スポンサーリンク

スポンサーリンク

▼辛いとき、寂しいとき、引きずる失恋の体験談

「失恋後いちばんキツかったのは、元彼と共通の友達の結婚式。お祝いしたい気持ちと裏腹に、ずっと心に刺さる感じがして辛かった。元気だった?彼氏できた?と聞かれて泣きそうになったわ。彼は新しい彼女ができて幸せなんだと友達が言っていて、それもまた刺さったものでした。3年後の今は、私ももうすぐ幸せな結婚を控えています。元彼のことは今ではすっかり忘れてしまいました。これだけは言えます。どんなにキツくても失恋は必ず克服できますよ」(28歳・トリマー)

③辛いとき、寂しいとき、元彼を引きずるときは、自分をうまくコントロールしよう

https://pixabay.com/ja/

辛い失恋後に何度となく心が混乱するのはよくあることです。やっと心が回復して来たと思っても、やっぱり同じように混乱を繰り返す。このままじゃいつまでたっても立ち直れないんじゃないかと不安になることでしょう。しかし失恋とは、そうやって何度も寄せる波のように満ち引きを繰り返しながら回復していくものなのです。自分の心がなぜ焦っているのか、何を求めているのか、自分にとって何をすれば落ち着くのかを考えて、安全な場所で混乱が落ち着くのを待ちましょう。

失恋後は、あまりにもあれこえと考えすぎると、活力が失われて何もやる気がしなくなってしまいがちです。考えすぎてどうすればいいかわからなくなる、自分を追い詰めすぎて行き詰まるのです。

逆に失恋後に感情を優先しすぎると判断を誤って、衝動的な決断をしがちです。不安定な自分を上手にコントロールするためには、思考と感情のバランスをとって、自分をケアしながら進みましょう。

特に手痛くフラれた失恋を経験すると、次に出会う相手を素直に信じるのが難しくなってしまうものです。せっかく誠実にあなたに向き合おうとする人に、不安や疑いの目を向けて自己防衛してしまうことも少なくありません。失恋を引きずることなく新しい恋に移行するためにも、しばらくは自分の中の欠乏感と向き合い、自分が本当に求めている恋人像を心の中で明確にしておきましょう。

 ▼辛いとき、寂しいとき、引きずる失恋の体験談

「失恋後はしばらく無理に出かけない。早く恋人作らなきゃと焦るのは大抵、クリスマスやバレンタインだけど、そんなの無視していいんだよ。幸せそうな人を見るのも辛い時期があるよね。失恋後に音楽に没頭していたけど、その曲を聞くと今でも失恋後の辛い気持ちを思い出す。過ぎ去った昔を思い出させるようなものは封印するのがいちばんですよ」(30歳・編集)

④辛いとき、寂しいとき、元彼を引きずるときは、元彼のSNSと決別しよう

https://www.pexels.com/

無意識にあなたがやっていることが、失恋を引きずる元凶だったりすることがあります。たとえば、元カレが今どうしているのか、SNSやネット検索で当然のようにチェックしているなんてことはありませんか。いつ電話がかかってきてもいいように、電話番号もLINEもそのまま放置してあるなんてことはありませんか。

元彼のSNSをチェックするのが癖になっているなら要注意。男のSNSは彼女に見られてること前提で書き込む事が多いもの。あれこれ詮索して、余計に心をえぐられてしまいます。新しい彼女のことが気になって、執着して検索したくなることだってあるでしょう。元カレや今カノの近況をチェックして、それを自分と比べたりすることなど何の意味もありません。それをする限り、あなたの心の傷は回復するどころか、傷を自分で広げているようなもの。元彼の電話やSNSに、何かを期待して飛びつくような状態では目も当てられません。

心機一転、新しい恋を始めたいと思っているのなら、元彼の情報をあなたの人生からきっぱりとシャットアウトして、それ以上過去に振り回されないことです。情報をブロックして過去とは決別しましょう。

⑤辛いとき、寂しいとき、元彼を引きずるときは、自分自身を受け入れよう

https://pixabay.com/

あちこちで言われる「自分自身を愛する」と言われる言葉。抽象的でわからない、と思う人も多いでしょう。自分を愛せるようになるためには、自分の長所や短所も含めて全部受け入れ、「私は大丈夫、私はありのままでOK」と自分に言えるようになることです。失恋直後は多分、自己嫌悪に陥ると思います。「元彼にフラれた私なんか大嫌い」「もっと美人に生まれていれば良かった」なんてことも思ってしまうはず。きっとそんな風に思っているときのあなたはちっとも幸せじゃないですよね。そしてちっとも輝いていないのです。

