職場での無神経な嫌味にうんざり!うまく反撃する方法とは

職場での無神経な嫌味、うまく反撃できずにモヤモヤしてない?

何をやるにもいちいち文句や嫌味を言ってくる人、粗探しや揚げ足取りなどあらゆる意地悪なことを言ってくる人って、たいていどこの職場にもいるものです。

せっかくいい気分で仕事をしようと思っていても、嫌なことばかりチクチク言われ続けていると、気が散って仕事の効率もだだ下がり。正直言って職場に行くのが憂鬱になってしまうものですよね。

職場にいる無神経な嫌味を言う人たちは、他人の粗探しをして、悪口を言うことで精神的に満たされる低レベルで幼稚な人たちです。職場の人はだいたいそのことを把握しているものですが、触るのも面倒なので放置しているということが多いのではないでしょうか。

上には媚びへつらい、部下や同僚には嫌みや暴言を言いたい放題。そのため、部下がどんどん辞めて行くという職場も珍しいことではありません。

ムカつく職場での嫌味!反撃するべき?我慢すべき?

https://www.photo-ac.com/

毎日会社で誰かの嫌味や文句、八つ当たりなどをされる、ある意味「大人のいじめ」のような状態に陥っても、じっと黙って我慢をしている人もきっと多いと思います。

よく、

「言い返したら相手と同じレベルになってしまう」

「嫌味はあくまでも事務的にサラリと受け流す大人の対応を」

などと言われているものです。

これにはいろんな意味があって、「面倒な人に下手に言い返すと、更に相手の攻撃に遭うから」という理由であったり、「自分は相手よりずっと優れた人間だと思いたいから」という理由だったりするものです。

正論では、確かにその通りだと思います。

人の言うことに素直に耳を傾けることはもちろん大切なことだとは思います。

しかし大人の対応をしても、なぜか心の中でモヤモヤがずっと残ることがあるものです。

そういうときは、嫌味があなたにとって不条理だったり、的外れだったり、八つ当たり的な嫌がらせだったりするからではないでしょうか。

その場で「それはお門違いです」とガツンと言い返せれば、すっきりするのですが、その勇気がないと、後になってイライラがこみ上げてきていつまでもこだわってしまいがちですよね。つまらない一言が長々とストレスになってしまうのです。

▼ 私の職場の反撃体験談

https://www.photo-ac.com/

「新人の頃、機械を扱う仕事なので覚えるためにメモを取ろうとしたら、メモなんか取るなと言われました。1回で覚えられませんと言ったら「何回でも聞いてくれたらいいから」と言ったのに、いざ尋ねると「自分で考えて」と言う。機械は一つ間違えばかなりダメージが大きいのに、すごい早口で端折って教えるんです。で、大声で「彼女、作業をマスターしましたから任せて大丈夫です」って大声で言われ、早く失敗しろという感じでニヤニヤ。あれがやり口なんですよね。案の定彼女の下の部下はどんどん辞めて行く。新人が怪我する事故があって責任取らされてましたね。もちろん、実情は上司にチクっておきました!ザマー」(30歳・エンジニア)

職場での嫌味には冷静な返しが必要なこともある

https://www.photo-ac.com/

職場で嫌味を言ってくる人は、相手にせず大人の対応がいちばん無難、それぐらい我慢しなさいと言われますが、よく考えてみると我慢の許容範囲なんて、人によって全然違います。大人の対応をしていても、ネチネチと嫌味を言い続けられたら我慢の限界なんてあっという間に超えてしまうかもしれません。

理不尽なことに堂々と反撃してもかまわないし「もう限界、病みそう」と思ったら、ブチ切れたってかまわないのです。反撃やブチ切れは世間が言うところの「大人の対応」ではないかもしれませんが、それがなんだというのでしょう。不条理なことには、きちんと反論したり、指摘するのが当たり前です。あなた自身の尊厳を守るためには、周囲の意見に左右されず、あなたが正しいと思う対応をすればよいのです。

