痛いママ扱いされてない?本当にあったSNSのドン引き投稿!

スポンサーリンク

ママ友ってSNSでもマウンティングするの?!

女子が集まると、ろくなことはない…そんな風に感じる方は多いのではないでしょうか?

学生だろうが、社会人だろうが、ママ友だろうが、事実、世代に関係なく仁義なき戦い女のマウンティングバトルは、どこにでも起こりうるもの。特に対面しないコミュニケーション・SNSの普及により、一層陰湿な内容も増えているのかもしれません。面と向かっては言わないことも、SNSでは言えてしまう環境ですもんね。

子供のためにママ友とのつながりも大切なこと。子育ての相談はもちろん、生活リズムが似ている同士ということもあり、SNSでつながったりする機会もありますよね。

しかし言うまでもなくそのSNS上で、ママ友同士のマウンティングはなくなることはありません。夫の職種・収入自慢、リア充アピール、上からの育児発言などなど、バレない程度に優越感を感じるための発信をしている方も多いものです。

本当にあったSNSでのママ友のドン引き投稿

https://www.photo-ac.com/

マウンティングの意味でSNS投稿をしている人ももちろんいますが、一番危険なのはマウンティングの意図もなく天然でやらかしている場合!

これではママ友たちに痛いママ扱いされるのも無理はありませんし、陰でドン引きされてしまっているなんてこともありえます。ここではママ友がこの人と深くかかわるのはやめておこうとすら思ってしまう、ドン引き投稿を一挙にご紹介します。

本当にあったSNSでのママ友のドン引き投稿①子供がハイブランド

子供の服が大人向けのハイブランド一色!正直、無理しているのがバレバレなほど、ブランド物を装った子供の写真ばかりアップしているなんて、ママ友からドン引きされて当たり前!

ひけらかすように、子供をブランドづくめにしてしまうのはいかがなものでしょう。我が子が可愛いのはもちろんわかります。おしゃれをさせたいのもわかるのですが、そんな内容ばかりSNSに投稿していては、ママ友から毛嫌いされるのは目に見えていますね。

本当にあったSNSでのママ友のドン引き投稿②子供の奇抜な髪型・ヘアカラー

https://pixabay.com/ja/

子供の髪を染めたり、パーマをあてたり、奇抜なツーブロックにしてみたり、ロン毛にしてみたり…。

どう見ても子供が望んでいないにもかかわらず、親のエゴで大人向けの髪型をさせてSNSに自慢気に投稿しているママ。さすがに周りのママ友から引かれています。

皮膚の弱い子供には不向きでんですよね。そんなことも気に留めず、親のやりたい放題というのはあまり近寄らないようにしておこうと思われるのは必至。

本当にあったSNSでのママ友のドン引き投稿③子供そっちのけ

子供についてのSNS投稿よりも嫌悪感を抱かれるのが、子供そっちのけで遊びに行っている投稿。

もちろん、ママだって自由な時間は必要ですし、リフレッシュも必要です。しかし、出歩いて楽しんでいる投稿、特に夜の外出や高級店、贅沢な時間の過ごし方などの投稿は❝子供そっちのけで、なにやってんのこの人!❞とママ友から反感を買うこともあります。

中にはホストクラブでを堪能する姿を投稿をしている方も…。

本当にあったSNSでのママ友のドン引き投稿④不健康な食事

https://www.pexels.com/ja-jp/

外食の投稿がいつもジャンクフード…いつもケミカルなお菓子…いつも炭酸飲料…そんな子供の健康を配慮していないことが丸わかりのSNS発信は、痛いママとしてママ友から引かれてしまうケースがあるものです。

意識が高すぎるママもめんどくさいと思われる危険はありますが、小さい時から子供の健康を考えない食生活であることをオープンにしているのは、さすがにレベルの低いママと扱われ、見下されていることもありますよ。

本当にあったSNSでのママ友のドン引き投稿⑤子供より私を見て♡

子供に関する投稿に見せかけて、自分に注目して欲しいのが見え見え。見ていてウザイ!と思っている方は多いんです。『子供よりもあんたの自撮り顔が痛い』『子供そっちのけの加工が怖い!』なんて、陰でママ友からドン引きされていることは多々ありますよ!

私可愛いでしょアピール、私イケてるでしょアピールが多いママは、見たくない投稿として知らぬ間に、非表示にされているかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました