

勝手に婚姻届や、その他のプライベートな書類を出されたり、嫌な思いをしないためには、今後、その犯人が戸籍謄本を勝手に取られないようにすることです。一番良い対策は、転居すること。転居届には転居先の住所を書く欄がありますが、細かく書かなくてもかまいません。その地域から住所がなくなれば戸籍謄本も勝手に取れなくなるのです。謄本や抄本がなければ、婚姻届は出せないことを覚えておきましょう。

また万が一、あなたが婚姻届を勝手に出される被害に遭った場合には、これも転籍をおすすめします。まず、本籍を他の市区町村に一度移すか、自分の籍を新しく作れば、婚姻届を出した相手の戸籍は抹消されます。しかし、古い戸籍には公認の記載が残っていることには変わりがないため、そこは気持ち悪さが残るかも。しかし万全の対策をとったら、自分の人生を楽しみましょう。

どんな時でも油断大敵。防犯意識は高くキープしておこう

https://www.photo-ac.com/

女性をターゲットにした物騒な事件は毎日のように報道されていますよね。それらを決して人ごとだと思わず、日常生活の犯罪やトラブルから身を守るに越したことはありません。自分の身を助けるのは自分しかいないことを忘れずに、心のどこかに常に留めておいてくださいね。

参考:警視庁女性の犯罪被害対策
https://www.npa.go.jp/hakusyo/h25/honbun/html/pf231000.html

※最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事が面白かったと思われた方は、スポンサーサイトにも行ってみてくださいね♪
プラスクオリティーはスポンサー料で成り立っています。

スポンサーリンク