反撃前に知っておくと有利。職場でネチネチ嫌味を言う人の心理状態

職場で嫌味を言う人は基本「劣等感だらけ」

https://unsplash.com/

職場でネチネチと嫌味や意地悪をしてくる人って、だいたいどこの職場にもいて、総じて似通ったタイプだったりするものです。

嫌味や意地の悪い行為は、心の中に激しい劣等感を抱いている時に生まれるものです。あなたにチクチクと嫌味攻撃をしてくるその人は、本当は自分の無力さを感じていて、それを認めたくないのです。そのため、自分よりもランクが下、つまり新人などには特につらく当たって、ストレスをぶつけて発散させているようなもの。自分の影響を受けて落ち込んだり、泣いたりする新人を見て、「ほら、見たことか」と、人に影響を与える自分の存在感を満喫しているのです。

職場で嫌味を言う人は、下には偉そうでも上には媚びる

https://www.photo-ac.com/

こういった人は、自分よりも立場が下の人間には徹底的に辛くあたります。自分より優秀だとわかると、余計に上から目線で見下してくるでしょう。まさに劣等感や不満、嫉妬、あらゆるネガティブな感情が渦巻いている状態です。特に新人などは若いというだけで、「常識を知らない」「チャラチャラして」などとネチネチ嫌味攻撃されてしまうこともあるはずです。そういう人にとっては、「自分が相手より年上である」ということを、「自分の方が経験豊かで優秀である」こととすり替えているのです。威張り散らしたち、悪口や嫌がらせをすることも「自分が優秀である」ことと、見事に脳内ですり替えているのでしょう。

逆に、自分より上の上司などには媚びまくり。その落差に驚く人もいることでしょう。こういった人の弱点は「上層部に弱い」こと。とってもわかりやすいですよね。覚えておくと後々反撃に役立つかもしれません。

いずれにしても、相手によって裏表がある醜さを存分に見せてくれる逸材です。ある意味とても「悲惨な人」「カワイソウな人」だと思って反面教師にしておきましょう。

▼ 私の職場の反撃体験談

「大会議室の机の位置がずれてるといって、一人で全部組み直しさせられた。自分は腰が痛いからと、座って私がやるのをスマホ見ながら待ってるだけ。やっと終わってデスクに戻ったら「私が揃えておきました」って上司に颯爽とご報告。その図々しさに呆れましたね。「デスクが一部損傷していましたが、○○さんがスマホでお取り込み中でしたので」とさりげなくチクりつつ、改めて詳しい報告を上司にいたしました!」(24歳・公務員)

職場で嫌味に反撃する前に心得ておきたいこと

https://www.pexels.com/ja

もう我慢できない。今度何か言われたら絶対に反撃したいと思っているなら、まずは相手をよく観察して、反撃に役立ちそうな情報を集めておきましょう。そして、その人の嫌味を冷静に観察しておくことです。

あなたを悩ませているその人の嫌味が、どういった原因で向けられているのか、今一度チェックしておきましょう。

①あなたの明らかなミスにを責める嫌味

誰でもミスはするものです。凡ミス、まぁまぁ大きなミス。あなたが明らかにミスをしたのであれば、多少の嫌味にも反省する点があるでしょう。しかし、それ以降気を付けているにも関わらず、一度したミスを延々と言われ続けるようであれば、我慢の限界を設定しても良いでしょう。

②相手が周囲にアピールしたいだけの嫌味

周囲に「自分が上」というマウンティングをしたいだけの嫌味は大抵不条理なもの。

「ランチで外出するんだったらポストぐらいチェックしてきなさいよ、気が利かないわね!」

「シュレッダーのクズがいっぱいになってるじゃない、掃除ぐらいしたら!」など、

特に気づいた人がやればいい雑務を、鬼の首をとったようにあなたのせいのように言う場合。仕事の優先順位や不要不急の雑務について職場のルールをチェックしておけば、理詰めで反撃することが可能です。

③弱い立場、気弱な人をいじめたいだけの嫌味

人をサンドバッグがわりにしてストレス発散するタイプの悪質な嫌味。従順でいい人ほど、傷ついたり落ち込んだりするため、相手にとっては「いじめがいがある」と狙われることに。そういう人は無視するのが一番ですが、あまりにも舐めたことを言われたり、イライラさせられるなら、思い切ってガツンと切れても構いません。

