新型コロナ禍のラオスの人々の暮らしを国境封鎖が続くラオスからお届けします!

コロナ不況でラオスの経済は冷え込んでいます。こうした中、ラオスの人々がどのようにコロナ禍を乗り切ろうとしているか、ご近所や知り合いの様子を紹介したいと思います。

公開日:    最終更新日:

新型コロナ禍のラオスの状況

筆者撮影

2019年10月に夫の故郷であるラオスに移住しました。それから半年と経たないうちに、コロナでラオスは国境を封鎖し、未だ一般人の出入国は許されない状態が続いています。

2020年8月27日現在に至るまでラオスでは、新型コロナウイルス感染による死者は出ていません。感染者数は合計22人でそのうち20人はすでに完治し、現在2人の感染者が首都ビエンチャンでコロナ患者受け入れ病院に指定されたミタパープ病院に入院しています。

コロナ感染で多くの人が命を落とした中国と国境を接していながら、ラオスはなぜ感染拡大をここまで抑え込むことができたのでしょうか。それは、医療事情の悪いラオスでコロナ感染が拡大したら、本当に恐ろしいことになる!という空気が国全体に行き渡り、政府も国民も拡大防止のために本気で取り組んだからだと思われます。

https://pixabay.com/ja/

ラオスは海の無い内陸国で、日本の本州とほぼ同じ広さの国土に約730万人が暮らしています。1人当たりの国内総生産(GDP)は約2500ドルで、日本の15分の1ほどです。医療水準は低く、首都ビエンチャンでもコロナ治療に必要な集中治療室(ICU)や人工呼吸器といった設備が整う医療機関は3ヶ所のみです。ましてや首都ビエンチャン以外の都市には総合病院と呼べるような医療施設が見当たりません。感染が広がった場合、どういった事態になるかは火を見るよりも明らかです。

ラオスでは2020年3月下旬に新型コロナウイルスの初の感染者が確認されました。その後、タイ、中国、ベトナムなど隣国との国境が閉鎖され、現在まで空路・陸路共に国境封鎖が継続し、一般人の出入国は原則不可能となったままです。ラオス政府が入国を認めるのは、緊急の用務がある専門家、投資家、実業家、技術者及び労働者や外交官,国際機関職員のみです。

https://pixabay.com/

ラオス政府は3月末から5月半ばまで外出禁止令を発令し、工場操業休止、全ての学校休校、飲食店や娯楽施設の営業休止といった非常に強いロックダウンを導入しました。

毎年4月中旬に行われる水かけ祭りですが、今年は関連のイベントも、お寺のお参りも、集会も全て禁止されました。例年、水かけ祭りの期間中、人々は自宅に置いてある仏像や、ペンダントにして携帯する仏像を、近所の寺院に持って行って水をかけて清めます。今年はそれぞれ自宅でお清め儀礼をしたため、例年、参拝客でごったがえすタットルアン寺院も静まり返かえっていました。

外出禁止令が敷かれた期間中、政府は正しい情報や指導を、お年寄りや子供を含む国民全体に伝えるためにありとあらゆる手段を駆使しました。テレビ、保健省ホームページ、フェイスブックといった近代的なツールはもちろん、村のスピーカーシステムを使った村長の情報発信なども毎日欠かさず行いました。また、国民から信望の暑い僧侶と情報共有会議を開き、僧侶から市民に正しい情報が伝わるように努力しました。

https://pixabay.com/

こうした措置が功を奏し、ラオス国内での感染者は22人と世界的にも類を見ないほどの少ないレベルに抑えられています。

国が一丸となって感染の危機を回避しているラオスですが、コロナがラオス経済に与えた打撃は深刻です。世界的な景気後退の影響で、観光、貿易、投資の減少、移民労働者からの送金減額など、ラオス経済は大きな打撃をこうむっています。タイなどから10万人以上の出稼ぎ労働者がラオスに戻り、失業者が急増しています。

世界銀行やアジア開発銀行の予測ではラオスの2020年のGDP成長率はマイナス1~2%に落ち込むとされ、1990年以降最も低い成長率となりそうです。

今、ラオスはコロナ不況による貧困、貧困による治安の悪化という問題に直面しています。ここ数週間でバイクの盗難が急増し、街のそこここで警察によるバイクの登録番号の点検が行われています。

夜間の強盗が増え、我が家でもテラスに置いてあったプロパンガスのボンベが盗まれました。夫の友人宅では中庭に置いてあったガーデンテーブルセット、農具・工具を全て持って行かれたという人もいます。

JETRO
感染症対策に成功も、財政・債務への打撃が深刻 ラオスでの新型コロナ禍(前編)

https://www.jetro.go.jp/biz/areareports/2020/ed309899e8c49217.html

The Asahi Shinbun GLOBE
中国と地続き、小さな内陸国の挑戦 コロナ対策にWHOと二人三脚

https://globe.asahi.com/article/13626788

【新型コロナ禍のラオスの人々】①海外からの仕送りが途絶えたノイさん(45歳、女性)

