スポンサーリンク

スポンサーリンク
https://pixabay.com/ja/

元彼と別れてからしばらく経つと失恋からの回復期がやってきます。気持ち的には次の恋愛への意欲も湧いてくるでしょう。しかし、気持ちとは裏腹に、傷ついた心は繊細で、まだまだ回復に時間がかかることがあるものです。

心が傷ついている間は、たとえどんなに素敵な男性と出会っても、あなたはその男性に心を開くことができません。そのため、お互いの絆を縮めるために、セックスなどの親密な行為に走りがちになるでしょう。その方が相手と手っ取り早くわかりあえるように思えてしまうからです。

しかし、それは「絆を深める」ものではなく、心を元彼の元に置き去りにしたままの、単なる時間つぶしのセックスでしかないと気がつくはず。セックスが終わると、あなたは目の前の相手と元彼を比べています。そして、何か足らない、この人じゃないとすぐに思い始めて、あっという間に別れることになってしまうのです。

https://pixabay.com/ja/

失恋後に人恋しくて魔が差すことは、多かれ少なかれ「失恋あるある」の代表格です。こういった状況だけは避けたいと思っていた事態を、自ら引き寄せてしまうのです。

好きでもない男と寝てしまった後、交際に「YES」と言ってしまった後の「私、どうしてこの人と付き合おうとしてるんだろう?」「私何やってるの!?」というアンビリーバブルな心理状態は、まさに恋愛の暗黒世界といってもよいのでは。こういった経験から、あなたの心は好きでもない男に満たされることはないのだと、心に固く刻みましょう。傷ついたままのあなたが恋愛を焦ると、次々に罪のない男性を傷つけることにもなりかねません。

失恋後の恋愛が失敗するのは、まだあなたの心の傷が完全に癒えていないからなのです。

失恋後の辛いとき、寂しいとき、元彼を引きずるときの対処法

https://pixabay.com/

失恋の回復期、まだ心の底に残る傷をうまくクリアするためには、うまく感情をコントロールする必要があるでしょう。

もう大丈夫と思っていても、悲しみや憎しみ、恐れ、苦しみが溢れてきたり、寂しいとき、辛いときこそ弱い自分ともう少しだけ戦いましょう。今がいちばん大事な時。失恋後の辛いとき、寂しいとき、元彼を引きずるときの対処法をご紹介します。

①辛いとき、寂しいとき、元彼を引きずるときは、感情を押さえ込まない

https://pixabay.com/

「喜怒哀楽」という感情を素直に表に出せていますか。失恋の痛みがまだ心に残っているなら、これらの4つの感情の中で極端に抑え込んでいるものが必ずあるはずです。

特に、怒りや寂しさ、恐れ、悲しさなど、ネガティブな感情を表に出すのを「子供じゃあるまいし、恥ずかしい」「たかが失恋ぐらいで大人気ない」という理由でスルーしてしまうことはよくあるものです。だけど、そういったネガティブな感情は、ぼんやり感じているだけで逃げていると、喜びや楽しみという前向きな気持ちが入り込めなくなってしまいます。失恋の傷がしつこく残るのは、心に溜まった悲しさや、自分への哀れみが消えていないから。本来のあなたの愛、喜び、感謝や安らぎという感情が戻ってこないと、いつまでたっても心の傷は完全に回復できないのです。

https://pixabay.com/ja/

ですから、誰も見ていないところで、喜怒哀楽を思い切り感じ切りましょう。泣きたいだけ泣いて、何だあいつ!と怒り、コメディでもお笑い番組でも構わないからどんどん笑って、自分の人生を楽しむこと。子供のように素直になって、喜怒哀楽を味わうことです。自分が何を望んでいて、何を恐れていて、何に怒っているのか。自分の心をひっくり返して本音を突き止めましょう。後悔や自己嫌悪、劣等感、見たくもない自分のネガティブな思いが溢れ出してくるかもしれませんが、全部、受け止めていきましょう。

元彼にフラれて自暴自棄になったとしても、ワンナイトラブを公開しているとしても、すべてあなたの立ち直りのためには必要だったと思えばいいのです。それが失恋から完璧に回復する前の、最も大事なプロセスとなるでしょう。失恋から今までしてきた数々の失敗を乗り越えて、あなたは今よりずっと素敵な女性に変身しようとしているのです。

②辛いとき、寂しいとき、元彼を引きずるときは、慌てて次の恋を探さなくていい

https://pixabay.com/ja/

失恋後は他のカップルの仲睦まじい様子がやたら目に入って落ち込むものです。もう平気だと強がってみても、結局は無理をしている自分に気づくことばかりです。失恋から完全に回復しないうちに、寂しさや焦りから衝動的に恋愛を進めても、つきあう人とはほぼ上手くいかないものです。それどころか、不誠実で何かと問題のある男を引き当ててしまい、更なるトラブルで心が混乱することも。

失恋の痛手から、もうまじめな恋愛はこりごりだと、本当の愛情を拒絶して避けてしまうこともあるでしょう。しかし、あなたが冷静さを取り戻し、相手のことを大事にしようという気持ちが生まれれば状況は良い方向に変化し始めます。慌てて次の恋を探すのではなく、まずは友達としておつきあいを重ね、お互いをよく理解することが心の傷を癒してくれるのです。そうすることで喪失感を徐々に手放していきましょう。

スポンサーリンク