④病的な嫌味

ブツブツ独り言を言う、怒りっぽく、物を放ったり、暴言を浴びせる等。これはあきらかに病気?という感じの人の八つ当たり的な嫌味は、言い返しても面倒なだけ。メンタルをやられていることもあるでしょう。周囲もわかっていると思いますので、我慢というよりは、触れずに嵐が過ぎるのを待つのが無難かもしれません。仕事に支障が出るのであれば上司に相談して場所変えをしてもらう手も。

職場の嫌味に対しては、我慢の限界ラインを決めておく

https://www.photo-ac.com/

仏の顔は三度までと言いますよね。あなたの顔は何度まででしょうか。自分で決めておくと勇気も湧きます。3回我慢しよう、それでも嫌味を言われたらキレよう。と決めておく。同じ嫌味を言われるなら反撃もゆっくり考えておけるでしょう。

ここまでは我慢しよう、ここまできたら反撃しようという自分なりのルールを決めておくと、つまらない嫌味に無駄なエネルギーを消耗せずに済むかもしれません。

あなたが今どれぐらいキレかかっているのか、怒りを以下の3つのレベルで考えてみてください。

怒りの3つのレベル

①その嫌味に対して「困ったなぁ」「納得いかないなぁ」といったレベルであれば、ストレスは溜まりますが、怒りのレベルはまだ小さいもの。怒って反撃するのはまだ早いかもしれません。

②その嫌味に対して、「ムカつく!」「利用されてる!」と苛だたしい思いが募るなら、怒りのレベルは中程度。休みの日も思い出してイライラするなら、これ以上我慢するのは危険かもしれません。じっくりと反撃計画を立てるにはちょうどいいタイミングです。

③その嫌味に対して「許せない」という気持ちだけでなく、殴りかかりたくなる、怒鳴って掴みかかりたいというレベルであれば、怒りはすでに危険領域です。感情的に爆発させず、相手を黙らせるためにも、できるように冷静さを取り戻して反撃準備をしておきましょう。

職場で売り言葉に買い言葉の喧嘩はしない

https://www.photo-ac.com/

後腐れがないならガツンとキレて反撃したいけど、この後も職場で顔を合わせることを考えると、面倒なことになるのは嫌だなぁと思うのは当然のことですよね。

感情的になって、売り言葉に買い言葉で口喧嘩に発展するのは、周囲から見ればどちらもみっともなく、バカに見えるものです。

ですから、あなたは絶対に感情的にならず、極めて冷静に反撃する必要があるのです。他人に放った言葉は二度と元には戻せません。反撃するなら、それなりの覚悟と迫力が必要です。中途半端に反撃すると舐められますので、反撃するときは徹底的に冷静に相手を黙らせるぐらいキレるのがポイントです。

職場の嫌味への反撃は、いつも温厚な人ほど効果大

https://www.photo-ac.com/

嫌味を言う相手はいつも不機嫌でキレたりして、周囲を嫌な気分にさせていることでしょう。いつもそんな感じだと、キレても「ああ、またか」とうんざりしますが、いつもじっと我慢している静かな人や、普段ニコニコして温厚な人が一旦切れると、そのギャップでかなりの迫力が演出できるはず。

「この子はいくら言っても言い返してこない」と舐められている人ほど、逆ギレ的な反撃をで油断していた相手はひるみます。堪忍袋の緒が切れたら、いつもにこにこ、黙っている人ほどキレたら怖いという事実を、相手に思い知らせてやりましょう。

あなたが冷静に反撃できる人だとわかれば、少なくとも今までのように嫌味や皮肉攻撃を加えることは、少なくなっていくはずです。反撃するときは、下手に加減したりせず、全力で反撃しましょう。相手に攻撃されると、動揺してとっさにうまい返しが浮かばないというときは、あらあじめスケジュールノートの隅にでも、「今度何か言われたらこう返す」という言葉を書き込んでおくといいかもしれません。

大人の態度もときには返上して良いのです。意地の悪い態度や嫌味を投げつけてくる相手に、ガツンと反撃してやりましょう。

職場の嫌味に反撃開始。効果的に相手を黙らせる一言とは?