人生は恋愛がすべてではありません。女性は恋愛するときれいになるというのは本当ですが、生活を全て恋愛になげうってしまう恋愛至上主義になると、同じ失敗を繰り返すことにもなりかねません。人生の主役はあなたです。あなたが幸せになるためにできることは恋愛以外にもたくさんあるはずです。

まずは、あなたの輝きを奪うネガティブな感情を心から追い出し、自分をチクチク痛めつける自己批判や自己嫌悪をやめましょう。

自分の過ちも「あのときは仕方なかった」と受け止めて、丸ごと肯定できるようになれば心の痛みは和らいで行きます。そうしてあなたの承認をもらったことで、今まで光が当たらなかった辛い出来事にも新しい風が入り、心の傷を回復させてくれるのです。

心の傷が回復すれば、本来の自信もどんどん湧いてきます。あなたがもう一度輝く時期がやってくるのです。

https://pixabay.com/

▼辛いとき、寂しいとき、引きずる失恋の体験談

「フラれた後しばらくは、誰かを好きになることはないんじゃないかと思ってた。前みたいに大恋愛したいとは思っても、疲れてしまった。泣けるなら、思いっきり泣くとすっきりする。涙が枯れるほど泣いた後は、力が湧いてくるようになる」(33歳・ライター)

▼辛いとき、寂しいとき、引きずる失恋の体験談

「元彼を見返してやるために、ダイエットとかして自分をバリバリ磨く。髪型も変えてイメチェンして、気分的にもスッゴイすっきりした。きれいになれば自信も回復する。新しい出会いがある。スマホを変えて、元彼のアドレスや二人の写真も消去した。これで確実に吹っ切れるよ」(22歳・大学生)

寂しいとき、辛いとき、過去を引きずるのはもう卒業。失恋後の恋を成功させるには?

心の傷が完全に回復したら、新しい恋を成功させるための最終確認をしておきましょう。

①寂しいとき、辛いとき、引きずる過去から卒業するには「男を見る目を養おう」

https://pixabay.com/

心の傷が完全回復すれば、元彼の幻影に惑わされて好きでもない男を引き寄せる、なんてことはもうないはず。しかし、今後同じ間違いをしないように、あなたの中で理想の男性像をしっかり作っておきましょう。

誠実で、清潔感があり、他人に心遣いができる人。自分より背が高い人、共通の趣味がある人、心が広い人など、思いつくままに理想の男性の特徴を書き出していくと自分の好みが把握できるはず。

男性選びに「これが正しい」なんてものはどこにもありません。

何より一番大切にしたいのは、あなたが彼と一緒にいて、安心できるかどうかです。

中には女性の扱いに慣れていて、とんでもなくロマンチックな気分にさせてくれる男性もいます。しかし、あなたがその恋に本気になりそうなら、焦らずにもう少し様子を見るようにしましょう。

一週間、一ヶ月と期限を設定して、その男性があなたにどれだけ本気か見極めてみるのも良いでしょう。あなたに本気の男性であれば、あなたにもっと頻繁に会いたがり、電話やめSNSなどで声をかけてくるはずです。また、自分の家族や友人にあなたを恋人として紹介してくれたり、週末や休暇をあなたと一緒に過ごしたいと言うでしょう。しかし、そういうそぶりもなく、あなたが連絡しなければぷっつりと途切れてしまうご縁であれば、潔く諦めて次の恋を探した方が良いかもしれません。「また期待はずれだった!」と嘆くのではなく、前を向きましょう。運命の人との出会いはほんの数メートル先にあるのかもしれないのですから。見込みのない恋愛で一瞬たりとも無駄にしないで。あなたはタフで美しいのです。自信をもって「人生は短い、さあ先に行こう!」と自分に言い聞かせてあげましょう。

https://pixabay.com/

▼辛いとき、寂しいとき、引きずる失恋の体験談

「理想の男性のリストを書いてみました。私の恋はいつも一目惚れから始まったり、相手に告られて始まることが多かったせいか、リストに適合する男はいなくて驚いた。自分の好みを無視してるから、そりゃあうまくいかないわけだなと納得。想定外のトラブルで振り回されたことも多かったなぁ。反省」(25歳・会社員)

スポンサーリンク