【私って片付けられない女?】と思ったら断捨離でスッキリ生活を目指そう

スポンサーリンク

『私って片付けられない女?』と思ったとき

SNSやインテリア雑誌で見る部屋は、スッキリしていて生活感がなく、収納スペースのなかもきちんと整頓されていますよね。

そういう部屋はどこか現実のものとは思えず、「私には無理だなぁ」と思いながらゴチャゴチャした部屋に住んでいる人は多いと思います。

「部屋が片付いていなくたって、別にSNSに上げるつもりないしいいじゃないの」と思っていても、部屋が片付いていないと友達を部屋に呼ぶことができません。

また、部屋や収納スペースが片付いていないと、必要な物を探すのに時間がかかったりします。

SNSでスッキリした部屋を見ながら「どうして私にはできないの?もしかして私って『片付けられない女』なの?」と思うこともあるかもしれません。

確かに片付けられない女はいます。

だけど、片付け方のコツをつかんだり工夫をしたりすると、部屋をスッキリと片付けることができます。

では、どうして片付けられないのかという理由も合わせて、スッキリした部屋を手に入れるための方法についてお話ししましょう。

どうして片付けられない女なの?理由を探る

まず、どうして片付けられないのか、その理由を探りましょう。

片付けられない女には、いくつかの特徴があります。

「私は片付けられない女なのかもしれない」と思っている場合、思い当たることがあるかもしれません。

①物も多いし、不用品も多い

https://pixabay.com/ja/

片付けられない女の暮らす部屋や家のなかは、まず物が多く片付いてもいないため雑然としています。

ただ、そのたくさんの物のなかには、実は必要のないものがたくさんあることもあります。

必要なくなったら捨てて、必要になったらまた入手するようにすれば、物が溜まっていくことはないはずなのですが、実際はなかなか難しいものです。

「今は使わないけど、また使うかもしれない」と思って物を捨てられないことは多いと思います。

「要らないな」と思って捨てた途端にまた必要になって、捨てたことを後悔することもよくあります。

「あぁ、あれ捨てなきゃよかった」と思ったことが一度でもあると、次から物を捨てにくくなります。

その結果、今すぐ必要ではない物も持ち続けることになり、物は増え続けていくのです。

②散らかっていても、あまり気にしていない

https://pixabay.com/ja/

部屋が散らかっていても、本人には散らかっているという自覚が薄い場合があります。

「出しっぱなし」じゃなくて、これはまたすぐ使うからここに「置いているだけ」だと思っていたり、他の誰が見るわけでもないから別に恥ずかしくはないと思っていたり。

必要なものがすぐ手に取れるところにあることに便利さを感じていたり、部屋が雑然としている状態が落ち着くと感じていたりする場合もあります。

いずれにしても本人だけが暮らす部屋ならば大きな問題はありませんが、家族や恋人と一緒に暮らしている場合は家族や恋人に少し嫌がられることになります。

③とにかく片付けが苦手!何をどうしたらいいのかわからない

部屋が散らかっていることを気にしていて、片付けたいと思っていても純粋に片付けが苦手な場合もあります。

何をどこに、どのように片付けたら良いのか、いいアイディアが浮かばないため、適当なところに片付けていることもあるでしょう。

ほかにも収納スペースそのものが少ない、収納スペースをうまく活用できていない、生活に合った収納ができていない、など、上手に片付けることができずに途方に暮れていることもあります。

④とにかく忙しくて片付けている時間がない

https://pixabay.com/ja/

仕事、家事、育児などしなきゃいけないことが多いと片付けが後回しになることがあります。

また、遅くまで仕事をしていると、帰ったらもう何もしたくないこともありますよね。

散らかっている部屋の物を踏まないように歩いて、あとは寝るだけという日もあると思います。

この場合は片付けたい気持ちもあるし、決してだらしないわけでもないけど時間的にできないタイプの片付けられない女です。

タイトルとURLをコピーしました