堪忍袋の尾が切れたら、主張するのが効果的な場合と、黙るのが効果的な場合があるので、うまくつかいわけて反撃しましょう。

職場の嫌味への効果的な反撃法①それどう言う意味ですか?系の返し

https://www.photo-ac.com/

嫌味なこと、皮肉めいたことを言われたら、まずは正論で返すよりも

「それって、どういう意味で言ってるんですか?」

と真顔で冷静に言いましょう。

たいていの人は、あなたの怒りを察して動揺すると思いますが、相手が更に何か言ってくるなら、

「失礼ですよ!」ときっぱりと言い切りましょう。

他には、

「申し訳ありませんが、今忙しいんで後でいいですか」

「今のは大変失礼な言い方ですよね? 嫌な気持ちになったので、今すぐ謝っていただけますか?」

言い返すというよりも、冷静にあなたの怒りや憤りを相手に伝えることが大切です。相手の言い分の理不尽さや、勘違い、間違いなどがあれば、的確にその点を淡々と挙げておきます。後は無視でいいでしょう。

  ▼ 私の職場の反撃体験談

「ムカつくことを言われたら、「それって、どういう意味なんですか?」と真顔で聞く。

このとき、声のトーンを思いっきり低くして、すげー怖い顔するのが大事。冷たく突き放す感じでね。相手がごまかそうとしたら、「ですから、気持ちが悪いので意味を教えてくださいよ」と、周囲の注目を浴びるぐらい大きな声で言うと効果的。バツが悪くなると相手はフェードアウトしますよ。たまにやると効果的なキレ芸です」(30歳・デザイン)

職場の嫌味への効果的な反撃法②おうむ返し

https://www.photo-ac.com/

嫌味を言われたら、話をそれ以上発展させないため、頭の中に嫌な気持ちを蓄積させないために、相手と同じ言葉ををおうむ返しします。

たとえば、

「あなたのやり方はおかしい」と言われたら

「わたしのやり方はおかしいんですね」

「あなたの考え方は間違ってる」と言われたら

「わたしの考え方は間違ってるんですね」

相手が言った言葉を反復して、相手のリズムを崩してやることです。

このとき、相手が自分にしか聞こえないぐらいボソボソと嫌味や不条理な指示をしてくるなら、メモやICレコーダーなどで、相手の言っていることを自分の声でおうむ返ししてはっきりと録音しておくのもいいでしょう。

肯定も否定もしないおうむ返しは、相手を拍子抜けさせて黙らせるか、イライラして「ふざけてるの?」と感情的になるかのどちらかの状態を引き出します。

その後はこんなアクションが効くかもしれません。

▼ 私の職場の反撃体験談

「私の場合は、○○さんがおっしゃっていることは、私だけではなく、他の方も同じようにされていますので、間違っているのであればマズイですね!すぐに上司に確認してみます!」と大慌てでまくし立てて、大ごとにしてやりました。相手がアワワってなるのが面白かったですよ。上司には「業務に著しく支障が出て困っている」と大げさにチクってやりました」(29歳・スーパー勤務)

▼ 私の職場の反撃体験談

「嫌味を言ってくるのは大抵年配の女性。完全無視してる子もいるけど、私はあえておうむ返しして、思いっきりヤバそうな目つきで相手を2、3秒睨んでから無視する方を選びました。「あの子、なんか怖い」と思わせてから、一対一になると相手がソワソワするようになりましたよ。被害もかなり減りました」(32歳・百貨店)

職場の嫌味への効果的な反撃法③記録で威嚇する返し

嫌味や理不尽な説教など、あなたには明らかに不条理な言葉の場合、相手の発言をメモ

しながら聞くのは、相手に「メモを取ってどうするつもりなのだろう」という圧力をかけられます。「メモを取るな」と言われたら、ICレコーダ回しておく方法もあります。

暴言や嫌味が悪質な場合はこうして録音記録しておくと、後々上司や労基に訴えるときにも有力な証拠となるでしょう。そこまでするかは、もちろんあなた次第ですが。

  ▼ 私の職場の反撃体験談

「例えば、相手が言っていることが前と違っていたりしたら、「録音がありますが、聴かれますか?」というと大抵黙ります。「ああ、聞かせてもらおうじゃない」と開き直られたら、人がたくさんいる前で大音量で醜い嫌味を延々チェックしてやるといいですよ。恥です恥。ストップさせたら、今度こういうことを言ったら弁護士事務所に行きますので、とビシっと言う」(30歳・出版)