筆者撮影

産業の少ないラオスでは働く場所が簡単にはみつからず、タイやフランス、オーストラリア、アメリカなどに移民した人、あるいは出稼ぎで働く人からの仕送りが、多くの国民の生活を支えています。

しかし、コロナの影響でタイから10万人を超えるラオス人失業者が帰国、ラオスの失業率は従来の2%程度から一気に25%に増加しています。

夫の実家は首都ビエンチャンの東の外れ、タットルアン村にあります。ノイさんはタットルアン村の住民で、二人の娘さんは5年前タイに出稼ぎに行きました。二人はタイの首都バンコクから南に約200キロ行った所に位置するパタヤビーチのタイ式マッサージ店で働き、数ヶ月に1度、5万バーツ(約1600ドル)、10万バーツ(3200ドル)とノイさんに仕送りしていました。

しかし、コロナの影響でパタヤの観光客は激減し、ノイさんの二人の娘さんも失業してタットルアン村に戻ってきました。

ノイさんは5年前に夫をバイク事故で亡くし、現金収入がなくなったことが二人の娘をタイに出稼ぎに出すきっかけとなりました。その後は70歳になる実母と中学2年生になる長男、そしてビエンチャン郊外のアン村の親戚の娘さんと4人で暮らしていました。

親戚の娘さんはビエンチャンの専門学校で英語を勉強しています。ラオスでは、首都の親戚を頼って農村部から勉強や出稼ぎにくる若者の話はたくさん聞きます。ノイさんの家族は二人の娘さんの仕送りを頼りに暮らしていました。その他に、家で飼う鶏30羽が生む卵を売って得られる収入が多いときで月に30ドル程度です。こんな経済状況で、よく親戚の娘をあずかったものだと不思議に思うのですが、ラオスでは親戚同士助け合うのが当たり前で、頼まれたら普通に受け入れるようです。

居候するお嬢さんも自分の立場はわきまえたもので、家のことをあれこれと手伝い、住み込みの家政婦さんとまではいかなくても、それに近い働きをします。

コロナでノイさんの娘さん二人が失業してタットルアン村に戻ってからは、居候の娘さんの両親がコメや野菜、時には山で捕れた黒豚の肉やメコンで捕れた魚などを届けてくれるようになりました。4月~5月と現金収入が途絶え、家族も増えたノイさん一家にとって、親戚からの食料支援は大きな助けになったようです。

5月20日、ラオスでは外出禁止令や首都ビエンチャンの封鎖が解け、国内の移動は自由になりました。その後、ノイさんの二人の娘さんは自宅の一角を利用して、タイマッサージ店をオープンしました。親戚のお嬢さんも一緒に手伝ってくれています。

タイ式マッサージは1時間6万キップ(約6ドル)が相場で、毎日3~4人は客さんが来るので、日に20ドル程度の収入にはなります。家族でぎりぎり食べていける程度の収入は確保できたようです。収入は減って生活は苦しくなったとしても、二人の娘さんが戻り、賑やかに暮らすノイさんは幸せそうです。

【新型コロナ禍のラオスの人々】②観光客向けレストラン従業員ポンさん(23歳、男性)

筆者撮影

産業の少ないラオスでは、旅行収入のGDPに占める割合は10%に達します。しかし、コロナの影響で2月初旬から観光ツアーが途絶え、3月になるとホテルのキャンセル率が86%に達しました。観光会社では従業員に他の収入を探すように指示し、営業休止状態が続いています。

ビエンチャン市中心部で観光客をターゲットに営業するレストラン「クランキー」は、洋食が恋しくなると利用するリーゾナブルなお店です。そこで働くポンさんの収入は、以前に比べて3分の1ほどに減ってしまったと言います。

でも、ポンさんは収入が減ったことよりも、仕事を続けられている現状に満足していると、笑顔で働いています。

クランキーのオーナーはラオス中部のサバナケット県の出身です。市中心部に店を構えるレストランのオーナーは、外国人あるいは外国留学帰りのラオス人が多く、こうしたお店では、店員をバッサリと半数以下に減らしているところがほとんどです。

ポンさんのお店でも、4月~5月はほとんど客が入らず、8人もいる店員の半数は削減しないと経営が難しい状態でした。

この時、オーナーはラオス人向けのメニューを増やし、価格帯を下げるという工夫で、地元の客を呼び込むことに成功しました。

また、店員たちも、給与を1/3に減らすことと引換に従業員全員の継続雇用をオーナーに掛け合いました。

競争して勝ち組と負け組に分かれるのではなく、ある物を皆で分け合い、皆で少しずつ我慢する道を選ぶのが、ラオススタイルのようです。

【新型コロナ禍のラオスの人々】③中国ラオス合弁会社社長ケオさん(48歳、男性)

関連記事