寂しいとき辛いとき、過去を引きずるとき。失恋後の恋愛を進めるヒント

失恋後、やっと心の傷が癒えてきた頃、寂しくて、一人でいるのが辛い、誰かにそばにいてほしくて次の恋愛を焦りがちになるものです。元カレや過去の心のトラウマを引きずると、新しい恋愛に失敗したり、不本意な恋愛になってしまいがち。次の恋愛で失敗しないために、失恋後の自分との付き合い方と、繊細な時期の恋愛をうまく進めるためのヒントをご紹介します。

公開日:    最終更新日:

失恋を引きずっているときは要注意。寂しいとき、辛いときは恋人選びに失敗しがち

https://pixabay.com/ja/

失恋した後に感じる悲しみや喪失感は、辛いものですよね。特に、元彼にフラれた形での失恋はやたら引きずってしまいがちで、立ち直るまでに時間がかかってしまうものです。心の中は毎日鬱々、未練や絶望感、怒り、憎しみなど、次々に湧き出してくるネガティブな気持ちで苦しくなるものですよね。だけど、心配入りません。どんなに苦しい失恋の傷も、時間が経てば完全にふさがって。また次の出会いと新しい恋愛物語を紡いでいく勇気が出てきます。引きずり続けた失恋の痛みも、やがては必ず消えて行くのです。

しかし、まだ失恋の傷を引きずったままで、次の恋を探して失敗する女性も多いものです。「一刻も早く心の穴を埋めたい」「元彼より先に幸せになって見せつけてやりたい」という気持ちで次の恋愛を急いでしまうと、妥協したり、遊びの恋を繰り返したりという不本意な恋愛に突入して余計に混乱してしまう結果に。早く新しい恋を見つけたいと焦るほど、結果として不本意な相手を引き寄せてしまいます。元カレを引きずったままの恋愛は、あなたにとって地雷かもしれませんよ。

失恋を引きずるセックスの失敗。辛いとき、寂しいとき女性が陥りがちな失敗とは?

https://pixabay.com/ja/

人恋しくて、焦って恋人探しをしてしまう気持ちは、失恋した経験がある人なら誰でも思い当たるのではないでしょうか。失恋が辛いとき、その寂しさから逃げるために、いわゆる「見せかけの恋愛」「偽物の恋愛」に傾いてしまうことだってあるものです。よくある代表的な失敗は次のようなもの。

失恋が辛いとき、寂しいとき、引きずるときの失敗①ワンナイトラブを重ねてしまう

https://pixabay.com/ja/

人恋しい、誰かの温もりが欲しいというだけの理由で、出会ったばかりの男性とワンナイトラブ。その一瞬は気が紛れても、終わった後には虚しさしか残りません。

失恋でヤケになって「真剣に付き合ってもどうせ別れが来るんだから、いっそ体の関係だけでいいや」とセックスを軽く受け流したり、「男性なんかセフレで十分!」などと強がったりすることも肉食系の女性にはあるある、かもしれません。寂しさゆえに、男友達に失恋相談をしているうちに、そのまま寝てしまうなんてことも。しかし、いずれにしてもそれはあなたのセックスを消耗しただけ。恋愛とはまったく無関係です。

▼辛いとき、寂しいとき、引きずる失恋の体験談

「元彼と別れた後、しばらく自暴自棄になってワンナイトラブを繰り返した時期がある。でも、誰一人ろくな男には当たらなかった。鬱々とした暗い気持ちを発散するために、ポエムにしてSNSに載せちゃってました。超黒歴史」(30歳・美容師)

失恋が辛いとき、寂しいとき、引きずるときの失敗②好きでもない男とつきあってしまう

https://pixabay.com/ja/

失恋後の恋愛は、寂しさから誰かに優しくされたいという気持ちに負けて、特に好きでもない男性から誘われて付き合い始めたりすることもあるでしょう。しかし、相手が自分に夢中になればなるほど、あなたの気持ちはテンションが落ちていくばかり。新しい相手があなたに夢中になればなるだけ、無意識に「やっぱり元彼の方が良かった」と思ってしまうため、目の前の相手を受け入れられず、あっという間に別れることに。

▼辛いとき、寂しいとき、引きずる失恋の体験談

「失恋後、まったくタイプじゃない男と付き合ったことがある。映画好きで、いろいろ熱く語ってたけど趣味がまったく違っててつまらなかったな。料理好きらしく、お手製のスープを作ってくれたけど美味しくなかった。セックスもしたと思うんだけど、今となっては全く印象に残ってない。一週間持たなかった付き合い。魔が差したとしか言いようがありません。自分のことなのに、あれはいったい何だったんだろう?って思います」(28歳・銀行勤務)

失恋が辛いとき、寂しいとき、引きずるときの失敗③既婚者とつきあってしまう

https://pixabay.com/ja/

失恋の相談を親身になって聞いてくれる上に、包容力もありなんとなく男として頼もしく見えてしまうのが既婚者。しかし、不倫に発展するとスキャンダルになる上に、相手の配偶者にバレれば裁判沙汰にもなりかねません。既婚者との恋愛は、どんなに素敵でも不実で偽りのもの。あなたの自尊心を汚さないためにも、そっと手放すことです。

▼辛いとき、寂しいとき、引きずる失恋の体験談

「失恋後に声をかけてきてくれた上司と飲みに行って、そのままワンナイトラブ。その後も食事に行ったり、ドライブに行ったりしておつきあいが半年ぐらい続きました。不倫は嫌だなと思いながら、気がついたら私も本気になりかけていて・・・。夏休みに奥さんの実家に帰るとか、奥さんが妊娠してること、子供の話とか聞くとどんどんんつらくなって、心が病む前に別れました」(25歳・派遣社員)

失恋が辛いとき、寂しいとき、引きずるとき 失恋後の恋愛に失敗するのはどうして?

https://pixabay.com/ja/

失恋後は、立ち直るために早く次の恋人を見つけたいと焦るものですよね。SNSのデート報告や街を歩く仲の良さそうなカップル、映画もドラマも、何を見てもみんな幸せそうに見えてきます。クリスマスやバレンタインデーなどは、特に寂しさが募りますよね。楽しかった元彼とのデートや素敵な思い出が浮かび、失恋をいつまでも引きずる自分に嫌気がさして、何もかも変えたい!と思うことがあるはずです。しかし、いざ恋愛アクションを起こそうとすると、まだやっぱり心が元彼に引きずられていることに気づいて、再び辛くなることもあるのではないでしょうか。

ワンナイトラブや、好きでもない人や既婚者とのつきあいをしてしまうとき、誰かと親密な時間を過ごすことで癒された気分になったり、女性としての魅力を再認識できるかもしれません。しかし、それ以上のつながりを相手に感じることは多分ないでしょう。それどころか、言いようのない虚しさや自己嫌悪がこみあげてくることもあるはず。恋愛を急ぐあまり、せっかく癒えてきた心の傷が再びパックリと開いた状態に陥ってしまうのです。

 ▼辛いとき、寂しいとき、引きずる失恋の体験談

「元彼に彼女ができたって聞いてから、相手より早く幸せになって見せつけてやりたいって気持ちだけで恋人探しをしたことがある。ここだけの話、マッチングアプリも使ったぐらいガツガツしたのに全部失敗しました。弱ってるときや興奮しているときって全部空回りして消耗するだけ。一人の時間を楽しめるようになって、やっと「誰かを好きになる」感覚を思い出しました」(27歳・メーカー)

失恋が辛いとき、寂しいとき、引きずるとき、傷ついたままの恋愛はいいことゼロ

関連記事