  ▼ 私の職場の反撃体験談

「メモをとって業務上の報告と連絡、相談を上司にする。あくまで仕事のやり方で悩んでいるので指示をいただきたいという形で。

「私の仕事のやり方が未熟なせいで迷惑をかけ、業務の中断を度々させてしまします。

特に、○○さんには毎日罵られて怒鳴られるなど、不快な気持ちにさせているみたいなので、どうしたらいいかわかりません」。とか適当に。ここで、言われたことを記録していた罵詈雑言メモやICの録音が役立つかもしれません。上司がどういう判断をするか、それも見ものです」(37歳・ホテル勤務)

職場の嫌味への効果的な反撃法④明るい返し

https://www.photo-ac.com/

相手を揺さぶりたいだけの嫌味に反応しないためには、明るい返しが最適です。

たとえば、嫌味を言われたら

「ですよね~。勉強になります。ありがとうございまーす♡」

「なるほど、そういう考えもありますね~、勉強になりまーす♡」

「貴重なアドバイスをありがとうございます♪」

これで終了です。あとは無視で良いでしょう。

それでも嫌味を言ってくるなら、

「〇〇さんて、人の揚げ足取るの得意ですよねー♡」

「〇〇さんて、ずっと嫌味言ってますけど、いつ仕事してるんですか?♡」

「〇〇さん、毎日そんなに悪口や嫌味ばかり言わないでくださいよ、私心がボロボロなんですよ♡」

など、周りや上司に聞こえるよう、わざと大きめの声で言いましょう。

明るいけれど、目は笑ってない。そういう返しができれば合格です。

また、嫌味の途中で、急に何か思いついたように話題を変えて「あんたのことなんてどうでもいい」という表明をするのもいいでしょう。嫌味を最後まで聞かず、相手を放置するのが目的です。

「あ!あれやっとかなきゃ!すいません、席はずしまーす♡」

嫌味の途中で別の人に声をかけるのもいいでしょう。

「あ、そういえばこの前のあれ、うまくいきましたか?♡」 など。いろいろパターンが作れそうですね。

職場の嫌味への効果的な反撃法⑤相手の不意を突く返し

https://www.photo-ac.com/

油断して嫌味を垂れ流す相手に、不意をつく返しを提案する人も。以下の反撃体験談参考にしてみてはいかがでしょうか。

「二人でいるときにネチネチ嫌味を言われたら、「ちょっと言わせてもらっていいですか。口臭がすごいんですけど、ニンニク食べました? 歯槽のう漏ですか?マスクしてても口、臭いますよ」と言ってやる」(27歳・会社員)

「そういう姑息な人間は、周囲に気づかれないように、個人攻撃してきますよね。悪質な奴だと気づいたら、最初は嫌味を言われても言い返さず、下手に出て、相手を持ち上げたり、シュンとした演技をしておくといいでしょう。そして、相手が油断していつもの嫌味を言い始めたら、態度を一変させて、「あなたの嫌がらせさで仕事がと滞って困ってる!どうしてくれるんだ!と大きな声で反撃する。上司が止めに入ったらゴング。証拠としてICレコーダーの録音があれば、相手のいいように言いくるめられずに済みますね」(38歳・食品)

いつもチクチク小言や嫌味を言ってくるお局がいて、大勢の中でコソッと嫌味を言われたときに流石に我慢できず、「○○さん、今、なんて言いました?」と大声で言ってやった。

「今の言葉、みんなの前でもう一度言ってくださいよ、下品だなー、すごいこと言いましたよね」って。みんなざわざわして、何、何と注目を浴びて、すっかりお局しぼんでましたね。

その後は「私に話しかけんなオーラ」を全開にして、相手への威嚇ビリッビリにして防御してましたね。舐められないことです」(36歳・介護)

