オーストラリアにおけるコロナウイルス感染拡大に対する国(政府)と人々の変化について

皆様はお元気ですか?ご家族、お友達、仕事関係の仲間たちは、元気ですか?
新型ウイルスコロナがここまで世界各国で感染が拡大するとは、誰も予測していなかったことでしょう。そして今現在も感染被害を完全にストップすることができていません。世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルスですが、8月3日時点のオーストラリア国内の新型コロナウイルスの感染者数は18,318名、死者数は221名となっています。そこでオーストラリア在住の筆者が、オーストラリアの現状についてご紹介します。

公開日:    最終更新日:

オーストラリアでもコロナウイルスは感染を広げている

https://www.pexels.com/ja-jp/

皆様はお元気ですか?ご家族、お友達、仕事関係の仲間たちは、元気ですか?

新型ウイルスコロナがここまで世界各国で感染が拡大するとは、誰も予測していなかったことでしょう。そして今現在も感染被害を完全にストップすることができていません。

日本と反対側の南半球に位置する世界最大の島国、オーストラリアでもコロナウイルスは異常なスピードで感染を広げて行きました。恐ろしいほど、オーストラリアの人々の生活を変えて行きました。

2019年、オーストラリアで最大規模の被害だと言われる森林火災が発生し、数百人の人々が家屋、仕事、家族、家畜を失い、数万匹の動物たちが火傷を負い、亡くなっていきました。その被害が回復する間もなく、2020年3月よりコロナ感染拡大が始まったのです。

誰もが自分とは関係のないことだと考えていました。しかし、急速な感染スピードと深刻な状況を知ることにより、現状をしっかりと受け入れて対応していく必要が出てきました。

オーストラリア政府も迅速な決断、サポートを開始、オーストラリア国民と経済を守るためにあらゆる政策が打ち出されました。

オーストラリア国内のコロナ感染進捗状況

オーストラリア国内のコロナ感染進捗状況・第一波

https://www.pexels.com/ja-jp/

新型ウイルス「コロナ」が中国で流行になっている話は、2019年12月、既にオーストラリアに届いていました。12月下旬には、中国からの観光客受け入れをストップする案がオーストラリア政府内で提案され、2020年1月にその案が執行されました。一年中、中国からの観光客を大量に受け入れているオーストラリア観光業界にとっては、大きな打撃の始まりでした。

2020年3月には、世界各国でコロナ感染拡大が認識され、オーストラリアの最も大きな都市であるシドニー、メルボルンでも他の都市、州を遥かに上回るスピードで感染者数が増加していきました。

2020年4月には、海外からの訪問規制だけでなく、各州のボーダー(州境)が封鎖され、オーストラリア国内での移動ができない状況になりました。出産のため実家を訪れていた母親、仕事で他の都市に滞在していたビジネスマン、多くの人々がしばらくの間家族と離ればなれになる非常に寂しい状況に強いられました。

オーストラリア国内のコロナ感染進捗状況・第二波

https://www.pexels.com/ja-jp/

オーストラリア国民誰もが望んでいなかったことが今現在、オーストラリアで起こっています。コロナ感染拡大、第二波の悲劇です。

感染者数の減少により、2020年6月から少しずつあらゆる生活規制の緩和が行われ、2020年7月上旬には各州のボーダー(州境)も開通されました。

しかし、その後2週間も経たない内にメルボルンにて新たなコロナ感染者が確認され、その数は停まることなく日々急速に増加し続けています。

そして、メルボルンだけでなく、シドニーでも新しいコロナ感染者が増加し始め、再び各州のボーダーが封鎖されることになりました。

規制緩和でやっと仕事を再開、復帰できた人々が再び職を失い、自宅待機しなければならなくなりました。この状況をどのように乗り切るか、終わりが来る日はあるのか、誰もが不安と恐怖に戦いながら生き続けています。

オーストラリア政府からの保証、補助制度

就労者に対する保証

https://www.pexels.com/ja-jp/

コロナ感染拡大により、オーストラリア国内では多くの人々が仕事を失いました。特に観光業界が盛んなこの国にとって、海外からの観光客を受け入れられないということは、予想を遥かに超える業種に打撃を与えています。

この厳しい状況をサポートするため、オーストラリア政府は仕事を失った就労者に対して、金銭的補助を行う政策「ジョブキーパー」と「ジョブシーカー」を発表しました。

  • ジョブキーパー: ある程度の規模の企業に対し、フルタイム、パートタイム、カジュアル(12ヶ月以上)就労者を保持するために1従業員あたりAS$1500(2週間毎)がオーストラリア政府から支払われる制度。企業の判断によって、どの従業員にどの金額が支払われるか決められる。
  • ジョブシーカー:コロナ感染拡大が原因で仕事を失った人々に対して、オーストラリア政府から直接補助される制度。個人の状況によって、補助金額が異なる。

この2つの政策は、オーストラリア国民、永住権保持者のみが対象となっています。どちらも素晴らしい政策なのですが、この制度を悪用し、仕事が再開しても復帰せず、国からの補助金を授受し続けているオーストラリア国民が多いことも現実にあります。実際に働いていた時の給与より高い金額を手に入れられるからです。

留学生に対する保証

関連記事