「何かいってやりたいとき、フランス語で罵るのは素敵。「このマウンティングゴリラ!」をフランス語で言うと、Ce gorille de montage(せごりでもんたーじ)。「バカ丸出し」は、Stupide nu(すちゅーぴどにゅ)と言う風に。発音はグーグル翻訳で本格的な発音を練習すると優雅。もちろん相手は何言われてるかわからなくてポカン顔。本当にStupide nu」(28歳・アパレル)

https://www.photo-ac.com/

「いつもより明らかに違う低い声で「延々と嫌みうるせえな」とすごむ。目に狂気をちらつかせて相手にヤバイ奴を相手にしたと思わせる。相手に圧をかけられても絶対に屈しない態度で、突き放すと相手は黙るよ。これは普段穏やかで、真面目で、嫌なことをじっと我慢するタイプがやるとすっごく効果的です♡」(34歳・広告)

「私のおすすめは逆さ言葉の呪い返しです♡ずっと嫌味言われてる時や、愚痴を聞かされているとき、相槌を打つふりをしながら「逆さ言葉」で話の腰を折りましょう♡悪辣な言葉も逆さにしていうとわからないのでスッキリ。

あまり褒められた方法じゃないかもしれないけど、言ってやった感があるからムカついても水に流しやすいですよ♡詳しく見ていきましょう。

たとえば、

★カバろしにんげかいい。(いいかげんにしろバカ)

★なだずくないていさ(最低なクズだな)

相手は何を言ったのか、聞き返してくるはず。

「えっ?日本語わからないんですか?」とでも言って苦笑いして立ち去るか、縁切りしたいなら、意味を教えてやってもいいのでは♡」(23歳・専門職)

職場での嫌味攻撃に態度で示す反撃法

https://www.photo-ac.com/

言葉で反撃するのが苦手なら、無言で相手を拒絶する態度を身につけてみてはいかがでしょうか。ここからは、態度で見せる反撃法をご紹介します。

さまざまな反撃法を組み合わせると、あなただけの効果的な嫌味反撃方法が編み出せるかも。

職場の嫌味への効果的な反撃法⑥相手を無表情で5秒見つめる

嫌味を言われ始めたら、無表情で相手の顔を5秒ほどじっと見つめる。心の中で「こいつ終わってるなー」と思っていればいいですよ。その後、視線を外して完全に無視。発言そのものがなかったことにして、動揺も反応しないことで相手を焦らせます。

職場の嫌味への効果的な反撃法⑦睨みつける

目で思いっきり相手に圧力をかけましょう。憎しみ、怒り、そういったネガティブなものを目にぎゅっと凝縮して、心の中で「黙っていただけるかしら?」と念じて数秒間睨みつける。

「まぁ、大人気ない方法かもしれないけど、あまりにもひどい嫌味には、たまに狂気じみた目つきで睨みつけると効果があります。大きな溜め息をついてガン見するのも、相手をビビらせることができますよ。ただし決して上品ではないので、何回もやらないこと」(34歳・ディーラー)

職場の嫌味への効果的な反撃法⑧その場から立ち去る

https://www.pexels.com/

一番スマートなのは、黙って席をはずすことです。相手が非常識でもない限り、あなたが不愉快に思っていることに気づくでしょう。特に八つ当たりされたり、大騒ぎが始まったりしたら席を立って一息いれることで、貴重なエネルギーの消耗をしなくてすむでしょう。

「怒りにまかせて思いっきりロッカーや椅子を蹴る、扉をバーンと閉めるなど、「私は怒ってるアピール」って、ついついやってしまいがちですが、おとなげない行為なんですよね。職場の雰囲気全体も凍らせてしまいますし。これをやるなら、嫌味を言う相手と二人の時にしておきましょう♡」(23歳・カスタマー)

職場の嫌味には反撃もいいけど、日頃のストレス解消も大切に。

https://www.pexels.com/

嫌味や意地悪をする人って、心が不幸な人。その不幸にあなたを巻き込みたくて八つ当たりしたり、嫌味意地悪を繰り出してストレス解消しているのです。こういった人に舐められないためにも、我慢しすぎず適度に反撃するのは悪いことではありません。

しかし、最大の反撃は、あなたが幸せであることも忘れないでいてください。毎日嫌味にも屈せず、頑張っている自分自身に「お疲れ様、辛かったね、よくがんばったね」と声をかけてあげましょう。そして、何か美味しいものでも食べて、楽しいことを考えましょう!

あなた自身がストレスを溜めて体を壊したりしないように、気を付けてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました